Z会から新ジャンルの知育教材「カードとえほん」シリーズが発刊

Z会から新ジャンルの知育教材「カードとえほん」シリーズが発刊

みつけて、さがして、かんがえる!カード遊びの楽しさと、絵本の世界の豊かさが合体した今までにない教材

「Z会ソリューションズ」から、「Z会 グレードアップカードとえほん」シリーズ3点が発刊。

カード遊びの楽しさと、絵本の世界の豊かさが合体した新しい教材で、遊びながら知識が広がり、言葉が増え、文字に親しむことができる。

一見、通常のドリルのように見える冊子には、ミシン目入りの切り取り式のカードと、見て読んで楽しめる、上質な絵本が綴じこまれており、切り離したカードを入れる組み立て式カードケースも印刷されているなど、工夫された仕様となっている。

今回発刊のシリーズでは、子どもが大好きな、探したり、見つけたりする活動に着目し、「さがす」をテーマとして、遊びを拡げていくことが可能。

「さがす」という経験そのものが、子どもにとっての学びであり、同じところ、似ているところ、違うところに気づく経験を通して、物事を多面的・立体的に認識することができるようになる。

「カードとえほん」は、この「さがす」を通した楽しい活動により、豊かな学びを体験できるものとなっている。
Z会グレードアップ カードとえほん いきものさがし/のりものさがし/カタカナさがし すべて1,320円(税込)
Z会グレードアップ カードとえほん いきものさがし/のりものさがし/カタカナさがし すべて1,320円(税込)
動物、魚、鳥、昆虫などさまざま生き物に出会うことができる「いきものさがし」は、生き物さがしを楽しむ絵本と、60枚の生き物カードのセット。

カードを組み合わせたり、並べたり、手を動かして遊びながら試行錯誤することで、 認識力・思考力を高める。
Z会 グレードアップカードとえほん
バスや車といった身近な乗り物だけでなく、人力車や潜水艇、宇宙船といった珍しい乗り物も登場し、子どもたちの世界を広げる「のりものさがし」は、乗り物さがしを楽しむ絵本と、60枚の乗り物カードのセット。

絵本から飛び出してきたようなカードで遊ぶことが、絵本の読みをさらに豊かにし、絵本の読みがカード遊びをさらに楽しくする、まさに豊かな学びを生み出す教材となっている。
Z会 グレードアップカードとえほん
「カタカナさがし」は、楽しいストーリーに沿ってカタカナさがしを楽しむ絵本と、81枚のカタカナカードのセット。

物語の世界を疑似体験しながらカタカナに出会い、出会いの中で文字が自然に身につく工夫がされている。
Z会 グレードアップカードとえほん
監修は、幼児の言葉と文字の教育について造詣が深い、千葉大学名誉教授の首藤久義先生が担当し、子どもが世界をどう認識していくのか、言葉や語彙をどう広げていくのかをわかりやすく解説。

カードと絵本で遊ぶ活動の意義とともに、子どもに向き合う姿勢やサポートの仕方も具体的に説明している。

“カード遊び絵本”というジャンルで、楽しく豊かな学びを子どもたちへ届ける新たなシリーズを、ぜひチェックしてみては。
Z会グレードアップ カードとえほん
いきものさがし/のりものさがし/カタカナさがし
Z会ソリューションズ刊 すべて1,320円(税込)

問い合わせ先/Z会ソリューションズ
tel.055-976-9095(月~金曜 9:00~17:30 ※祝日、年末年始を除く)
https://www.zkai.co.jp/books/

2021年04月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ