グランドニッコー東京ベイ 舞浜がアトリウムと上層階客室をリニューアル

グランドニッコー東京ベイ 舞浜がアトリウムと上層階客室をリニューアル

ホテル全体の南欧、プロヴァンスの街並みを生かし、「the Paradise」をコンセプトにロビーと客室を一新

昨年7月に開業した「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」が、昨年秋より実施している大規模改装の第1期改装を終了し、日本最大級の「アトリウム」と11階・12階特別フロア「ニッコーフロア」をリニューアルした。

ホテル全体の南欧、プロヴァンスの街並みを生かした、今回の改装の全体的なデザインコンセプトは、「the Paradise」。「太陽が降り注ぎ、水が流れ木々や花々が咲く自然あふれる楽園」を主なテーマに、ビューごとに異なるテーマで一つの楽園をデザインした。
グランドニッコー東京ベイ 舞浜
「the Garden」をテーマに生まれ変わった、日本最大級の3階「アトリウム」は、ガラスの天井からさわやかに降り注ぐ太陽の光、流れる水の音、南欧のリゾートを感じる植物や花々の自然に包まれ、明るく開放感あふれる造りに。

その中でレストランやチャペルなどさまざまなテーマの要素が展開されることにより、ロビー全体を散策する楽しさや、ゲストの憩いの場を創出する。
グランドニッコー東京ベイ 舞浜」
オールデイダイニング「ル・ジャルダン」は、「子どもから大人までみんなで楽しめるレストラン」をテーマに昨年11月にリニューアル。みんなが集まる賑やかなガーデンダイニングを改装イメージとし、パフォーマンスキッチンをカラフルな色調に変更した。

また、子どもの背の高さに合わせて料理を取りやすく工夫した、キッズブッフェコーナーも増設。ゆったりと利用できるよう店舗面積の拡張工事を行った。
グランドニッコー東京ベイ 舞浜
また、アトリウムには、ホテルに宿泊するすべての方が利用できる、南欧風のカラフルで暖かな色合いでゲストを迎え入れるファミリーラウンジも。

併設のキッズエリアは床と壁面が柔らかい素材でできており、子どもが安心安全に過ごすことができるほか、宿泊手続きを待つ間に、常設の大型テレビで映画などを楽しむこともできる。
グランドニッコー東京ベイ 舞浜
一方の、最上階12階と11階の「ニッコーフロア」の改装テーマは「the Sky」。流れる雲、星空の瞬き、太陽の光の煌めき。朝焼け、夕暮れの空の美しいグラデーションを表現した、高層階ならではのフロアとなった。

「空」を連想するさまざまなテーマで、各客室や施設の個性を出しながらもフロア全体の統一感を図り、ゲストルームはシーサイドとパークサイドそれぞれの立地特性を生かしながら、異なる「空」に出会うことが可能。
 
客室には、心地よい上質な時間をすごせるよう、コーヒーメーカーや専用アメニティ、バスローブ、幅140cmのシモンズ社製ベッドなど、多様なサービスを提供する。
グランドニッコー東京ベイ 舞浜
さらに、「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」では、今後も引き続き4~10階の客室フロア「the Shine」と「the Aqua」の改装も予定。ゲストが非日常のリゾートを感じ、リフレッシュできるひとときを提供するホテルを目指す。

より上質なホテルステイを楽しめるようになった「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」へ、ぜひ家族で足を運んでみては。

グランドニッコー東京ベイ 舞浜
所在地/千葉県浦安市舞浜1-7
予約・問い合わせ/047-350-3533(グランドニッコー東京ベイ 舞浜 宿泊予約 9:00~18:00)
https://tokyobay.grandnikko.com

2021年04月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧