人気の知育アプリ「シンクシンク」が初の書籍となって発売中

人気の知育アプリ「シンクシンク」が初の書籍となって発売中

世界150か国累計120万人のユーザーから高い評価を獲得している、空間認識・平面認識・試行錯誤・論理・数的処理の5分野で構成された、思考力を育てるアプリが待望の書籍化

小学館から、子ども向けアプリ教材開発・運営などを行う「ワンダーラボ」が開発するアプリ「シンクシンク」の書籍「思考センス育成公式ブック シンクシンク」が発売中。
思考センス育成公式ブック シンクシンク 1,320円(税込)
思考センス育成公式ブック シンクシンク 1,320円(税込)
思考力を育てる知育アプリ「シンクシンク」は、1回3分のミニゲーム形式の教材を100種類、15,000問収録。空間認識・平面認識・試行錯誤・論理・数的処理の5分野から問題が構成されている。

世界150か国累計120万人のユーザーから高い評価を得ており、これまでにiOS、Androidの両プラットフォーム「子ども向けカテゴリー」でダウンロード1位を獲得。

Googleの全世界対象のアプリアワード「Google Play Awards」では、2017年と2019年に異例の複数回受賞を果たすなど、子ども向け知育アプリとしては類を見ない実績を残している。
シンクシンク
そんな知育アプリが待望の公式書籍化となり、384ページオールカラーという大ボリュームでお届け。アプリでお馴染みの問題に加えて、アプリ未収録のオリジナル問題も80問収録されており、アプリ経験者の方も新鮮な気持ちで楽しめる。

さらに、この本の問題をすべて解くと、デジタルでワンダーラボ渾身の超難問に1問挑戦できるおまけ付きとなっている。

子どもだけでなく大人も脳トレとして、家族全員で楽しむことができる1冊を、ぜひチェックしてみては。
問い合わせ先/ワンダーラボ
https://think.wonderlabedu.com/

2021年04月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧