不安な今の時代の子どもの気持ちによりそう児童書が発売中

不安な今の時代の子どもの気持ちによりそう児童書が発売中

世界的ヒット作「クリスマスは世界を救う」シリーズの名コンビによる、希望と励ましのメッセージを込めた心あたたまるファンタジー

「西村書店」から、児童書「ほんとうのことしかいえない真実の妖精」が発売中。
ほんとうのことしかいえない真実の妖精 1,320円(税込) 
ほんとうのことしかいえない真実の妖精 1,320円(税込) 
作者とイラストレーターは、「信じること」の魔法をえがいたクリスマス・ファンタジーの名コンビが担当。

イギリスのベストセラー作家であり、「クリスマス・ストーリーの新定番」としてイギリスで人気を呼んでいる、「クリスマスは世界を救う」シリーズの著者 マット・ヘイグ氏が文を、すべてのページに描かれた楽しいイラストは、同シリーズでもイラストを担当した、イギリスの作家でイラストレーターのクリス・モルド氏が手掛けた。
ほんとうのことしかいえない真実の妖精
「ほんとうのことしかいえない真実の妖精」は、不安な今だからこそ届けたい、子どもの気持ちによりそう物語。どんなときも本当のことを言ってしまうせいで、友だちができない「真実の妖精」を主人公として、自分を受け入れることの意味や、友だちとはどのような存在なのかを伝える。

たっぷりのユーモアや少しの現実の苦さがまじったストーリーに、希望と励ましのメッセージを込めた、心あたたまるファンタジーとなっている。

世界的ヒット作を生む名コンビによる、子どもの健やかな心を支える物語を、この機会にぜひ手に取ってみては。

ほんとうのことしかいえない真実の妖精
文/マット・ヘイグ 
絵/クリス・モルド 
訳/杉本詠美
西村書店刊 本体1,320円(税込)

問い合わせ先/西村書店
tokyo@nishimurashoten.co.jp
tel.03-3239-7671
http://119.245.210.133/book/archives/16675

2021年03月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧