子どもが躍動するようなトイのアイデアを競うコンテストが開催

子どもが躍動するようなトイのアイデアを競うコンテストが開催

デジタル/アナログ、パズル、ボードゲーム、カードゲーム、謎解きなど形式を問わず、子どもから大人までが「遊び」として楽しめるものを募集

「ワンダーラボ」が、子どもから大人まで、誰もがわくわくするような「トイのアイデア」のコンテスト「STEAM Toy Contest 2021」を開催する。

「STEAM Toy Contest」は、「ワンダーラボ」が主催する、知的好奇心を刺激し、心が踊るような新しいトイのアイデアを募集するクリエイターコンテスト。

パズルを作るのが好き、問題を考えるのが好き、謎解きを作るのが好きなど、そうした才能が輝ける場所を、クリエイターたちといっしょに作り出し、育てていきたいという想いから、コンテンツクリエイターとそのコミュニティが盛り上がるきっかけをつくるために始まった。
STEAM Toy Contest 2021
トイとは、主に小学校低学年の子どもから大人までが「遊び」として楽しめるものを指し、デジタル/アナログ、パズル、ボードゲーム、カードゲーム、謎解きなどの形式は不問。子どもも理解でき、楽しめる内容であることを重視する。

ゲームのルールが新しい、技術の使い方が新しい、形式が新しい、体験が新しい、頭の使い方が新しいなど、なにか凡庸でない部分が見受けられるほど評価は高くなる。

また、既に完成しているものでも、アイデアベースでも応募は可能。応募時点で商品化されておらず、その予定がないものに限るとしている。

新しい時代の学びとして注目されている「STEAM教育」の領域で、まだ誰も見たことがないような遊びのアイデア競うコンテストを、ぜひチェックしてみては。
STEAM Toy Contest 2021
募集締切/5月13日(木)
結果発表予定/6月下旬 イベントサイトにて結果発表
賞金・賞品/
STEAM Toy大賞:賞金30万円
各部門優秀賞:賞金5万円
キッズクリエイター賞:スポンサー企業・主催よりオリジナルグッズやトイを贈呈

問い合わせ先/ワンダーラボ
marketing@wonderlabedu.com
https://steam-toy.com/

2021年03月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧