災害時に活躍する車が大集合したのりもの絵本の最新刊が発売中

災害時に活躍する車が大集合したのりもの絵本の最新刊が発売中

人を助ける車の紹介だけでなく、車といっしょに働く人々の姿も細かく丁寧に描く、小さな子どもたちが震災について考えるきっかけとなる1冊

「偕成社」から、絵本「さいがいで かつやくする くるま」が発売中。今作は、はたらく車の絵本のシリーズ「まえとうしろ どんなくるま?」の4作目となる。

大きな特徴は、シリーズ名の通り、車が「前面」「後面」「横面」の3つの視点から描かれ、全体をじっくり見られるということ。「まえと うしろ どんなくるま?」というフレーズで前面・後面を見せ、ページをめくると横面があらわれ、車の名前や細かい特長、働く人たちの様子がわかる、明快な構成となっている。
さいがいで かつやくする くるま 1,320円(税込)
さいがいで かつやくする くるま 1,320円(税込)
今年は東日本大震災から10年を迎える節目の年。「3.11」を経験していない小さな子どもたちにも、また災害がふりかかる日が来るかもしれない。

今作では、災害時に大活躍する車を紹介。陸でも水の中でも活動できる車や、渡れなくなった川に橋をかける車などのメインの車のほか、いっしょに活動する車、バイク、ヘリコプターなど、災害が起きたときに大活躍するそれぞれの車の特徴をわかりやすく示す。
さいがいで かつやくする くるま
また、実際にその車に乗って活動されている方々へ取材し、車といっしょに働く人々の姿も細かく丁寧に描写。車とともに、子どもたちのヒーローでもある働く人の姿を描くことで、よりその車の特徴を引き出し、リアリティをもって伝える。
さいがいで かつやくする くるま
「かっこいい!」と楽しく眺める絵本の中の車や人々の存在は、来たる時の心の支え・知識にもつながり、これからを生きる子どもたちに届けたい1冊となっている。

節目を迎える今年、「はたらく車」という観点から、子どもといっしょに災害について改めて考えてみては。
さいがいで かつやくする くるま
作/こわせ もりやす
偕成社刊 1,320円(税込)

問い合わせ先/偕成社
https://www.kaiseisha.co.jp/inquiry
https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784032325409

2021年03月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ