猫の日にもぴったりな、2匹の猫が営む洋食屋を舞台にした絵本が発売中

猫の日にもぴったりな、2匹の猫が営む洋食屋を舞台にした絵本が発売中

55,000人のフォロワーを誇るインスタグラマーである、KORIRI氏が初めて手掛けたユーモア絵本

「金の星社」から、人気イラストレーターのKORIRI氏が手掛けた初の絵本「ねこのようしょくやさん」が発売中。
ねこのようしょくやさん 1,430円(税込)
ねこのようしょくやさん 1,430円(税込)
作者が引き取った、福島からの保護猫である・春男とみかんに加えて、Instagramで知り合った猫たちをイラストにしてできた“世にも不思議な猫世界”。

「ねこのようしょくやさん」は、そこに登場する“洋食ハルオ”を絵本化したもの。
ねこのようしょくやさん
町で人気の「ねこのようしょくやさん」では、ハルオシェフと助手のみかんちゃんが、ふみふみこねこねハンバーグの仕込み中。首まわりのお肉や、ぐるる、ぐるるとのどを鳴らす、“猫あるある”など、猫好きでなくとも、つい見入ってしまう可愛さ。店内のポスターや調味料にも、作者のユーモアがたくさん詰まっている。

お店の前には、お目当てのハンバーグを求めるお客さんでいっぱい。おにぎり型のがまぐちを首から下げた猫や、待ちきれずに店内をのぞき込む子猫に、じわじわ笑いがこみ上がげてくる。
ねこのようしょくやさん
「ごちゅうもんは おきまりでしょうか?」
「マタタビハンバーグを ひとつ。あっ ごはん おおもりで おねがいしにゃす」
「かしこまりにゃした」

メニュー裏には“にぼしコーヒー”、“カツオミルクティー”…一体どんな味なのか興味津々。美味しそうなハンバーグからは、マタタビの香りが。フライ返しを持つハルオシェフの肉球がちょっぴり見えているところも、猫好きにはたまらないイラストとなっている。
ねこのようしょくやさん
2月22日の“猫の日”にもぴったりな絵本を、ぜひこの機会に親子で読んでみては。
ねこのようしょくやさん
作・絵/KORIRI
金の星社刊 1,430円(税込)

問い合わせ先/金の星社
tel.03-3861-1861
https://www.kinnohoshi.co.jp/inquiry/
https://www.kinnohoshi.co.jp/search/info.php?isbn=9784323033938

2021年02月15日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧