子どもたちの創造力を育む、次世代教育を行うスクールが来春開校

子どもたちの創造力を育む、次世代教育を行うスクールが来春開校

学校では学べない、実践的な創造力を育むプログラムを提供

「電通」、「TBS」、「エデュソル」が3社共同で、クリエイティブ領域の知見をもとに次世代教育を開発し、子どもたちの創造力を育む会社「スコップ」を設立。「スコップ・スクール」の来春本開校を予定し、現在秋の短期オンラインスクールの参加者を募集中。

「スコップ」という社名には、個々でのプログラムを通じて、将来的には見えない「スコップ」を手に、状況をポジティブに突破していってほしいという願いが込められている。
次世代教育開発会社「スコップ」
予測不能に変化するこれからの社会を生き抜くには、与えられた知識を使うだけでなく、一人一人が「自分の中にある力」を掘り起こすことが重要になることから、社会で活躍する異分野のプロフェッショナルたちが講師となり、子どもの創造力を掘り起こす、さまざまな教育プログラムを提供する。

2021年の本開校では、子どもや保護者の興味のある分野に合わせて「実践的創造力」を育めるよう、「ソーシャルクリエーティブコース」「アート&デザインコース」「プログラミング&クリエーティブコース」の3つのレギュラーコースを用意。

従来の教育で重視されている認知能力に加え、非認知能力領域に重きを置き、「クリエーションスキル」「コミュニケーションスキル」「コンプリートスキル」の3つの力を身につけられることを目指す。
次世代教育開発会社「スコップ」
また、本開校に先駆け、11月21日(土)・11月23日(月・祝)の2日間コースで秋の短期オンラインスクールを実施。

プログラムは、青森の「ねぶた師」の指導のもとでねぶたづくりに挑戦する「「ねぶた」をつくって、お祭り復活を手伝おう。」と、要素を分解して美味しさの秘密を探り、ドレッシングを完成させる「食べておいしいプログラミング」を用意。

対象は小学1年生から6年生で、現在参加者を募集している。
次世代教育開発会社「スコップ」
さまざまなプログラムを通して「実践的創造力」が身につくスクールを、ぜひチェックしてみては。
問い合わせ先/スコップ
info@schopschool.com
https://schopschool.com/

2020年11月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧