世界のトップ大学で教鞭をとるスティーヴン・マーフィ重松氏の最新刊が発売中

世界のトップ大学で教鞭をとるスティーヴン・マーフィ重松氏の最新刊が発売中

ベストセラー「スタンフォード式 最高のリーダーシップ」の著者が、自身の生い立ちと成長期の葛藤を語りながら、「マインドフルネス」の先にある「ハートフルネス」とは何かをつまびらかにする1冊

「大和書房」から、「スタンフォードの心理学授業 ハートフルネス」が発売中。

ベストセラー「スタンフォード式 最高のリーダーシップ」の著者であるスティーヴン・マーフィ重松氏が最新刊で提唱する「ハートフルネス」は、長年スタンフォード大で研究と実践を重ねてきた「マインドフルネス」をさらに探求した「人生を充実させる秘訣」。

「ハートフルネス」の実践によって、なぜメンタル管理やリーダーシップ、クリエイティビティ、人間関係を良好に築く力、適切な行動選択、文化的謙遜といった、感情的知性(EI)を伸ばすことができるのかを、ストーリー形式で解き明かし、ビジネスリーダーを育てる世界のトップ大学で議論されている課題を解決するアプローチを提唱する。
スタンフォードの心理学授業 ハートフルネス 1,700円(税抜)
スタンフォードの心理学授業 ハートフルネス
日本のサムライをルーツに持つ祖父母、アイルランド系肉体労働者である父、白人社会でアジア人との「ハーフ」であることによってさらされる敵意や無意識的な差別など、著者自身の生い立ちと成長期の葛藤を語りながら、「マインドフルネス」の先にある「ハートフルネス」とは何かをつまびらかにしていく。

大切なことは、自らの「ヴァルネラビリティ(開かれた弱さ)」と向き合うこと。「失敗したら負け」「負けたら終わり」といった競争原理で、若者をストレスにさらす子育てや教育のあり方にも一石を投じる。

日本の「こころ」をはじめとする伝統的な智慧や精神性と、現代のテクノロジー、アート、科学を統合する最先端の試みを記した1冊を、ぜひチェックしてみては。
スタンフォードの心理学授業 ハートフルネス
著者/スティーヴン・マーフィ重松
訳者/島田啓介
大和書房刊

問い合わせ先/大和書房
tel.03-3203-4513(営業部)
http://www.daiwashobo.co.jp/book/b524250.html

2020年11月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧