韓国で話題の寝かしつけ絵本「ねむねむさんがやってくる」が日本上陸

韓国で話題の寝かしつけ絵本「ねむねむさんがやってくる」が日本上陸

子どもたちを心地よい眠りの世界にいざない、寝かしつけに悩む保護者を救う、素敵なベッドタイムストーリー

「世界文化社」から、子どもが自然と眠りにつく習慣づけができる絵本「ねむねむさんがやってくる 眠りが訪れる話」が発売中。
ねむねむさんがやってくる 眠りが訪れる話 1,296円(税抜)
ねむねむさんがやってくる 眠りが訪れる話
2019年に韓国で発売された「ねむねむさんがやってくる」は、発売直後から「叱らなくても子どもたちが自然と眠りにつくようになった」など絶賛の声が相次ぎ、発売1カ月で2万部を突破。韓国中の保護者たちの間で話題となり、満を持して日本に上陸した。

作・絵は、イラストレーターで絵日記作家のユ・ヒジン氏。訳は「グレッグのダメ日記」や「ワンダー」などのベストセラー絵本も担当した、翻訳家の中井はるの氏が務めた。
ねむねむさんがやってくる
いつもの夜、眠れなくてまだまだ遊びたい気持ちでいっぱいのわが子に、お母さんはやさしく、「ねむねむさん(睡眠というお友達)に来てもらおうね」と呼びかける。さあ、とってもキュートな「ねむねむさん」はあなたのおうちに来てくれるかな?

読み終えたときにぽっと心があたたかくなる素敵なベッドタイムストーリーを、ぜひチェックしてみては。
ねむねむさんがやってくる 眠りが訪れる話
作・絵/ユ・ヒジン
訳/中井はるの
世界⽂化社刊

問い合わせ先/世界⽂化社
tel.03-3262-5115  
https://www.amazon.co.jp/dp/4418208135/

2020年10月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧