10/22(木)に世界中で人気の知育ボードゲーム「ThinkFun」よりメイズ(迷路)シリーズの最新作が発売

10/22(木)に世界中で人気の知育ボードゲーム「ThinkFun」よりメイズ(迷路)シリーズの最新作が発売

ドミノという馴染みの深い遊びを活用し、AI全盛の時代に必要な論理的思考力や問題解決力を鍛える、STEM教育に適したボードゲーム

エシカルなベビー玩具やプログラミング教材など、さまざまな世界のPLAYを輸入する「CAST JAPAN」が、思考力を向上させる教育ツールの開発を行い、学校教育の教材としての採用や教育者を中心に世界中で支持されているアメリカ「ThinkFun(シンクファン)」社の新商品である、ドミノ倒しを設計するボードゲーム「ドミノ・メイズ」の輸入販売を10月22日(木)より開始。
ドミノ・メイズ 5,040円(税抜)対象年齢 8歳以上
ドミノ・メイズ  対象年齢 8歳以上
「ThinkFun」のメイズシリーズは、日本をはじめ世界各国でさまざまな賞を受賞しているボードゲーム。これまで日本では、立体迷路をプログラミングする「グラビティ・メイズ」や、電気回路をプログラミングする「サーキット・メイズ」、ジェットコースターをプログラミングする「ローラー・コースター・チャレンジ」を発売している。

今回、待望の新作として誕生した、ドミノの連鎖をプログラミングする「ドミノ・メイズ」は、ドミノをスタートからゴールまで正しく倒すことができたら「正解」。問題カードに示された初期配置にピースを設置し、さらに指定されたピースを加え、スタートからゴールまでドミノ倒しが成立するようにピースの配置を考えるという論理的思考ゲーム。

問題カードは4つの難易度に別れた合計60問があり、難易度が上がると階段を昇り降りするようなダイナミックな設計などが必要となる。
ドミノ・メイズ
トライ&エラーを繰り返しながら遊ぶ「ドミノ・メイズ」で、論理的思考力や問題解決力を養ってみては。
問い合わせ先/CAST JAPAN
tel.03-5835-1943
https://www.play-departmentstore.com/fs/castjapan/tf033

2020年10月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ