若者世代と政治・社会をつなぐ「学校総選挙プロジェクト」が開始

若者世代と政治・社会をつなぐ「学校総選挙プロジェクト」が開始

オンラインで投票・意見交換し、政治や社会問題を自ら考える機会を創出

「CCCマーケティング」と「Tポイント・ジャパン」が、これからの未来を担う中高生から20代の若者世代と政治・社会をつなぐソーシャルプロジェクト「学校総選挙プロジェクト」の本格展開を開始。

「学校総選挙プロジェクト」は、CCCの創業意図「若者に新しい生活スタイルの情報を提供する拠点を提供していく」をアイデンティティに、これからの未来を担う若者が、未来を生きていく糧となる新たな発見や考え方を共創していく場。
学校総選挙プロジェクト
WEBサイトで実際に「投票」することで、政治や社会を自分事化する機会を創出。問いを設定して議論を深め、競争の激しい国際社会の中でも自分らしさを持ちながら、多様性を受け入れていくソーシャルプロジェクトを目指す。

今後、中高生の「声」をまとめた投票結果のレポート記事や、note上へ有識者インタビュー記事などの掲載、オピニオンリーダーを迎えての企画や対話の場なども提供をしていく予定。

第1回の投票テーマは、「政党」および「大阪都構想」。「政党」は10月31日(土)まで、「大阪都構想」は住民投票の投票日と同じく11月1日(日)までオンライン上での投票を受け付ける。
学校総選挙プロジェクト
「政党」では、「あなたが今期待する政党は?」「次期首相になって欲しいのは誰?」「アメリカ大統領になってほしいのは誰?」の3つの問いを設定。プロジェクトサイト内では、それぞれの投票テーマについて若者世代が自分事として理解できるよう、専門家のアドバイスのもとにコンテンツを編集して展開する。

なお、「大阪都構想」は、関西エリアの高校の授業とも連携した取り組みを実施する予定。
また、ローンチ説明会が10月18日(日)に開催され、arca CEO・クリエイティブディレクターの辻愛沙子氏や浦和大学社会学部准教授の林大介氏、そして現役の高校生も登壇。若者の政治や選挙参加についてパネルディスカッションを行った。
学校総選挙プロジェクト
これからの未来を担う若者へ、政治や社会を自分事化する機会を提供する「学校総選挙プロジェクト」を、ぜひチェックしてみては。
学校総選挙プロジェクト
https://youthvote.tsite.jp/

2020年10月20日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ