日本最小の赤ちゃん専用ファーストヘルメット「PICOT」が発売中

日本最小の赤ちゃん専用ファーストヘルメット「PICOT」が発売中

安全性はもちろん、快適性とデザイン性を重視した、赤ちゃんの自転車デビュー時にぴったりのヘルメット

自転車ヘルメット国内シェアNo.1※の「オージーケーカブト」から、日本最小、世界でも最小サイズレンジとなる、赤ちゃんの自転車デビュー時にぴったりのファーストヘルメット「PICOT(ピコット)」が発売中。
※自転車ヘルメット国内販売個数(SG基準品・株式会社オージーケーカブト調べ)
PICOT 左/マットラベンダーベージュ、右/ドロップホワイト オープン価格 サイズ45~47cm(220g)幼児用(12ヶ月~2歳くらい)
PICOT 左/マットラベンダーベージュ、右/ドロップホワイト オープン価格 サイズ45~47cm(220g)幼児用(12ヶ月~2歳くらい)
「いま世の中にあるヘルメットでは大きすぎる」という保護者の声や、悲惨な転倒事故から、国内に流通している最小ヘルメットよりもさらに小さなサイズ設定を「製品安全協会」に提言。これまで世の中になかった、新たな最小人頭を用いて、SG基準の認証※を受けたのが、赤ちゃんのためのいちばん小さな"ファーストヘルメット"「PICOT」。

※「製品安全協会」が自転車ヘルメットに定めた、衝撃吸収性ほか複数の厳しい試験の合格品、安全の証しがSGマーク。SG製品には万が一の製品不具合による人身損害時の救済制度がある。これまでの幼児用自転車ヘルメットの最小[A人頭]よりさらに小さな世界最小[AA人頭]使用による国内初SG認証。(株式会社オージーケーカブト調べ)
PICOT
ヘルメットは大きすぎても小さすぎても頭を守れない。「PICOT」の内部形状は、保育園と提携して調査した多数の頭部データを蓄積・分析し、データに基づいたサイズと形状で、多くの赤ちゃんの頭にストレスを与えない円に近い設計になっている。

「PICOT」は、自転車ヘルメットに求められる安全性はもちろん、快適性とデザイン性を重視。赤ちゃんの負担を少しでも減らすため軽量とコンパクトを追求。衝撃吸収ライナーとソフトシェルを圧着・一体化する「インモールド成形」といわれる製法を採用し、220gという小さなリンゴ1個分の軽さを実現。丈夫で扱いやすい仕様になっている。
PICOT
また、赤ちゃんをしっかり守りつつも「ノームコア(=究極の普通)」なスタイル、ユニセックスでシンプルな造形、色柄はファッションを邪魔せず、子どもを可愛いく引き立てる。

さらに、赤ちゃんの頭を優しく包む一体型「スマイルインナーパッド」は取り外し簡単で洗濯も可能。スマイルマークをあしらっているため、着用を嫌がる赤ちゃんには“頭を守るお友達”として安全教育のきっかけにも。

赤ちゃんの頭を快適に守る「PICOT」で、自転車デビューを飾ってみては。
問い合わせ先/オージーケーカブト
tel.06-6747-803
https://child.ogkkabuto.co.jp/

2020年09月17日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ