自己肯定感を高めるメソッドがつまった「どこどこかわいい」が発売中

自己肯定感を高めるメソッドがつまった「どこどこかわいい」が発売中

単純でここちよい繰り返しのリズムで、語りかけるように自己肯定感を育む1冊

「KADOKAWA」から、読み聞かせるだけで自己肯定感がぐんぐん育つ絵本「どこどこかわいい」が発売中。
どこどこかわいい 1,000円(税抜)0歳~
どこどこかわいい
内閣府の「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」によると、日本の子どもたちは諸外国に比べて「自己肯定感」が低く、「私は、自分自身に満足している」という問いに対し肯定と答えた割合は、平成25年から平成30年にかけての調査でさらに減っている。

このような現状から、“子どもには自己肯定感を持って欲しい”という保護者の想いは高まっているのではないだろうか。

「どこどこかわいい」は、赤ちゃんから自然と自己肯定感を高めるメソッドが盛り込まれている絵本。
どこどこかわいい
海の砂を用いて描かれた、やさしくあたたかみのある動物たちといっっしょに、

「どこどこ かわいい?」
「どこどこ じょうず?」

といった、繰り返しのここちよいリズムで、それぞれのかわいいところやじょうずなところを、たくさん見つけることができる。また、動物の名前を子どもの名前に置き換えながら読み聞かせると、自然とポジティブなコミュニケーションが生まれ、自己肯定感につながっていく。
どこどこかわいい
「自己肯定感」の言葉の生みの親・汐見稔幸先生も推薦の「どこどこかわいい」の絵本。親子のコミュニケーション時間に、読み聞かせしてみては。
どこどこかわいい
作・絵/たなかしん
主な対象年齢/0歳~

問い合わせ先/KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/322005000345/

2020年08月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧