おうちで楽しむ動物園「においの惑星―くんくんPlanetに出かけよう」が公開中

おうちで楽しむ動物園「においの惑星―くんくんPlanetに出かけよう」が公開中

「うんことば」に表現されたうんちのにおいで、動物たちの生態や生息環境を学ぶ教育WEBサイト

国際的な環境保全団体である「公益財団法人世界自然保護基金ジャパン」が開発した教育プログラム「においでめぐる動物園―くんくんPlanetに出かけよう」を、おうちでも楽しめるコンテンツ「においの惑星―くんくんPlanetに出かけよう」として公開中。
においの惑星
「においでめぐる動物園―くんくんPlanetに出かけよう」は、動物たちのうんちのにおいを嗅ぐ体験をしたあとに、においを「言葉」に表現したうえで、野生生物の生態や生息環境についてのプロセスを学ぶ教育プログラム。

これまでに実施してきた、東京都、神奈川県、京都府、沖縄県など日本各地の動物園でのイベント参加者、のべ2,500人の「うんことば」を分析し、ワインやコーヒーのアロマを表現する際に用いられるアロマホイールをオマージュした「うんことばホイール」として表現。

香りという感覚的なものをより想像しやすく、また身近なもので再現し、疑似体験できるような仕組みになっている。

公開されているのは、IUCNのレッドリストにも掲載されている、絶滅の危機に瀕しているアジアゾウをはじめ、ボルネオオランウータン、トラ、キリン、ライオン、ニシゴリラ、ジャイアントパンダ、ホッキョクグマ、リュウキュウイノシシ、レッサーパンダ、アカアシドゥクラングールのうんち。

気軽に外出のできない今年の夏。家族で「においの惑星―くんくんPlanet」へ出かけてみては。
においの惑星ーくんくんPlanetに出かけよう
communi@wwf.or.jp
https://www.wwf.or.jp/campaign/kunkunplanet/

2020年08月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧