8/21(金)グランピングサイト日比谷花壇の‘‘STAY‘‘「里楽巣FUJINO(リラックスふじの)」がグランドオープン

8/21(金)グランピングサイト日比谷花壇の‘‘STAY‘‘「里楽巣FUJINO(リラックスふじの)」がグランドオープン

パノラマデッキを備えた和風と洋風の2種類のグランピングサイトでリラックス時間を楽しめる

日比谷花壇は、初の宿泊施設として、グランピングサイト日比谷花壇の‘‘STAY‘‘「里楽巣FUJINO(リラックスふじの)」を8月21日(金)にグランドオープン。

テーマは「ココロもカラダも喜ぶ場所」。パノラマデッキとカウンターテーブル、28平方メートルの広々としたドーム型テント、藤野にある工房でつくられたガーデンテーブルなどの家具を設えるとともに、日比谷花壇ならではの植物を配したコーディネイトで、藤野の自然と一体化したかのような屋内外のリラックス空間を提供。

山並みを望む広々としたパノラマデッキを備えた和風(RURI)と洋風(ECRU)の2サイトを用意し、自分らしくいられる場所、ふるさとのような、自然体でリラックスして心から憩える、極上の癒やしの空間を演出。
グランピング写真
ECRU(エクリュ)約100平方メートル フローリング風の床にラグを敷いたシックなインテリア
それぞれのサイトにはバーベキュースペースも完備。テント内は、靴を脱いでリラックスできるリビングのような小上がりスペースとなっており、都会の喧騒から離れ、ゆったりと過ごすことができる。
グランピング写真
RURI(ルリ)約100平方メートル 和風で落ち着きのあるインテリア
食事は、地元藤野産の朝採れ無農薬有機野菜をたっぷりと使い、シェフが監修した季節ごとの料理を堪能できる。地元野菜に加え、シェフが厳選した海の幸、山の幸を使った食事がココロとカラダを満たしてくれる。
食事写真
夕食イメージ*当面は、1人前ずつの小皿でご提供となります。
ほかにも、日比谷花壇の‘‘STAY‘‘「里楽巣 FUJINO」では、場内外で楽しめるヨガやコーヒー焙煎、工房体験やフラワーレッスンなどのアクティビティ(有料)も。

日比谷花壇の”STAY”「里楽巣FUJINO」で、自然の中でリラックスして心から憩える、癒しの体験をしてみては。

日比谷花壇の‘‘STAY‘‘「里楽巣 FUJINO」
住所/神奈川県相模原市緑区牧野4611-1
駐車場/1サイトにつき2台まで
客室数/RURI・ECRU 2室(定員1室4名)
料金/1室2名 41,000円~(※ハイシーズンの金・土・日・祝日 60,000円~)3名以降大人1名 21,000円~(ハイシーズンの金・土・日・祝日 30,000円~)子ども(小学生以下)半額(宿泊費+夕朝食付)3歳以下0円(食事なし)※食事希望の場合は別途注文
https://hibiya-stay.com/relax/

2020年08月19日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ