ソニーデザインのコンセプトを取り入れた「こどものためのほうき」が発売中

ソニーデザインのコンセプトを取り入れた「こどものためのほうき」が発売中

子どもの五感を育む、職人による手作業で生み出された箒

ソニーデザインのコンセプトを取り入れた「こどものためのほうき」が発売中。

この箒は、ソニー株式会社 クリエイティブセンターのデザイナーの提案をもとに、「株式会社 まちづくり山上」によってつくられたもの。職人による手作業で生み出された箒は、使い込むほどに手に馴染み、子どもの五感を育む。
「こどものためのほうき」 全長60cm 10,000円(税抜)
「こどものためのほうき」 全長60cm
中津箒は、神奈川県愛甲郡愛川町中津(旧中津村)で150年ほど前から伝えられてきた伝統的な技術をもとに、現代の生活にも合うようにつくられている。原料のホウキモロコシは、無農薬で生産され、製造工程はすべて職人の手作業。糸の色付けにも天然染料を使用。

箒の穂先は、素材の柔らかさを生かすために一本ずつ丁寧に揃えられており、コシがあり、折れにくくなっている。
ほうき
「こどものためのほうき」は、中津箒の職人との対話を通じてソニーのデザイナーが提案した「3歳からのこどもに贈る箒」というコンセプトをもとにつくられた。箒の使い方を知らない子どもも多いという現状をふまえ、次の世代に箒の価値を伝えていくための提案。

「まちづくり山上」オリジナルの手ぬぐいでラッピングされ、箒の使い方やつくり方をイラストで解説した絵本「ほうきのほん」が付属している。
ほうき
中津箒の職人とソニーのデザイナーの対話を通じて生まれた、「こどものためのほうき」を、日々の掃除に取り入れてみては。
商品に関する問い合わせ先/まちづくり山上
TEL・FAX/046-286-7572
https://shimingura-tsuneemon.biz/?page_id=128

2020年08月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧