青く光る火山や色とりどりに燃える花火。火の色が変わる不思議について実験してみました!

青く光る火山や色とりどりに燃える花火。火の色が変わる不思議について実験してみました!

親子で楽しむ教育エンターテインメント、KIDSNA for Kids。今回は燃えるものによって色が変化する火の性質を調べてみました!

01

今回の実験で燃やしてみた素材は、銅、塩、ストロンチウム。それぞれ緑、黄、赤に色が変わりました。

02

このように、燃やす素材によって炎の色は変化します。これを炎色反応といいます。
いろいろな色に変わることが分かったので、今度はそれぞれの素材を同時に燃やしてみました。
すると、1つの炎の中に緑、黄、赤を観察することができました。

03
04

夜空を彩る打ち上げ花火。花火は、この燃やすものによって炎の色が変わることを利用してつくられています。
打ち上げられる玉の中には、いろいろな素材でできた火薬が入っていて、それぞれ燃えたときにそれぞれ違う色になって燃えることを計算してつくられています。

05
06

動画でも紹介した青い炎を放つ火山は、インドネシアのジャワ島にある活火山、イジェン山です。
炎が青く見えるのは、この火山にある硫黄が空気に触れ発火し、その際青い光を発生するから。
硫黄を燃やすと青く見えることが、自然の中でも見られる珍しいケースです。

07
line
監修
理科実験教室アインシュタインラボ
代表 北原淳

「感動する科学体験・発見する喜び」を広めるため、神奈川県・東京都にて理科実験教室を運営。その他、全国の幼稚園、小・中学校、企業、テレビなど各種メディアにて活動中。

https://einstein-labo.jp/

2022年05月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ