子どもの運動の習い事。選ぶポイントや通ってよかったこと

子どもの運動の習い事。選ぶポイントや通ってよかったこと

ママたちが選んだ運動の習い事の体験談

子どもに運動の習い事をさせたいと考えるとき、どのように習い事を選ぶとよいか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、運動の習い事を選ぶポイントや運動の習い事に通ってよかったこと、ママたちが選んだ運動系の習い事について、体験談を交えてご紹介します。

子どもの習い事に関する悩み

子どもを運動の習い事に通わせたいと考えるとき、どのようなことが気になるのでしょうか。ママたちに聞いてみると、さまざまある運動の習い事のなかからどのように選べばよいのかや、いつ頃からはじめるとよいのか悩んでいるというママがいました。

運動の習い事を選ぶときのポイントや、実際にママたちが選んだ運動の習い事について知ることができると、子どもの習い事選びの参考になるかもしれませんね。

運動の習い事を選ぶポイント

子どもの運動の習い事を選ぶとき、どのようなことを意識して選ぶとよいか気になるママもいるのではないでしょうか。ママたちに、運動の習い事を選ぶポイントについて聞いてみました。

子ども自身の興味があるか

30代ママ
以前から子どもに運動の習い事をさせたいと考えていました。まずは、子どもがどのような運動に興味があるのかを確認してから教室を探しました。
まずは子どもの興味をポイントに、習い事を探してみるとよいかもしれません。子どもがやってみたいと言った運動系の習い事を選んだり、お試しで体験してみたりしたなかから決めたという声もありました。

始める時期

30代ママ
うちの子が通っている運動系の習い事教室は、園児から通うことができる教室でした。子どもの年齢にあわせてカリキュラムが組まれているので、安心して通うことができました。
子どもの運動の習い事を、始める時期で考えているママもいるようです。

子どもがやりたいと言っている習い事が、年齢とあっているかなど確認しながら選べるとよいかもしれません。

頻度や通いやすさ

30代ママ
最初に考えていた習い事は、週に2回教室がありました。他の習い事や下の子のことも考えると週1回程度の方が通いやすいと考え、別の教室を選びました。
30代ママ
習い事の教室を選ぶときは、自宅から通いやすい距離にある教室がよいと考えました。自宅から近い教室を選ぶと、送り迎えもスムーズにできると思います。
運動の習い事教室を選ぶとき、通う頻度や通いやすさで選ぶママもいるようです。

他にも、帰ってからの生活に支障が少ないよう、教室までの移動時間が短い場所で選んだというママの声もありました。

【体験談】ママたちが選んだ運動系習い事

ママたちは実際に、どのような運動の習い事を選んだのでしょうか。それぞれの習い事の特徴を交えてご紹介します。

スイミング

スイミング
Pressmaster/Shutterstock.com
30代ママ
小さいうちから水に親しんでもらいたいと考えて、スイミングに通っています。全身運動にもなるようなので、子どもの体力作りによいかなと感じています。
運動の習い事にスイミングを選んだママがいるようです。スイミングは親子で通える教室もあり、子どもが小さい頃から通いやすい習い事のひとつかもしれません。

サッカーや野球

30代ママ
我が子はボール遊びが好きだったので、年長の頃からサッカーを習いはじめました。サッカーはチームプレイのためか、最近では同じチームの子を気遣うようなところもでてきて嬉しく感じます。
30代ママ
お兄ちゃんが通っていたため、下の娘も1年生から野球をはじめました。まだ上手にボールをとることができないのですが、練習のないときでも2人で自主練をしている姿をみると、根気強くなったなと思います。
サッカーや野球などの球技は、男の子だけでなく女の子の習い事にも選ばれているようです。他にも、団体で戦うサッカーや野球を習うことで、チームワークを大切にするようになったというママの声もありました。

バレエや体操

30代ママ
うちの娘は年中の頃からバレエを習っています。最初はかわいい衣装を着て踊れるのが嬉しいようでしたが、最近ではうまくなりたいと言って家でも練習するほど真剣に取り組んでいます。
30代ママ
幼稚園の頃から体操教室に通っています。とにかく体を動かすのが好きな子でしたが、バランス感覚もよくなってきたように感じます。
子どもが、バレエや体操教室に通っているというママもいるようです。小学校の授業に取り入れられたことをきっかけに、ダンスの習い事に通っているというママの声もありました。

武道

30代ママ
夫が昔から続けていることもあり、小学生の子どもが剣道を習いはじめました。いつも落ち着きなく動き回っているのですが、好きなことには集中して取り組む姿があります。
子どもの習い事に、剣道を選んだママもいるようです。他にも、空手や柔道、合気道など武道を習うことで、集中力をやしなえることもあるかもしれませんね。

運動系習い事に通ってよかったこと

子どもの習い事に運動を選んだママたちに、習い事に通ってよかったことについて聞いてみました。

体力がついた

力がついた
Apollofoto/Shutterstock.com
30代ママ
週1回のレッスンで、全身を使って体を動かしているからか、体力がついてきたようです。習い事をはじめる前より、風邪をひきにくくなったように感じます。
運動の習い事で、子どもに体力がついたと感じるママもいるようです。他にも、体力がついてきたので、学校の体育の授業を楽しんで行うようになったというママの声もありました。

礼儀が身についた

30代ママ
うちの子は人見知り気味で声も小さかったのですが、野球をはじめてから大きな声を出すようになりました。近所の人にもきちんと挨拶できるようになり、成長を感じました。
子どもの礼儀作法が身についたと感じているママもいるようです。個人であっても団体競技でも、コーチや先輩などと接することで礼儀を学んでいくのかもしれませんね。

視野が広がる

30代ママ
これまでは園でのお友だちしか関わりがなかったのですが、習い事をはじめてからさまざまな年齢の子どもと接するようになりました。子どもの世界も広がって、いろいろなことに興味がでてきたようです。
習い事をはじめることで、これまでよりも視野が広がることもあるようです。

体を思いきり動かしたり、家にはない道具を使ったりすることも子どもにとって貴重な経験といえるかもしれませんね。

子どもの興味にあわせた習い事を選ぼう

子どもの興味にあわせて
leungchopan/Shutterstock.com

子どもの習い事を選ぶときは、子ども自身の興味があるものや頻度、通いやすさを意識して選ぶとよいかもしれません。

運動の習い事を通して、体力や集中力がついたり礼儀作法が身についたりと、通うことで得られるものもさまざまにあるようです。子どもの興味やライフスタイルにあわせて、運動の習い事を選べるとよいですね。

2019年11月28日

専門家のコメント
23
    わい先生 保育士
    色々な習い事がありますね。自分がやっていて良かったと思った運動の習い事はスイミングです。
    体力もつくし、喘息の子はスイミングをするといいと聞きました。プールや海に行っても泳げるので、習っていて良かったと思いました。
    まいこ先生 保育士
    習い事といえば、ひと昔前は『水泳とピアノがいい』とよく言われていましたね♪わたしもその典型でした。大人になった今、音楽もスポーツも大好きで自信に繋がっているので両方ともやっていてよかったなぁと思っています◡̈

    「習い事」は子どもの世界を広げる1つのきっかけだと思います。年齢にもよりますが親御さんが「合っていそう」と始めてみたり、子どもから「やりたい!」と言ったことから始めてみたり…
    沢山ある習い事の中から選ぶのは確かにとても悩みますよね。タダなわけではないですし…

    わたしの場合は「習っていた」と言えど、ドリルや練習のような宿題は苦手で小学校では全くやっていなかった記憶があります笑
    ただ、やりたいことには夢中になっていたので、そこは今に繋がっているので良かったと思っています!

    何を習うかを決めるには
    「どんな楽しいことがあるか」
    「どんなことを得られるか」
    「どんなことに夢中になれるか」
    を親御さんが、もしくはお子さんと考えられたら
    「○○のために頑張ってみる」というやり続ける忍耐力や面白さを追求できるのではないでしょうか?◡̈

    また、同じ習い事でも“場所による”こともあるため、やりたいことができそうかをよく見て場所を選んだり、辞めてみたりすることも必要かもしれませんね。

    ”新しい環境になる”ということは、大人の何倍も負担になるお子様もいるので、無理のないよう楽しくできたらいいですね♡
    ゆき先生 保育士
    うちの子は幼稚園の課外教室のサッカーに通いました。幼稚園から直接連れていってくれるので、通いやすいことと、大きいお兄ちゃんがやってるのを見て憧れてずっとやりたいといっていたからです。走るのが遅かったのに早くなったり、細いけど太ももなんかにはしっかり筋肉がついたり、喘息気味だったのですが良くなったりと、いいことがたくさんありました。
    ただうちの子の教室は小学校以降もクラブチームとしてやっていて、続けたいと言うので送迎などが大変になりました。
    何時までやるのか、どこまでやるのかも考えて始めればよかったと思いました。
    りお先生 保育士
    小学校2年生のお兄ちゃんはサッカーを習っています。本人が習いたいと言い出し、習い始めました。小学校2年生になってからです。
    親としても、あまり運動能力が高くなかったのでスポーツの習い事をやらせたいと思っていたのでちょうどよかったです。
    今は毎週楽しんでやっています。送迎のみでいいところにしたので、親の負担も少ないです。

    子どもがやる気があるかどうかがポイントだと思います。個人的には、興味を示してからで充分ではないかと思います。
    下の妹2人は毎日公園で遊んでいて、兄よりも運動能力が高く感じています笑。
    幼児の頃は外遊び、公園遊びを楽しめばそれで十分運動能力は伸びると思います!
    まあ先生 保育士
    保育園でも様々な習い事をするお子さんが多いです。中でも多いのはやはりスイミングかな?といったところです。お子さんのやりたいこと、何を学んで欲しいのかというところが選ぶポイントかと思います。
    のの先生 保育士
    うちの園では毎週水曜日にプール教室のバスが園まで迎えに来てくれて、保護者の方はプール教室にお迎えに行きます。
    通いやすさから全体の半分以上の子どもたちがプール教室に通っています。
    お迎えの時間がいつもより遅くなるのでお母さん方からも人気です。

    その他にもイオンの中に体操教室が出来、駐車場の面や、待ち時間の間に買い物ができる点から人気です。
    ぷん先生 保育士
    幼稚園・保育園の間は水泳教室や体操教室等のしっかり体を動かす教室がおすすめです(^^)

    体幹や体力がつくことで、集中力や長時間の姿勢保持等、就学した時に身につけておいたほうが良いことが自然と身についていくように感じます。
    こいまま先生 保育士
    年少の次男は体育教室、一年生の長男はバスケットボールをしています。
    体育教室は長男、次男共に親子の希望で幼稚園系列の教室にしました。
    慣れ親しんだ先生と楽しく運動が好きになって欲しかったからです。
    バスケットボールは長男がやりたい!と言い出し始めました。
    次男も一年生になるタイミングで、やりたいことがあれば何かスポーツをしてほしいとは思っています。
    すー先生 保育士
    保育園の年長さんや幼稚園ではスイミングとくもんに通ってるいる子がたくさんいました。
    3歳の息子は保育園にいっていないので、少しでも集団生活に慣れてもらいたいという気持ちも込め、体操教室に通っています。本人も鉄棒や跳び箱、マット運動がどんどん上達しとても楽しそうに通っています。
    やはり習い事は本人のやりたいことをさせてあげるのが1番だなと感じました。
    ゆり先生 保育士
    スイミングをさせました 泳げないと命にかかわるかなと考えたからです 小さいうちは、進級にもかなりの時間がかかりましたが、進級より体力づくり、万が一のときの手段としての、スイミング!おすすめです(^ー^)
    いちぽ先生 保育士
    うちの園では、絵画と積み木教室と体育教室がありました。
    迎えだけでいいので、助かるといわれます。
    子どもの世界が広がるので体験などをやってみて、自分の子に合っているかどうか見極めてみるといいとおもいます。
    たくさんあると迷ってしまいますよね。
    りか先生 保育士
    子どもの好きを伸ばしてあげたいですね!
    体力をつける、自分の命を守るという意味では水泳は理に適っていると思います。
    またダンスも身体能力が上がり、振り付けを記憶することでワーキングメモリーが豊かになりオススメです。
    はなこ先生 保育士
    水泳は全身運動だからとてもいいと聞きます!
    合う合わないあると思いますが
    お子さんが楽しい!と思えるものが見つかるといいですね♥︎︎∗︎*゚
    せんせい 保育士
    プールはいいって言いますよね☺︎選ぶポイントは子どもの興味からでいいのではないでしょうか✨
    習いたくもない興味もないことに子どもは一生懸命にはならないですし、何に興味が示されてるのかをわかってあげることの方が大事ですよね🤟
    しまこ先生 保育士
    クラシックバレエを習っています。バレエは柔軟性はもちろんバランスよく身体の基礎を作るので、大きくなってからどんなスポーツに進んでも無駄にならないと思います。
    きらり先生 保育士
    4歳の息子は、体育教室に通っています。跳び箱や縄跳び、ボール遊びにいろんな種類の運動遊びも行っています。園でも、体育教室があるのですが、園外のお友達と触れ合ってほしいなと思ってはじめました。私の園ではサッカー教室も行っています(^o^)
    ことり先生 保育士
    なによりも、子どもたちのやる気、やりたい気持ち。それに尽きます。

    あとは家族のサポートが必要になってくるものも多いので
    そこはしっかりと考えて。
    メグミ先生 保育士
    体操にプール、サッカーや野球とさがしだしたらきりがないほど習い事ってありますよね。子どもが実際に見てやりたいといった習い事と保護者の皆さんが毎回送り迎えをしたり将来的にも通わせ続けてあげられるものがマッチするとより続けやすく楽しく通えるのかもしれませんね!保護者のかたの負担になりすぎず、子どもたちも楽しく通い続けられる習い事を探してみましょう。
    べこな先生 保育士
    幼稚園の時の課外教室の体操を年少から習っていました。三年生の終わりには通塾の為に辞めてしまったのですが、毎日の柔軟ストレッチが習慣づいていて、とても体がやわらかいです。体がやわらかいとどんなスポーツにも対応しやすいし、何より怪我をしにくくなるように思います。
    かよう先生 保育士
    私自身は、水泳と少しだけでもバレエを習っていました。
    バレエは誘われて入ったのですが、身体が固くて上手くうごけずあまり好きではなかったですね。
    水泳は、私には合っていたようで検定に合格して上の級に上がっていったり、タイムが縮まったり、大会で良い結果が出るのが嬉しくて大好きでした。
    興味や楽しいと感じることが大事かなと思います。
    ぽんた先生 保育士
    3ヶ月コースのスイミングに通わせたことがあります。兄と妹で、同じ時間帯に通えるものが、市であり、応募しました。週1だけ、まあ、水になれることを目標に。。。習い事の体験みたいな感じで。下の子は、3歳で、水遊びみたいのをそのときは楽しんでいましたが、小4のいまだに、顔を水につけるのが苦手です(^^;)
    あー先生 保育士
    幼少期からの習い事は親が決めるので体操などもいいですよね!レッスン料などもそんなにかからないところもあると思うので家計の予算や親の時間にあわせて選びたいですよね!
    まい先生 保育士
    色んな習い事が今ありますよね。
    スイミングは体も鍛えられますしいいと思います。
    ただ、公園でかけっこそんな事でもいいと思います

習い事の関連記事

カテゴリ一覧