子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月13日

人気の習い事、ピアノ。習わせる年齢や月謝に関する疑問を一挙解決

人気の習い事、ピアノ。習わせる年齢や月謝に関する疑問を一挙解決

習い事として定番となっているピアノ。子どもにピアノ教室へ通わせたい場合、いつから始めたらよいか、月謝はおよそいくらぐらいなのか、などいくつかの疑問点がわいてくるでしょう。子どもにピアノを習わせようと考えているママへ向けて、ピアノ教室に関する内容や体験談をご紹介します。これを参考に、ピアノとの関わり方を考えてみましょう。

ピアノは何歳から始めるのがおすすめ

鍵盤を押せるかが目安

幼い子どもの手はまだ小さいため、早期教育としてピアノを習いだしても、すぐに弾けるようになるわけではありません。ピアノの鍵盤は意外と重さがあるため、上手に音を出すにはある程度の手の大きさと練習が必要です。そのため、ピアノの鍵盤が押せるかどうかは、ピアノを始める時期を検討するときにひとつの目安になるといわれています。

興味があれば早いうちから

そうはいっても、将来ピアノが弾けるようになるために、幼い子どもでもピアノ教室でできることはあります。ピアノの前に座って「さぁ弾きなさい」と正面から向き合うというよりも、ピアノという楽器についてワークを使って鍵盤名や位置をひとつずつ覚えていったり、音名を習得していったりすることから始めていくケースが多いようです。

色塗りをしたり音名を書いたりしていくうちに、スムーズにピアノや音楽に慣れていくことができるようになるものだといわれています。歌ったりリズムを叩いたりすることも、将来ピアノを弾くために大いに役立つでしょう。

ピアノを習わせるメリット

歌う女の子

音感が良くなる

ピアノを子どもに習わせていると、自然と音感が身についていきます。耳に入ってくる音が、次第に身体に馴染んでいくからです。音感があると、自分の思うように歌が歌えたり、曲の前半だけでも楽譜を見ずに弾けたりするようになるといわれています。

音楽に対してより興味が出たり、もっと楽しめる方法がないか自分で探したりできるでしょう。

集中力が高まる

将来、子どものピアノの腕が上達していくためには、レッスン以外で自宅練習をすることが必要です。楽譜と向き合い、できるようになるまでひたすら練習しなければ、満足できるレベルになりません。そのため、ピアノ練習に対して積極的に取り組めば取り組むほど、子どもの集中力がおのずと培われます。

ピアノで養った集中力は、ピアノ以外の勉強やスポーツなどで本領を発揮するといわれています。子どもの日々の生活において、その集中力を多方面で役立てていけるでしょう。

楽譜が読めるようになる

楽譜は、音楽を奏でるために記号や音符をたくさん使い、細かな指示が書き込まれたものです。楽譜をしっかり読み込むことで作曲家の意図を知ることができ、素敵な音楽を創り出すことができます。楽譜上に登場する数多くのサインが読めるようになると、音楽の楽しさに子どもも気付くことができるといわれています。

小学校以上の音楽の授業に対する理解力もぐんとあがり、クラスでも活躍できる場が増えていくでしょう。

ピアノを習わせるのにいくら必要か

毎月のレッスン代の相場

ピアノのレッスン代は、子どもが通う教室によって異なります。設定されたレッスン時間が同じでも、講師の考え方や経歴により値段が違うケースも多いです。そのため、ピアノ教室を選ぶ前に各教室のレッスン代をしっかりとリサーチしておくと、ピアノ教室のレッスンに対する姿勢がどのようなものかを見極めるのに、参考になるでしょう。

幼児のピアノレッスン代の相場はおよそ1カ月あたり6,000~8,000円で、成長するにつれてカリキュラムやレッスン時間も変化していくため、レッスン代は徐々に上がっていくといわれています。その他に、教材費も必要なケースもあります。

自宅練習用のピアノの値段

幼児からピアノを習い始め、引き続きピアノを続けていくのであれば、レッスンでの効果をより上げるために自宅練習が必要になります。レッスンにおいて子どもがよい状態で曲を披露できれば、講師からよりレベルの高い指導を受けられるからです。そのため、子どものピアノに対する姿勢に合わせて、ピアノを用意してあげるとよいでしょう。アップライトピアノ、グランドピアノ、電子ピアノなどさまざまな種類がありますが、値段、音色、大きさが全て異なります。おおよその値段は、アップライトピアノは80万円前後、グランドピアノは100万円から、電子ピアノは15万円程度からが相場でしょう。

中古ピアノを探すのもひとつの手段といえます。住宅の環境や予算などの制約も検討しつつ、子どもと相談しながらピアノ選びをしましょう。

ピアノを習わせた人の体験談

音楽大好きな子どもに

3歳でピアノを習い事として始め、音楽を身近に感じながら生活できたためか、娘は大の音楽好きになりました。絶対音感があるため、1度聴いた曲は再現することができ、周りの友人も驚くそうです。今でも、音楽が好きだと生活が豊かになると言っています。

練習嫌いの子どもとバトル

息子は4歳からピアノを始め、小学生になると次第にお友だちと遊ぶことの方が楽しくなり、練習をしなくなりました。母として続けてほしいという思いをぐっとこらえ、何も言わないことにしたら、月謝がもったいないと思ったのか最低限の練習はするように。

見守る強さを、親も試されたような気がします。

親子で成長する機会に

親子の会話

ピアノを習うことで、子どもが得られるメリットは多くあるでしょう。しかし、子どもが好きになるかどうかは、試してみないことにはわかりません。いざ習い事として教室に通うようになると、主役である子どもをそばであたたかく見守る姿勢が親にも求められるでしょう。

親子でいっしょに、ピアノと音楽を楽しめる機会を見つけてみてはいかがでしょうか。

習い事の関連記事
  • 習い事は4歳からスタート!始めるメリットとおすすめの習い事

    習い事は4歳からスタート!始めるメリットとおすすめの習い事

    4歳になると、会話も上達して、人とのコミュニケーションが上手に取れるようになる年齢といわれています。もうそろそろ習い事をさせようかな、と考えているママも多いでしょう。そこで今回は、4歳から始める習い事について詳しく紹介していきます。同じ悩みを持つママの体験談もあわせてご紹介するので、是非参考にしてみてください。

  • 3歳から習い事を始めるメリットとは?選び方のコツとママの体験談を紹介

    3歳から習い事を始めるメリットとは?選び方のコツとママの体験談を紹介

    動きが活発で、上手なおしゃべりもできてくるのが3歳児だといわれています。イヤイヤ期の2歳を過ぎて、だんだんと感情のコントロールができてくる時期でしょう。今回は、3歳の子どもに習い事をさせるメリットや、おすすめの習い事を体験談を交えてご紹介します。

  • メリットがたくさん!人気の習い事「水泳」は早いうちから始めるのがおすすめ

    メリットがたくさん!人気の習い事「水泳」は早いうちから始めるのがおすすめ

    子どもの習い事で人気があるもののひとつに、水泳があります。子どもに水泳を習わせたいけれど、いつからはじめたらよいのか悩んでいるママは多いと言われています。水を怖がる子どもも多いので、どうやって子どもに興味をもたせるのか迷ってしまうケースもあるでしょう。そこで今回は、同じ悩みを持つママの体験談とともに、水泳を習わせるベストなタイミングとメリットをご紹介します。

  • 子どもに人気の音楽系習い事。歌やバイオリン、ピアノの月謝や購入費用を調査

    子どもに人気の音楽系習い事。歌やバイオリン、ピアノの月謝や購入費用を調査

    歌が上手になる、楽器が弾けるようになる子どもの音楽系習い事、実際にどのくらいの費用がかかるのか知っていますか?歌やピアノ、バイオリンなど習わせてあげたいけれど、費用がわからずなかなか手が出せないとお困りのママのために、個人、グループレッスンで変わる月謝や楽器購入時にかかる費用など調査しました。

  • 体を鍛える習い事「空手」は何歳から始める?教室の選び方や習わせるメリット

    体を鍛える習い事「空手」は何歳から始める?教室の選び方や習わせるメリット

    子ども習い事にもたくさんの種類がありますが、最近は体を鍛えながら、さらに礼儀作法を身につけることができる「空手」を習わせたいというママが増えているといわれています。男の子はもちろん、護身術として女の子の習い事としても浸透してきているようです。何歳から習わせるのがベストなのか、先輩ママの体験談とあわせてご紹介します。

  • 自我が芽生え始める2歳児の習い事。種類やメリット・デメリットを紹介

    自我が芽生え始める2歳児の習い事。種類やメリット・デメリットを紹介

    「自分でやりたい」という気持ちが、だんだんと強く出始めるのが2歳児といわれています。1歳のころに比べ体力もついてくるので、活発に動き回る時間が増えてきます。できることもどんどん増える2歳児は、習い事を始めるのにぴったりといえるでしょう。どんな習い事を始めればいいのかわからないというママたちにもわかりやすく、2歳児が通える習い事についてご紹介します。

カテゴリ一覧