出産のときのヘアスタイル。美容院のタイミングや意識したこと

出産のときのヘアスタイル。美容院のタイミングや意識したこと

ショート、ボブ、ロングそれぞれを選んだ理由など

出産のときのヘアスタイルについて、ショートやボブ、ロングなど他のママたちが選んだ理由や上手な前髪のアレンジ方法などが気になる方もいるかもしれません。 今回は、出産時のヘアスタイルについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

出産時のヘアスタイルはどうする?

出産時のママと新生児
Natalia Deriabina/Shutterstock.com

出産時のヘアスタイルについて、これから出産を控えているママたちに話を聞いてみました。

20代ママ
出産前に、髪を切りに美容院へ行くタイミングが気になります。他のママたちが出産前に行った時期や、美容院で気をつけたことなどが知りたいです。
30代ママ
出産に向けてどのようなヘアスタイルがよいか悩んでいます。他のママたちの出産時のヘアスタイルを参考にしたいです。
出産時のヘアスタイルについて、産後いつ頃美容院に行けるのかわからないので行くタイミングやヘアオーダーで気をつけることなどが気になるようです。また、どのようなヘアスタイルにしようか悩んでいるというママの声も聞かれました。 出産を控えているママたちに、ヘアスタイルについて聞いてみました。  

出産前に美容院へ行ったタイミング

出産前に美容院へ行ったタイミングについてママたちに聞いてみました。

臨月より前

20代ママ
体の負担を考えて、臨月に入る前に美容院に行きました。出産までまだ期間もあるので、髪は短めに切ってもらいカラーは普段より暗めにしてもらいました。
臨月に入る前に美容院に行き、次に行くまでに空く期間を考えて長さやカラーをオーダーしたママがいました。また、妊娠初期の悪阻がひどく妊娠後期までの見通しが立たなかったので、体調のよい時期を見計らって美容院に行ったというママの声も聞かれました。

臨月に入った後

30代ママ
もともとショートヘアですが、伸びすぎてしまうと髪型がまとまりにくくなると思ったので、なるべく出産ギリギリのタイミングで切りたいと考えました。里帰り出産だったので、実家近くの美容院を調べて行きました。 予約の際に妊婦ということを伝えると、スタッフの方も声をかけてくださりシャンプー台の体勢も配慮してもらえました。
産後はなかなか美容院へ行けないかもしれないと考え、臨月に入ってから美容院へ行ったというママもいるようです。美容院が配慮してくれて座りっぱなしにならないように、カットとカラーの間で少し外を歩かせてもらったというママの声も聞かれました。

出産時のヘアスタイル

出産時のヘアスタイルについてママたちに聞いてみました。

ショートヘア

20代ママ
ずっと長かった髪をばっさりカットしてもらい、ショートヘアにしました。出産前は、ヘアセットも新鮮で楽しむことができ、入院中もとにかくお手入れが簡単だったのでショートヘアにしてよかったです。
30代ママ
赤ちゃんのお世話をするときに、髪の毛が短い方が楽だと思いショートヘアにしました。授乳やオムツ替えのときに下を向いても髪が顔にかかることがなく気になりませんでした。
出産時のヘアスタイルにショートヘアを選んだママがいました。産後も、洗ったり乾かしたりが時短になり助かったと感じるママもいるようです。 

ボブスタイル

30代ママ
私にはボブスタイルがあっているようで、時間がかからずヘアセットができます。妊娠前からボブなので、慣れたヘアスタイルのまま出産も迎えました。
30代ママ
出産前の美容院で、ボブスタイルにしてもらい、乾かすだけで毛先が内巻きになるようにパーマをかけました。出産時も髪が気にならず、産後もお手入れが楽でした。
入院中は髪のお手入れに時間がかけられない場合も考えて、セットしやすく慣れた髪型を選ぶのもよいかもしれませんね。出産前にボブヘアにしてストレートパーマをかけたところ、くせが落ち着き扱いやすくなったというママの声も聞かれました。 

ロングヘア

20代ママ
産後は美容院にしばらく行けないと思ったので、長すぎないミディアムロング程度がちょうどよいかなと思いました。前髪をねじってピンで留める簡単なアレンジをして顔周りをすっきりさせて出産に臨みました。
30代ママ
産後のお宮参りなどセレモニーのことも考え、ロングヘアのままにしました。赤ちゃんのお世話をするときもヘアゴムでまとめるだけなので、扱いやすく感じました。
ロングヘアのママからは、前髪アレンジやポニーテールなどお世話しやすいヘアスタイルの工夫も聞くことができました。美容院にこまめに通わなくてもスタイルが崩れにくいので、ロングヘアが楽だと感じる方もいるようです。

出産時や入院中のヘアスタイルで意識したこと

ポニーテールするママ
metamorworks/Shutterstock.com

出産時や入院中のヘアスタイルで意識したことをママたちに聞いてみました。

赤ちゃんのお世話のしやすさ

20代ママ
出産時は髪が邪魔にならないように、産後は赤ちゃんのお世話がしやすいように1つに結んでいることが多かったです。結べる長さはアレンジも簡単なので、急な面会のときでも手早く身支度ができました。
出産時や入院中のヘアスタイルについて、赤ちゃんのお世話のしやすさを意識して決める方もいるのではないでしょうか。ショートボブがお世話しやすかった、ロングだとまとめられるといったさまざまなママたちの声が聞かれたので、自分にあったお世話のしやすいヘアスタイルを見つけられるとよいかもしれませんね。 

清潔感

40代ママ
入院中は、ヘアアイロンなどの熱製品が使えなかったので清潔感のある見た目になるよう1つにまとめて前髪もカチューシャなどであげてすっきりさせていました。出産準備品にヘアゴムやカチューシャを準備しておいてよかったです。
入院中は、ヘアスタイルの清潔感を意識したママがいました。他にも、拭くだけで寝癖直しができる市販のウェットペーパーを準備しておいたというママの声も聞かれました。 出産準備でお手入れやセットが手軽にできるアイテムを用意しておくと、清潔感あるスタイリングもしやすくなるかもしれません。

出産に向けてヘアスタイルを考えよう

ベッドに座るロングヘアーの妊婦
aslysun/Shutterstock.com
出産前の美容院へ行くタイミングは、ママの体調や妊娠時期にあわせて予定を立てるなどさまざまなようです。出産時のヘアスタイルでは、ショートやボブ、ロングそれぞれの魅力を聞くことができました。

前髪のアレンジは髪の長さを問わず、取り入れやすいかもしれません。赤ちゃんのお世話のしやすさや清潔感などを意識して、自分にあった出産時のヘアスタイルを見つけられるとよいですね。

2020年03月16日

準備の関連記事

カテゴリ一覧