出産の心構えとは?出産前後のパパやママにできること

出産の心構えとは?出産前後のパパやママにできること

パパやママに聞いた出産前の心構え

出産をするにあたり、そろそろ心構えしなくてはと考えているパパやママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ママが感じた出産前の気持ちを踏まえ、夫婦でした出産前の心構えや、産後パパにしてもらえて嬉しかったことなど体験談を交えて紹介します。

出産前のママはどのような気持ち?

お腹が大きくなり出産が間近に感じられるようになってきたママは、日々どのようなことを感じているのでしょう。出産前のママはどのような気持ちだったのか聞いてみました。

30代ママ
これから起こることへの見通しが立たずに日に日に不安が増しました。

いつ陣痛が来るのかや、出産にはどのくらい時間がかかるのかなど、考えだしたらきりがなかったです。
20代ママ
友人に噂通り鼻からスイカが出るほど痛かったと聞き、どれほど痛いのか想像ができず怖かったです。痛みに対しての恐怖が大きく、毎日夫に怖いと話していました。
出産を控えたママたちは、体験したことのないことへの不安や恐怖を感じることもあるようです。もう少しで赤ちゃんに会える楽しみもあったものの、圧倒的に不安の方が勝っていたという声もありました。

不安や恐怖を感じているママとその感情をどうにかできないかと考えるパパが、出産の心構えをするにはどうしたらよいのでしょうか。

出産前の心構えとしてパパがしたこと

赤ちゃんが産まれてくるにあたり、パパ自身も不安を抱くことがあるかもしれません。出産前に心構えとしてパパがしたことは何かを聞いてみました。

妊婦健診や両親学級に行く

妊婦
Africa Studio/Shutterstock.com
30代パパ
妊婦健診や両親学級に積極的に行き、出産までの流れを頭に入れておくようにしました。

妊婦健診では妻と赤ちゃんの様子にあったアドバイスをしてもらえたので、心構えができました。
妊婦健診や両親学級にパパもいっしょに行くことで、出産の流れやサポートの仕方を知ることで心構えができそうですね。担当医に予定日より早く産まれるかもしれないと教えてもらえ、心の準備ができたというパパもいました。

産後に必要になる手続きについて考えておく

20代パパ
産まれてから出生届を何日以内に出すのかや、他に必要な手続きは何かなどを調べておきました。すぐ把握できるようリスト化したら赤ちゃんが産まれるという実感が湧いてきて、私の心構えになりました。
産後すぐにママは動けないので、夫であるパパが手続きをすることがあるようですね。事前に把握しておくことで、パパも慌てずに手続きを進められそうです。

ママがして欲しいことを聞いておく

30代パパ
出産前の妻に、夫の私には何ができるかと聞きました。妻はできれば立ち会って欲しいとのことだったので、立ち会えるよう日程を調整しました。

出産前にママがして欲しいことを聞いておくことで、ママといっしょに心構えができそうですね。出産後も変わらずいっしょに家事をして欲しいと伝えたママもいたようです。パパといっしょにしたいことを伝えてみてもよいかもしれませんね。

出産の心構えができるようママがしたこと

出産前には不安や恐怖を感じることもあるかもしれません。前向きに出産に臨めるように、出産の心構えとしてママがしたことは何かを聞いてみました。

さまざまな出産パターンを知っておく

30代ママ
出産の流れを把握できるようにいろいろな人の体験談を聞いたり、インターネットで検索して読んだりしました。

先に破水した場合や、急に逆子になってしまった場合など、起こりうることを想定して、頭の中で対応策を考えました。
さまざまな出産パターンを知っておくことでママの心構えにも繋がり、慌てずに出産に臨めるかもしれませんね。外出先や一人のときに陣痛がきたり破水したときのことを想定して、陣痛タクシーなどの予約をしておいたというママもいました。

パパにして欲しいことを話しあっておく

30代ママ
出産に伴いサポートできることは何かと聞かれ、陣痛で痛むときにマッサージをして欲しいと伝えました。

初めての出産なので、夫に隣でサポートしていて欲しいと思いました。
痛むときはマッサージをして欲しいなど、状況に応じてこうして欲しいと予め話しておくとよいかもしれませんね。夫が隣で手を握ってくれるだけで安心だったというママもいました。

赤ちゃんとの生活をイメージする

赤ちゃん
leungchopan/Shutterstock.com
20代ママ
出産前はよく、産まれてくる赤ちゃんとの生活をイメージしていました。

赤ちゃんをこのベビーベッドに寝かせて、ここでオムツを替えてとわが子との生活を想像すると、出産が心待ちになりました。
赤ちゃんとの生活をイメージすることで、母親としての心構えができそうですね。産後は赤ちゃん中心の生活になることを考え、夫と家事の分担をしたというママもいました。

産後パパにしてもらえたら嬉しいこと

産後はまだママの体調が回復途中だったり、育児に対する不安を抱えていたりするかもしれません。そのようなとき、パパにしてもらえたら嬉しいことは何かを聞いてみました。

ママの話を聞いて労わる

30代ママ
日中は赤ちゃんのお世話が中心の生活で、外出したり誰かと会話したりする機会があまりなかったので、夫にただ「うんうん」と話しを聞いてもらえるだけで嬉しかったです。

最後に「がんばってくれてありがとう」と労わった言葉をかけてくれ、とても嬉しかったです。
誰かと話す機会が取れないママはただ話を聞いてもらえることが嬉しいようです。否定せずに話を聞いてくれて、理解しようとする姿勢に心が救われたというママもいました。パパが気持ちに寄り添うことでママの労りになりそうです。

積極的に育児に参加する

20代ママ
寝不足が続き、心も体も疲れのピークだったとき、夫が寝かしつけを代わってくれました。

赤ちゃんが泣きやむように抱っこの仕方を変えたり、子守唄を歌ったりする姿に「パパありがとう」と思いました。
パパが積極的に育児に参加してくれると、いっしょに育てているという実感が湧きそうですね。産後は2人とも大変な期間でもあったが、お互いの信頼度が増したという声もありました。パパとママと2人でいっしょに育児に参加していけるとよいですね。

パパとママ2人で出産に向けて心構えをしよう

妊婦
iStock.com/Yue_
出産に向けての心構えは出産の流れを把握する他、お互いにして欲しいことを伝えるなどさまざまなものがあるようです。不安を感じることもあるかもしれませんが、夫婦でいっしょに心の準備をすることでお互いの信頼度が高まるかもしれません。

パパとママでいっしょに育児に参加していけるよう、出産前に2人でできることを進められるとよいですね。

2019年09月24日

専門家のコメント
2
    かよう先生 保育士
    出産が近づくと怖かったり、お腹の大きさにリアルさをより感じたりしそうなので、流れを知って備えたいですね。
    まな先生 保育士
    立会い出産を希望していたので、当日のお産の流れを一緒に勉強しました。何も把握していないと、立会いをしても何をしたらよいのかわからなくなり、動けないパパもいるかと思います。 いきみ逃しの時に腰やお尻を押す、手元にストローを付けた飲み物を置いておき、こまめにママに飲ませてあげる、うまく呼吸ができていない時に、ゆっくり吐くよう声をかける、など細かいことまでサポートしてくれたので、一緒に勉強してよかったと思えました。

準備の関連記事

カテゴリ一覧