出産祝いのプレゼントの相場やNGマナー。女の子や男の子の赤ちゃんへのプレゼント

出産祝いのプレゼントの相場やNGマナー。女の子や男の子の赤ちゃんへのプレゼント

出産祝いのプレゼントの相場やNGマナーなどが気になるママもいるようです。今回は、男の子や女の子へのプレゼントの体験談を交えながら、出産祝いに関するマナーをご紹介します。

出産祝いのプレゼントを渡したい

出産祝いのマナー
i Stock.com/IvanJekic

友だちや親戚、会社の同僚などに赤ちゃんが産まれたら、出産祝いを贈る機会があるかもしれません。相手によってプレゼントの相場は変わってくるのか、渡すタイミングや渡し方などにNGマナーがあるのかなど、出産祝いのマナーを見てみましょう。

出産祝いのプレゼントの相場

出産祝いを渡す相手別にプレゼントの相場をご紹介します。

友だち

出産祝いを渡す相手が友だちの場合、相場は5000円程度が一般的なようです。相手の子どもが何番目に産まれた子どもなのかによって、プレゼントにするか現金にするかを決めるというママもいるようです。

同僚

相手が会社の同僚である場合、一般的には3000~5000円が程度の金額が相場のようです。会社で他にも出産祝いを渡すことを検討している人がいれば、事前に相談して値段を合わせてもよいかもしれません。また、同じ部署の同僚たちで合わせてプレゼントを贈る場合もあるようです。

親戚

相手が親戚である場合は、5000~10000円以上であることが多いようです。兄弟なら、数万円渡すこともあるかもしれません。ベビーカーや抱っこ紐、ハイチェアなど少し高額な育児グッズで気になるブランドのものを事前に確認したり、いっしょに選びに行ったりしてプレゼントするというママもいるようです。

出産祝いのプレゼントの注意点

出産祝いのプレゼントを渡すときのマナーにはどのようなものがあるのか見てみましょう。

贈るタイミングや渡し方

一般的には、出産祝いを贈るタイミングは産後1週間~1カ月までといわれています。妊娠の報告を受けたからと言っても出産前に出産祝いを贈ることはNGとされ、産後母子の様子を確認してから渡すようにすることがマナーのようです。また、出産直後はママの体調回復を最優先にするために入院中の訪問は避け、退院後自宅で落ち着いてきた頃に渡す場合が多いようです。

金額が妥当かどうか

出産祝いを贈る相手との関係によって金額の相場は異なるようです。多すぎても少なすぎてもNGマナーになることがあるので、身内や友だち、会社の同僚など、相手との関係に合った金額の中でお祝いを準備するとよいかもしれません。

メッセージのNGワード

出産祝いを贈るとき、メッセージカードを添えるというママもいるようです。「きる」「なくなる」「たえる」などは縁起が悪いとされるNGワードだといわれているようです。また、男の子や女の子という性別に関するメッセージは避けたほうがよいかもしれません。

出産祝いのプレゼント例

iStock.com/Martina_L

出産祝いのプレゼントにはどのようなものがあるのか例を見てみましょう。

赤ちゃんのもの

赤ちゃんが女の子か男の子かによってプレゼントの内容や色、柄などの雰囲気などが変わってくるかもしれません。女の子でも男の子でも使えるようなシンプルなデザインのものなら、長く使ってもらえるかもしれませんね。

ママのもの

出産を終えたママに、お疲れさまの気持ちを込めてママが使えるものを出産祝いに贈る人もいるようです。ママも使うことができるオーガニックのスキンケアやノンカフェインの飲み物、ママがリラックスして着られる服などがあるようです。

もらってうれしかった出産祝いの体験談

実際に出産祝いでもらって嬉しかったプレゼントに関するママたちの体験談をご紹介します。

ベビー服

「ふわふわのフリルがついたヘアバンドとカバーオール、靴下、スタイ、とトータルコーディネートされたベビー服を親戚からいただきました。お宮参りのときの記念撮影や来客があるときに着させることができました」(30代/3歳女の子のママ)

オーガニックのスキンケアグッズ

「友だちからの出産祝いで、ママも赤ちゃんも使えるような肌に優しいスキンケアグッズをもらいました。ほんのりアロマの香りがして、お風呂上りが楽しみになりました」(20代/1歳男の子のママ)

出産祝いのプレゼントにおめでとうの気持ちを込めて

iStock.com/Satoshi-K

出産祝いは赤ちゃんが女の子か男の子かによって選ぶものが変わってくるかもしれません。相場やNGワードなどのマナーに気をつけながら、赤ちゃんが誕生した喜びを伝えられるようなプレゼントを贈りたいですね。

2018年07月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

出産祝いの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ