【調査】働くママ・パパは選択的週休3日制をどう捉えるか

【調査】働くママ・パパは選択的週休3日制をどう捉えるか

政府が「選択的週休3日制」導入の検討を始め、各メディアでも取り上げられ話題になっている。アルバイト、正社員、管理職などさまざまな立場で働くママ・パパに話を聞いた。

「選択的週休3日制」に対する国民の反応

政府が「選択的週休3日制」導入の提言をまとめたとし、SNS上でも好意的な意見や批判的な意見などがさまざま飛び交っている。

好意的な意見としては、
・しっかり休息を取ることでリフレッシュされ、仕事の生産性も上がりそう
・副業をしてみたいが時間がなかったので、休みが増えたら始めてみたい
・多様な働き方を推進することにつながる

逆に批判的な意見としては、
・サービス業なので休みが増えたら、職場は回らない
・出社日には勤務時間が長くなると思うので、過労にならないか心配
・その分給料が減るのでは生活が厳しくなる

などがあった。

働くママ・パパはどう捉えるのか

週休3日制に対して感じることは人それぞれで、会社での立場、家庭の事情、子育ての状況などによっても違うだろう。

そこでKIDSNAでは、正社員で働くママ、アルバイトで働くママ、管理職として働くパパ、会社役員として働くママの4名に話を聞いた。

正社員で働くママの声

3人の子どもを育てながら正社員で働く30代の女性は、給与面への懸念を上げつつ、子育てや自分の時間への投資に期待の声をあげた。

30代ママ(正社員)
もし週休3日になっても給料が今と変わらない制度なのであれば、使いたいと思います。勉強や運動など自分への投資や、子どもとゆっくり会話をする時間にあてたいですね。

また、子どもの夏休みや春休みなど長期休暇の時に週休3日制度を使えたらとても便利だと思います。勉強を見てあげたり、習い事の送迎もできるようになりますね。

週休3日制に限らず、フレックス制やテレワークなど働き方の多様化が日本全体でもっと浸透することを願います。

アルバイトで働くママの声

アルバイトとして働く30代のママは、勤務時間のハードルを超えられるかが不安だと語った。

30代ママ(アルバイト)
私が勤める会社では正社員の方が遅くまで残業をしているようなので、家事・育児とのバランスを考えて今はアルバイトとしての働き方を選択しています。

週3日勤務で正社員という会社があるようで、もし私の会社でも選択できるのなら選びたいです。ただ、一日あたりの勤務時間が長くなると思いますので、保育園のお迎えについては家族と相談して調整する必要がありますね……。

とはいえ、給与が控除されるとしても「正社員」の保証は厚いと思うので、国策として働き方の多様性を掲げているのはとてもありがたいです!

管理職として働くパパの声

マネージャー職としてチームの部下を抱える30代の男性には、「週休3日制」における部下の労働時間や仕事量の課題について話を聞いた。

30代パパ(管理職)
もし週休3日制が導入され自分の部下が希望をしたら、と考えると難しい問題ですよね……。週休2日の人が週休3日の人の労働力をカバーしないといけなくなりますから。会社全体の目標水準を変更してみんなが合意して、はじめて制度として機能するのではないでしょうか。

自分が週休3日制を使うとしたら、帰省する機会を増やしたいです。両親には、子どもが小さいうちにたくさん会わせてあげたいなと思うので。

会社役員として働くママの声

経営側の会社役員の意見はどうだろう。2児の子どもを育てる会社役員の女性には、経営側からの意見と、ひとりのママとしての考えを聞いた。

30代ママ(会社役員)
私が人事責任者として働く会社では、一部の職種・役職に限り週休3日制が既に取り入れられています。
社員の満足度の向上などのメリットもありますが、パフォーマンスの低下もやはり否めません。
対象範囲を広げるとしたら育児や介護など事情があってどうしても4日しか働けない方などでしょうか……今は全社的な導入の検討はしていません。

私個人としても、子どもは平日に保育園に行っているので、休みが増えたからといって子育ての負担が変わるわけではない気がしています。

仕事としても責任のある立場ですし、全体の仕事量が変わるわけではないので、1日休みが増えることへのメリットがあまり感じられません。

国として働き方の多様化を推進することに対しては好意的な意見が多いものの、制度として導入することは簡単ではないと感じている人が多いのではないだろうか。
さまざまな立場で働く人が、より働きやすい環境になることを期待したい。

<執筆>KIDSNA編集部

2021年04月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

制度・手続きの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ