00:00
00:00

レンジで簡単!ほうれん草としらすのおかゆ

離乳食 中期 7~8ヶ月頃

離乳食中期になり、赤ちゃんが食べられるおかゆのレパートリーも増えてきたかもしれません。ダシで炊いたり野菜や魚を入れたりと、おかゆは工夫しやすいレシピの1つでしょう。今回は、ほうれん草としらすのおかゆのレシピをご紹介します。

◆材料(一食分)

作り方

  1. ほうれん草をラップで包み500wのレンジで約10秒間加熱する。
  2. ほうれん草を冷水につけアク抜きをする。
  3. キッチンペーパーなどで水気を切り、こまかく刻む
  4. しらすに熱湯をかけて塩抜きする。
  5. 塩抜きしたしらすをこまかく刻む。
  6. おかゆにほうれん草、しらすを混ぜたら完成。

コツ・ポイント

「赤ちゃんが離乳食に食べむらがある」「食が細くて栄養が足りているのか心配」と悩んでいるママもいるかもしれません。離乳食は主菜、副菜と何品かで構成し、栄養バランス良く食べられるのが理想ですが、はじめのうちはおかゆに野菜やタンパク質が含まれる食材を混ぜたりして、1品で栄養が取れるようなメニューを作ると良いでしょう。

ほうれん草としらすのおかゆで手軽においしく栄養をとりましょう。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年12月19日

専門家のコメント
12
    まあ先生 保育士
    離乳食でおかゆを食べているなかで、レパートリーを増やせると、子どもも飽きずに食べられますよ
    のの先生 保育士
    どれも栄養価の高い食材ですね。おかゆに混ぜることで食の進みが良くなる子もいるので試してみた
    とまと先生 保育士
    ほうれん草の味や食感が苦手な赤ちゃんも、お粥に混ぜると食べやすそうですね。しらすとの相性も
    ゆきな先生 保育士
    おかゆのレパートリーが増えてる嬉しいです!しらすは私もよく使います!すりつぶしてあげると苦
    いちぽ先生 保育士
    離乳食中期はおかゆに食べられるようになった野菜をよく入れていました。
    しらすとほうれん草が
    りり先生 保育士
    お粥の中に混ぜて作るのは一品作る手間も省けますし、緑の色はきれいですよね!おかゆに混ぜると
コメントをもっと見る

離乳食 中期のレシピ動画

離乳食 中期の関連記事

カテゴリ一覧