妊娠中の上の子との過ごし方。抱っこ紐の使い方やおんぶの仕方

妊娠中の上の子との過ごし方。抱っこ紐の使い方やおんぶの仕方

お風呂に入るときなどのママたちの工夫

妊娠中の上の子との過ごし方が気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、抱っこ紐を使うなどの妊娠中の抱っこやおんぶの仕方と、お風呂で話をするといった上の子と関わるときの工夫、入院するときの上の子の生活など妊娠中に意識したことを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

妊娠中の上の子との関わり方で気になること

二人目を妊娠すると上の子との関わり方が気になるママもいるのではないでしょうか。妊娠中のママたちに悩みを聞いてみました。

30代ママ
上の子といっしょに赤ちゃんの誕生を待つために、どのような過ごし方をするとよいかが気になります。上の子が寂しい気持ちにならないような工夫を知りたいです。
20代ママ
妊娠中も上の子が抱っこをせがむので、抱っこやおんぶをどのようにするとよいか知りたいと思います。抱っこ紐を使うことができるのかも気になります。
妊娠中に上の子に寂しい思いをさせない工夫を知りたいというママや、上の子を抱っこ紐で抱っこすることができるのか気になるというママがいました。二人目を妊娠してからも変わらずに接することができると、上の子も安心するかもしれません。

妊娠中の抱っこやおんぶの仕方

妊娠中に上の子から抱っこやおんぶをせがまれたとき、どのように対応するとよいのでしょう。ママたちに抱っこやおんぶの仕方を聞いてみました。

抱っこ紐を使う

40代ママ
二人目を妊娠してお腹が大きくなるまでは、普段使っている抱っこ紐で上の子を抱っこしていました。お腹が大きくなり始めた頃には腰ベルトのないリュックタイプの抱っこ紐に替えたところ、お腹を締めつける心配をせずに抱っこできてよかったと思います。
妊娠中、上の子を抱っこするときに抱っこ紐を利用したママがいました。赤ちゃんの頃から使っている抱っこ紐に腰ベルトがついている場合は、お腹に負担がかからないタイプの抱っこ紐に替えるとよいかもしれません。

座っておんぶをする

30代ママ
妊娠中に上の子におんぶをせがまれたときは、座ったままでおんぶをしていました。お腹が大きくなってバランスをとることが難しくなってからは、座っておんぶすることで安心してスキンシップを楽しむことができると思います。
二人目を妊娠してお腹が大きくなってからは、座った状態で上の子をおんぶするとよいかもしれません。背中に子どものぬくもりを感じることで、愛しさが増したというママの声もありました。

短時間しっかり抱っこをする

アジア人 ママ
arek_malang/Shutterstock.com
30代ママ
二人目の妊娠中は抱っこ紐で長時間抱っこすることが難しくなったので、抱っこをせがまれたときは抱っこ紐を使わずに数分間だけ抱っこするようにしました。短時間でもしっかり抱っこをすることで、子どもが満足してくれると感じています。
お腹が大きくなって上の子を抱っこすることが難しいと感じたときは、短時間しっかりと抱っこをすることでスキンシップをとることができそうです。ママのなかからは、膝の上で抱っこしながら背中をさすると、子どもがとても嬉しそうに笑ってくれたという声も聞かれました。

妊娠中に上の子と関わるときの工夫

妊娠中はどのように上の子と関わるとよいのでしょう。ママたちに工夫していることを聞いてみました。

赤ちゃんを迎える準備をいっしょに行う

40代ママ
お腹の赤ちゃんが家族に加わる喜びを上の子にも感じてほしいと思い、ベビー用品などの準備を子どもといっしょに行なっています。子どもが「赤ちゃんのおむつ替えもやってあげるね」と言いながら、おむつをストッカーにていねいに収納してくれました。
上の子にも新しい家族を迎える喜びを感じてほしいと考えて、ベビー用品などの準備を親子でいっしょに行なっているママがいました。子どもが赤ちゃんの頃に使っていた哺乳瓶などを洗いながら、赤ちゃんの誕生をいっしょに待つことも楽しそうです。

お風呂の中などで赤ちゃんの話をする

30代ママ
お風呂に入ると大きくなっていくお腹の様子が子どもにもよくわかるので、二人でお腹にさわりながら赤ちゃんの話をしています。お腹のなかの赤ちゃんが動いたときには「早く出ておいで」などとやさしく声をかけていました。
お風呂に入ったときに子どもといっしょに大きなお腹にさわりながら、生まれてくる赤ちゃんの話をするのもよいかもしれません。上の子がお腹のなかにいたときのことを話してあげたら、嬉しそうに何度も聞いてくれたというママの声もありました。

上の子を大切に思っていることを伝える

アジア人 ママ
szefei/Shutterstock.com
40代ママ
二人目を妊娠してからは、上の子を大切に思っていることを機会ある毎に伝えるようにしました。言葉や行動で子どもに伝えることで、妊娠中も上の子が寂しい気持ちにならないのではないかと思います。
ママがお腹の赤ちゃん以上に上の子を大切にしているということを伝えると、子どもの不安も小さくなりそうです。ママのなかには「かわいいね」「いい子だね」と子どもが喜んでくれそうな言葉を、たくさん使って話しかけるようにしているという声もありました。

妊娠中にママたちが意識したこと

二人目を妊娠中にママたちはどのようなことを意識したのでしょう。心がけたことや気をつけたことを聞いてみました。

入院中の上の子の過ごし方を考える

20代ママ
二人目を出産するときには1週間前後の入院になるので、妊娠中から私が入院している間の上の子の過ごし方を考えておきました。子どもの食事や一日のスケジュールについて、私がいなくても困ることのないようにしたいと思いました。
出産のために入院している間の上の子の過ごし方を、事前に細かく計画しておくとよいかもしれません。入院中は子どもの不安も大きくなるかもしれないので、寂しさを感じさせないようにイラストつきの手紙を用意したというママの声もありました。

家事や育児をパパに任せる

30代ママ
二人目を出産すると今までの生活と変わることもあると思い、夫ができることは妊娠中から夫に任せようと意識しました。入院が近づいてからは、上の子のお世話や食事作り、掃除や洗濯なども夫にお願いしたところ、上の子と協力しながら手際よくこなしてくれました。
二人目を出産するときには、パパの協力がいっそう大切になるようです。子育ても家事もパパに任せることで上の子とパパとのコミュニケーションにもなり、家族の絆がいっそう深まるかもしれません。

妊娠中の上の子との過ごし方を工夫しよう

アジア人 ママ
Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠中に子どもに抱っこやおんぶをせがまれたときに、リュックタイプの抱っこ紐を利用しているママがいました。出産のための入院について考えるときには、育児や家事をパパに任せてみるのもよいかもしれません。

二人目の妊娠中にはお風呂で赤ちゃんのことを話すなど、上の子との過ごし方を工夫できるとよいですね。

2019年12月13日

専門家のコメント
13
    せおみ先生 保育士
    妊娠中は自分の体が思うように動かなかったり、イライラする事も多々ありますよね。
    上の子も小さい年齢だと甘えたいし…ママはいっぱいいっぱいになってしまいますよね。
    ママがストレスがないように、無理せず関われるといいのかなと。思いました。ママがストレスを溜めてしまう事で家庭がどんよりしちゃいますからね!
    子どもにママの事情を説明して、座って抱っこしたり、家事など手伝ってもらえる事は協力してもらったりしていました。子どもの年齢や、性格にもよりますが一緒にお腹の中の赤ちゃんの為にという気持ちで、出産の準備をしたり、人形で産まれてからの沐浴の練習、泣いた時は…こうしよう。
    と、遊びながら楽しんでいました。名前も一緒に考えてくれました。
    産まれてから、お人形での練習成果を発揮してくれていましたよ。
    めるちゃん先生 保育士
    妊娠中は、上の子を抱っこする時は、お腹に負担がかからないよう座って抱っこするようにしてました。ただ上の子と下の子の年齢差によっては、妊娠中でも上の子を頻繁に抱っこしなければならない場面が多い時もあると思いますので、その時は無理はしないよう気をつけて下さい。
    のの先生 保育士
    妊娠中の上の子問題、体力的に辛い時もありますよね。特におんぶ、抱っこは体力的にもお腹的にもきつい時がありますよね。また、切迫気味の方は控えるように言われることもあります。

    出来る時は無理のない程度にしてあげるといいと思います。辛い時は座った状態で抱っこまたは、膝の上に乗せてあげるといいと思います。
    ゆか先生 保育士
    第二子を出産するときは、祖母のところで上の子を見てもらう予定だったので、たまに私も一緒に泊まりにいったりして、慣らしていました。出産、産後の入院期間中は上の子は1週間近く、祖母の家で過ごしてくれていましたが、慣れていたこともあり、嫌がることなく過ごしてくれていました。
    ゆか先生 保育士
    二人目の時は里帰り出産でした。
    そのため上の子に構ってくれる人がたくさんいたのでとても助かりました😃

    私自身は上の子と一緒に手を繋いで歌を歌いながら近場を散歩したり、家にいるときは二人でお腹を撫でながら胎児名を呼んで話しかけたりしていました。

    だっこやおんぶはほとんどしなかったです。
    その代わり長座して膝の上にのせたり、またの間に座らせたりしていました。体の触れ合いをたくさんしていました😃

    生まれてきたら忙しすぎてゆっくり関わることができなくなってしまうので二人の時間を楽しみました🎵
    いちぽ先生 保育士
    まだ1人目なので想像にはなってしまうのですが、歳が離れていたら話をすれば理解してくれると思うので、だっこは短時間にしたり、いろいろ協力してもらうと思います。
    でも我慢させすぎないようにコミュニケーションはできる形で最大限にするようにしてあげたいかな。
    なこ先生 保育士
    お腹が大きくなると抱っこ紐も使いにくくなりますよね。
    上の子としっかりコミュニケーションを取って、あまり抱っこが出来ないことを伝えてみてもお兄ちゃん心理が芽生えるかもしれませんよ。
    もちろん産後は1番に優先して抱っこしますけどね!
    いちご先生 保育士
    年子だった為、下の子を妊娠中にも上の子の抱っこは必須でした。保護者の方の話でもよく聞くのですが、妊娠中のお腹が上の子の椅子がわりになっていました(笑)
    もちろんお腹は張るので、休み休み、座りながらと無理をせずにやり過ごしていました。
    わか先生 保育士
    1歳10ヶ月差で知らない間にお兄ちゃんになった長男ですが、2人目妊娠中は手を繋いで散歩したり、絵本をたくさん読んだり、抱っこは座ってしたりして関わりを持つようにしました。妊娠中は身体が疲れるので毎日一緒に昼寝して。無理しない様に、上の子に関われるように過ごしました。…陣痛が来ながらも一緒砂遊びをしていたので、とにかく無理は禁物です😂
    べこな先生 保育士
    子どもとのスキンシップにはこれが正解❗なんてものはないのだと思います。子どもにあなたのことをちゃんと見てるよ。好きだよ。ってことが伝わればいいのではないでしょうか?体が辛くても抱っこしてあげないと、やってあげないと、など頑張りすぎず、辛いときは手を繋いであげる、添い寝してあげるでも子どもに充分伝わると思います。無理をすると必ずどこかでひずみがでて、イライラしたりするのでは?その方が子どもにかわいそうな思いをさせることになるんだと思います。リラックスして、肩の力を抜いて(^-^)妊娠中は赤ちゃんをお腹で育ててるだけでママは頑張ってると思います。
    みぃ先生 保育士
    膝の上に乗せてお話ししたりハグをしたりしていましたが、抱っこひもやおんぶひもは使いませんでした。
    一対一で遊べる貴重な時間を大切に過ごしました。
    ゆきんこ先生 保育士
    上の子の年齢にもよりますが、お腹に赤ちゃんがいるということを理解出来る年齢だったらよくお話してみるといいですね。
    立って抱っこはきつくなってくるかと思いますし、できなそうなことは無理をなさらず、座ってる時にぎゅっと抱きしめてあげたりたくさん頭を撫でてあげたり、とにかく沢山触れて「大好き」だということも言葉で伝えてあげてください✨
    妊娠して心の変化もあり自分自身気持ちの波もあるかと思うので、私はそんな時「充電させてー!」とギューッとさせてもらっていました😊
    きらり先生 保育士
    4歳差でしたが、まだまだ甘えたいお年頃。短時間なら抱っこしてあげたり、座ってギューっとよくしてあげていました。
    赤ちゃんの名前も一緒に考えました。いくつかお兄ちゃんも候補をあげてくれて、最終決定は、お兄ちゃんがしてくれましたよ☆

生活の関連記事

カテゴリ一覧