【産婦人科医監修】生理前のおりものの変化は妊娠のサイン?特徴など

【産婦人科医監修】生理前のおりものの変化は妊娠のサイン?特徴など

妊娠したらおりものの状態はどのように変わるのか

「いつもとおりものの色や匂いがなんだか違う」もしかして妊娠したかも?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。生理前と妊娠初期のおりものの特徴について詳しく解説します。おりものの変化から妊娠を見分ける方法はあるのでしょうか。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

生理前のおりものはいつもと違う

おりものとは、子宮内膜や子宮頸管、汗腺から分泌される粘液や腟の表面細胞が混ざりあった粘性のある液体です。腟内へ細菌やウィルスが侵入するのを防いだり、自浄効果があります。

女性の体は、女性ホルモンと呼ばれるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン (黄体ホルモン)の影響を受け一定の周期で変化を繰り返します。生理と同じようにおりものにも周期があり、量や匂いなどの特徴が変化します。

生理前はおりものの量が増え、透明または白色のゼリー状になるのが特徴です。

妊娠したときのおりものの特徴

妊娠するとおりものにはどのように変化するのでしょうか。妊娠したときのおりものの特徴について詳しく解説します。

おりものが増える

妊娠中は女性ホルモン分泌が強まり、おりものが増える傾向にあります。

生理前の排卵時は、受精を助けるためにエストロゲンの分泌量が増えおりものの量がもっとも多い時期です。妊娠が成立しなかった場合、エストロゲンの分泌量が少しずつ減り、おりものが減少するとともに生理がきます。

 一方で妊娠が成立すると、感染症から守るためにエストロゲンとプロゲトロンの分泌量が多い状態が続き、おりものの量が減らずに多い状態が続くことになります。

エストロゲンは、妊娠週数が進むにつれ増えるため、妊娠中はおりものの量が増えます。

におい

おりものは正常であれば、無臭や少し酸っぱい匂いがする程度ですが、妊娠するとおりものの匂いが強くなったり普段とは違う匂いがすることもあります。また、反対に匂いがなくなる人もいます。

iStock.com/Cunaplus_M.Faba
一般的に妊娠初期は、透明や白色のゼリー状のおりものが増える傾向にありますが、白く濁った色、濃いクリーム色、黄色に変化する人もいます。おりものの色には個人差があります。

おりものの変化で妊娠が分かる?

生理前の時期、生理中、妊娠中は女性ホルモンの分泌量が変化します。女性ホルモンの分泌量によりおりものの状態が変化するのは正常なことです。

普段からおりものの状態をチェックしている人は、おりものの変化によって、妊娠に気づくことがあるかもしれません。

生理予定日になってもおりものの量が減らずに増えたり、色が茶色やピンク色などいつもと違うおりものが見られたときは、着床出血が起こり妊娠している可能性があります。


着床出血とは

着床出血は、妊娠判明と前後し生理予定日の1週間前から予定日直前に起こる出血です。受精卵が着床した際に少量の出血を起こし、おりものに血が混じり、茶色っぽくなったり、ピンク色に変化します。

着床出血は、すべての妊婦さんに起こるわけではありません。なかには、生理と変わらない量の出血がある人もいます。生理前に予定日よりも1週間以上早く出血があり、2、3日程度で出血が止まった場合は、着床出血の可能性もあるでしょう。

また、絨毛膜下血腫と呼ばれる出血が起こる妊婦さんもいます。胎盤が安定するまでの間に、胎児を包む絨毛膜の外側の部分に血のかたまりができ出血するのが原因です。

妊娠初期の出血は、胎盤ができあがる途中の子宮内膜の血管の破綻によって起こると考えられており、その際、おりものの色が茶色やピンク色になることがよくあります。

おりものの変化だけで妊娠を判断するのは難しい

妊娠検査薬
magicoven/Shutterstock.com
疲れやストレスなど体調の変化によって、生理周期が遅れたり、早まったりすることもあるでしょう。

妊娠初期のおりものの変化は個人差が大きく、どのように変化するかは人それぞれです。妊娠してからおりものの量が減る人や普段と変わらないと感じる人もいるかもしれません。

おりものの変化だけで妊娠を見分けることは難しいです。

生理予定日を迎えてもおりものの量が減らず、着床出血の可能性があるときは、生理予定日から2日~3日経過したあとに妊娠検査薬で確認したり、産婦人科を受診しましょう。

注意が必要なおりもの

妊娠によっておりものに変化がみられることもありますが、病気によるおりものの変化にも注意が必要です。

白くてポロポロしている

カッテージチーズのようなポロポロした白いおりものは、「カンジタ腟炎」にかかっているかもしれません。抗菌薬の服用や、性行、体調不良、通気性や衛生面の悪い下着が原因でなることがあります。

外陰部や腟にかゆみを伴うのが特徴です。

黄色や黄緑で泡状のおりもの

通常おりものは白色や透明のことが多いですが、黄色や黄緑で泡状のおりものは「腟トリコモナス症」にかかっているかもしれません。性行為、タオルや便器、浴槽が感染経路になることもあります。外陰部や腟に痛みやかゆみを伴うのが特徴です。

緑色でゼリー状のおりもの、発熱や下腹部に痛みがある場合には「クラミジア感染症」の可能性も疑われます。

黄色く臭いおりもの

腐ったような悪臭を伴う黄色っぽい膿状のおりものは、「淋病」にかかっているかもしれません。性行為が原因になることが多く、外陰部にかゆみを伴ったり、排尿時の痛み、発熱がある人もいます。おりもの量が増えるのも特徴です。

その他にも、おりものの量が増え黄色の場合、子宮内膜炎卵管炎など子宮周囲の病気が疑われます。

子宮内の炎症によって膿や出血が生じると、おりものといっしょに腟口から体外へ排出され不快な臭いが生じることがあり、重症化すると下腹部の痛みや発熱などの症状が現れるのも特徴です。

おりものから悪臭がするなど、普段は異なる変化があった場合は、性感染症や子宮の病気の疑いがあるので産婦人科、婦人科を受診し医師に相談しましょう。

受診の際は、いつから症状が出たのかや匂い、おりものの量や形状の変化、おりものの異常以外の症状などについて医師に詳しく伝えることが大切です。

普段からおりものの状態をチェックしよう

トイレに行く女性
iStock.com/vadimguzhva

おりものの量や匂い、状態の変化には個人差があるので、おりものだけで妊娠の判断を確定するのは難しいです。

生理前のゼリー状のおりものが予定日になっても続く、量が減らない場合は、妊娠している可能性もありますが、自己判断は禁物です。生理予定日から2~3日経過したあとに妊娠検査薬で確認したり、産婦人科を受診するのが望ましいです。

生理の周期が普段から不規則な人は、産婦人科に行くタイミングが遅くなりがちですが、普段からおりものの量や匂い、色をチェックしておくと妊娠判明が早くなったり、細菌性の感染症や子宮の病気の重症化、妊娠初期のトラブルのリスクが軽減できます。

おりものの色や匂いが普段と大きく違う、腹痛やかゆみを伴うなど心配な症状があるときは、早めに産婦人科を受診しましょう。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年10月22日

専門家のコメント
28
    ゆう先生 保育士
    デリケートな部分で中々わかりずらいですが、妊娠によっておりものに変化がみられることもありま
    かよう先生 保育士
    おりものだけで妊娠を判断するのは難しいようですが、普段から変化がないかチェックすることが大
    なこ先生 保育士
    妊娠前、気をつけておりものの変化を見ていましたが、個人的には良くわかりませんでした。友人に
    いちぽ先生 保育士
    おりものだけで妊娠を判断するのは難しいとおもいます。ネットにさまざまなことが書いてあります
    のの先生 保育士
    私はおりものの変化は特にありませんでした。胸の張りが強いのと、体温がいつもより高く、生理予
    すー先生 保育士
    私はおりものが増えたように感じましたが、そんなに増えた!ってほどでもなかったです。私の場合
    ぺち先生 保育士
    妊娠を希望していたので気をつけてみていましたが、特に変わった様子はわからなかったです、、
    せおみ先生 保育士
    織物はいつもより増えました。着床出血もあったので、その辺りは荒れてしまうこともありました。
    ゆきんこ先生 保育士
    妊娠するとおりものの変化もあるとよく聞きますが、自分は妊娠希望していたので毎月見ていました
    あー先生 保育士
    私の場合もおりものだけでの判断は難しかったです。でも、病気などひとつの目安になるので、これ
    めい先生 保育士
    妊娠を希望していたので、おりものの変化は気にかけて見ていましたが、私にはあまり分かりません
    いちご先生 保育士
    おりものは正直よく分かりませんでした。よく見ていましたが、妊娠した場合は水っぽくなってるか
    くじら先生 保育士
    妊娠したあと普段より少しだけおりものが多い感じがしました。おりものだけではなかなか妊娠した
    みー先生 保育士
    私も2回の妊娠、どちらもおりものの変化には気づけませんでした。
    でも、おりものの変化で病気
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ