母子手帳のもらい方。いつもらうかや準備するもの、未婚の場合の受け取り方など

母子手帳のもらい方。いつもらうかや準備するもの、未婚の場合の受け取り方など

妊娠がわかり出産する予定の場合、母子手帳はどこでいつもらうのか、未婚の場合ももらえるのか、気になる方もいるかもしれません。今回の記事では、母子手帳のもらい方や、受け取るときに気をつけたいことなどをママたちの体験談を交えてご紹介します。

母子手帳とは

厚生労働省の資料によると、母子健康手帳とは母子手帳とも呼ばれており妊娠期から乳幼児期までの健康に関する重要な情報を、一つの手帳で管理する役割があるとされてます。

未婚や既婚に関係なく、妊娠したら誰もがもらえる手帳で、各種健診や予防接種の接種状況などの記録のほか、妊娠出産や子育てについての情報が記載されており、さまざまな場面で役立ちそうです。また、母子手帳は自治体によってサイズやデザインなどさまざまで、様式は国で定められた省令様式の項目と各自治体が独自に設ける任意様式の項目があります。

母子手帳のもらい方で気になること

初めての妊娠や未婚の場合、妊娠後の手続きなどについて気になることもあるかもしれません。実際に、妊娠して気になったことをママたちに聞いてみました。

「母子手帳はいつもらうことができるのか、そのときに何か必要な書類があるのかなど、母子手帳をもらうまでの流れがわからず気になっていました」(30代ママ)

「結婚する予定でいましたが入籍前に妊娠しました。母子手帳にはママとパパの名前を書く欄があると友人から聞いていたので、未婚の場合は母子手帳をいつもらうとよいのか悩みました」(20代ママ)

ママたちは、母子手帳をもらうタイミングや手続きの仕方について気になっていたようです。母子手帳は妊娠したら誰もがもらえる手帳のようですが、いつもらえるか、準備するものがあるか、未婚の場合は受け取り方が違うのかなどに悩むこともあるかもしれません。

母子手帳のもらい方

母子手帳のもらい方は、既婚の場合も未婚の場合も同じ方法のようです。実際に母子手帳をもらったことがあるママたちに、手続きへ行ったときの体験談を聞いてみました。

いつもらうか

問診
iStock.com/Yue_

「病院で心拍が確認できたとき、先生から妊娠届出書を渡されて『次の健診までに母子手帳をもらっておいてね』と言われました。翌日、母子手帳もらいにいきました」(20代ママ)

「妊娠が確定したとき病院から妊娠届出書を提出するよう言われました。自治体で届出書をもらい、その場で記入して母子手帳もらいました」(30代ママ)

母子手帳をいつもらうかは、妊娠が確定した時点で病院から交付してもらうよう伝えられたというママの声がありました。厚生労働省の資料によると、妊娠した者は速やかに市町村長に妊娠の届出をするようしなければならないとされています。母子手帳は、妊娠届出書の提出により交付してもらえるようです。

母子手帳の交付に必要な妊娠届出書は、自治体によって病院でもらえる場合や自分で窓口にもらいに行く場合などがあるようなので、あらかじめ入手方法を自治体のホームページや病院に確認しておくと安心かもしれません。

準備するもの

「妊娠届出書のほかに、マイナンバー確認書類と本人確認書類、印鑑が必要だと自治体のホームページに書いてあったので、それぞれ準備して行きました」(30代ママ)

「私の体調がよくない日が続いたので、夫に代理で妊娠届出書を提出しに行ってもらいました。妊婦以外の家族が届け出る場合は、委任状が必要でした」(20代ママ)

母子手帳をもらうためには、妊娠届出書を提出するほかに、マイナンバーや本人確認ができる書類、印鑑などが必要のようです。自治体によって妊娠届出書の提出時に必要なものはそれぞれ異なるようなので、事前に自治体のホームページなどで持ち物を確認しておくとよいでしょう。

手続き場所

窓口
iStock.com/arisara1978

「自治体のホームページで手続き場所を確認し、担当窓口で妊娠の届出をしました。母子手帳を交付してもらい、妊娠や出産に関する支援情報などを教えてもらいました」(30代ママ)

妊娠の届出や母子手帳の交付は、自治体の担当窓口で行ってもらえるようです。役所や保健センターといった手続き場所を複数設けている自治体もあるようなので、事前に確認しておくとよさそうです。

母子手帳をもらうときに気をつけたいこと

母子手帳をもらうときに気をつけたいことについて、ママたちに聞いてみました。

時間に余裕をもってもらいに行く

「窓口の混雑状況にもよりますが、待ち時間や対応してもらう時間などを考えて、時間に余裕をもって行くようにしていました」(30代ママ)

「母子手帳をもらう際、他にも妊婦健診の補助券を発行してもらったり、妊娠出産に関するアドバイスをもらったりしました。トータルで1時間ほどかかりましたが妊娠生活のイメージがもてました」(30代ママ)

母子手帳をもらうときは、時間に余裕をもって行くというママもいるようです。母子手帳の他にもさまざまな配布物があり、使い方の説明を受けていたら思いのほか時間がたっていたというママの声もありました。

質問事項をまとめておく

「里帰り出産を予定していたので、里帰り先や戻ってきたときに行う手続きなど知りたいとがありました。母子手帳をもらうとき質問できるように聞くことをメモして行きました」(20代ママ)

母子手帳をもらう際、妊娠生活でわからないことを相談できるように、質問事項を事前にまとめておいたというママもいるようです。ママのなかには、妊娠数週や予定日など担当者から尋ねられることがあったので、しっかり把握しておくとすぐに答えられたという声がありました。

未婚の場合

「妊娠届出書や母子手帳には夫の氏名などを記入する欄がありました。シングルマザーとして子どもを育てる予定だったので、担当窓口の方に事情を説明し、夫の氏名欄は空欄のままにしました」(20代ママ)

「母子手帳を交付されたとき、その場で保護者の氏名を書くことになりました。今は未婚でも近いうちに結婚する予定があることを担当の方に伝えると、あとで修正できるように鉛筆で書くように言われました。入籍後、ボールペンで名字を書き直しました」(30代ママ)

未婚の場合、妊娠届出書や母子手帳などの記入の仕方で悩むことがあるかもしれません。担当者に事情を説明し、対応方法を相談してみるとよさそうです。

妊娠したら母子手帳をもらおう

妊婦さん
iStock.com/g-stockstudio


初めての妊娠の場合や未婚の場合、母子手帳をもらうタイミングなどに悩む方もいるようです。母子手帳は、既婚や未婚にかかわらず妊娠が確定したらできるだけ早くもらいに行くとよさそうです。いつもらうかや手続きの場所などは自治体や状況によってそれぞれのようなので、事前に病院や自治体などで必要なことを確認をしておくとよいかもしれません。

母子手帳をスムーズにもらえるよう事前にしっかり準備できるとよいですね。

出典:健康手帳の交付・ 活用の手引き/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2018年10月16日時点で作成した記事になります。

2018年10月19日

専門家のコメント
18
    のの先生 保育士
    心拍確認後産科の先生に言われ夫婦揃って役所に行き交付してもらいました。簡単な面談もしました
    あーちん先生 保育士
    私の住んでいるところは、近くの保健センターで発行できました。病院から「次の健診までに母子手
    せおみ先生 保育士
    産婦人科で心拍が確認できると、母子手帳をもらってきてください。という案内をされます。保健セ
    あー先生 保育士
    2回ほど受診したのち産院で先生から母子手帳を、もらいに行くよう言われました!私の地域では自
    ぺち先生 保育士
    心拍が確認できたら、次の検診までに母子手帳をもらってきてねと言われ、保健センターにもらいに
    いちご先生 保育士
    私は二回の心拍確認後に貰いました。一回の心拍確認後にもらえる人もいるようです。私は一度流産
    いちぽ先生 保育士
    心拍確認後、12週になる前にもらいに行きました。
    病院から妊娠届を渡されて記入していきまし
    くじら先生 保育士
    産婦人科で心拍確認後、保健所に母子手帳をもらいに行きました。産婦人科でもらった書類とマイナ
    みぃ先生 保育士
    産院で妊娠届けを貰ってから、市役所で受け取りました。すぐに貰えるのではなく、産院で2.3度
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧