妊娠中のマタニティガードルについて。種類や選び方、使うときに気になったこととは

妊娠中のマタニティガードルについて。種類や選び方、使うときに気になったこととは

妊娠中のママのなかには、マタニティインナーとしてガードルをつけた方がよいのかや、夏や冬など季節毎でどのように選べばよいか気になる方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、マタニティガードルの種類と選ぶときのおすすめポイント、使用時に意識したことについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

妊娠中、マタニティガードルはいつから使っていた?

妊娠中にお腹が大きくなってくる前に、マタニティガードルを準備した方がよいのか気になるママもいるかもしれません。そこでママたちに、妊娠中のマタニティガードルの着用した時期について聞いてみました。

「妊娠6カ月頃から、マタニティガードルを着用していました。冬場にあたたかく、腹巻きの代わりのようにもなっていました」(30代ママ)

「妊娠後期になるにつれ、体重が増えてお腹の重さが気になり始めました。マタニティガードルをつけたところ、お腹が支えられたからか腰も楽になったように感じました」(20代ママ)
 
お腹の大きさが目立ってくるタイミングはママによってさまざまなことから、使い始める時期も違うようでした。ママのなかには、マタニティガードルをお腹が出てきたと感じた時期からつけることで、お腹の安定感や保温性を感じられたという声も聞かれました。

マタニティガードルの種類

マタニティガードル
MISS TREECHADA YOKSAN/Shutterstock.com

マタニティガードルを用意する前に、どのようなタイプがあるか知っておきたいママもいるかもしれません。まずは、マタニティガードルの種類とそれぞれの特徴をご紹介します。

腹帯型

腹帯型マタニティガードルは、筒状の形をしており腹巻きのように着用するタイプを指すようです。

なかには、お腹の部分をサポートするベルトと一体になったタイプや、お腹が大きくなる位置の生地が切り替えになってズレにくいデザインもあるようなので、妊娠の時期にあわせて快適なものを選べるとよさそうです。

ベルト型

ベルト型は、前後のマジックテープなどで取り外し可能で、巻きつけて着用するタイプのマタニティガードルとされています。他のマタニティガードルの上からつけるなど、組みあわせて使うこともできるようです。

巻き方によって、お腹を下から支えるような形でつけることができ、 ベルトでサイズを調節しやすいので産前だけでなく産後にも活用できたというママの声もありました。

ボトム型

ボトム型のマタニティガードルは、股下の部分がありボトムのように下から履いて着用することが特徴のようです。1枚履きができることから動いてもズレにくく、上に着る服にインナーのラインが響きにくかったというママの声も聞かれました。

ショーツのような丈や太もも部分までカバーされているものまで、さまざまな種類があるようなので好みにあった形が選びやすいかもしれません。

マタニティガードルの選び方

ママたちにマタニティガードルを選ぶ上で、おすすめのポイントについてを聞いてみました。

素材

「柔らかなスムース素材を使ったマタニティガードルを購入しました。気持ちのよい肌触りで適度に通気性もあったので、春夏秋冬で季節を問わず活躍しました」 (30代ママ)

春夏は通気性のよい綿や、汗を吸うパイル地などがおすすめというママの声もありました。マタニティガードルを選ぶ際は、直接肌にふれることも考えて素材にも意識してみてはいかがでしょうか。

サイズ

ウエストのサイズ測定
iStock.com/hidesy

「マタニティインナーを販売するサイトで、選び方の目安として身長と体重別でおすすめのインナーのサイズが紹介されていました。そこに書かれていたサイズ表を参考に、マタニティガードルを選びました」(20代ママ)

お腹の大きさや体重によって、快適に感じるインナーのサイズも変わってくることでしょう。スムーズに着脱するためにも、自分の体のサイズにあったマタニティガードルを選べるとよいようです。

デザイン

「インナーなのでシンプルでもよいのですが、毎日使っていたので見た目もときめくものはないか探していました。友人からおすすめされたブランドがデザインやカラーで好みにあったので購入してみたところ、かわいいだけでなくつけ心地もよいと感じました」(20代ママ)

マタニティガードルにはボーダー柄や小花柄、リボンやレースが施されたタイプもあるようで、洋服に隠れて見えない部分であってもデザインにこだわって選ぶと、使うときの楽しみが広がるかもしれません。

マタニティガードルの使用で意識したポイント

マタニティガードルを使用する上で、気になったことや心がけていたことなど、ママたちが識したポイントを聞いてみました。

締めつける強さ

「大きなお腹を支える安定感はほしいけど、ベルトの部分を引っ張りすぎると苦しくなってしまうのではないか気になりました。あまり締めつけないように、快適な位置で止められるよう調節しました」(30代ママ)

お腹を支えるためにマタニティガードルとを着用する場合も、締めつける強さによっては、かえって窮屈さを感じてしまうこともあるかもしれません。ママのなかには、外出するときはしっかり支えてくれるタイプを使い、家ではベルトの部分を少し緩めていたいう声もあったので、シーンにあわせて快適なつけ方を選ぶとよさそうです。

夏場の蒸れ

「冬から春にかけては気にならなったのですが、夏になり気温が高くなるとマタニティガードルをつけている部分の汗が気になりました。そこで、座っているときは少しベルトを緩めたり、こまめに洗濯したりして蒸れ対策をしていました」(30代ママ)

腹巻きのようにも使えるマタニティガードルは、夏場だと暑いと感じることもあるようです。他には、 妊娠の時期によって、肌に触れる面積が少ないベルトタイプや通気性のよいメッシュ素材を選ぶといった工夫したというママの声もありました。

マタニティガードルは自分にあったものを

妊婦さん
iStock.com/kuppa_rock

マタニティガードルを選ぶ基準は、春夏秋冬で使える素材やおしゃれなデザインなど、ママによってさまざまなようです。選び方に悩むときは妊婦向けのインナーを扱うお店で、どのようなタイプがおすすめか相談してみるのもよいかもしれません。

自分にあったマタニティガードルをつけて、妊娠中を快適にすごせるとよいですね。

2018年09月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

グッズの関連記事

カテゴリ一覧