妊娠中のブラジャーがきついと感じたときのサイズや選び方

妊娠中のブラジャーがきついと感じたときのサイズや選び方

妊婦さんたちが選んだ妊娠中のブラジャー

妊娠中にブラジャーがきつい、苦しいと感じるとき、どのようなサイズの下着を用意するとよいのか気になる方もいるかもしれません。今回は、妊娠中につけるブラジャーの選び方やアンダーを調節できるものなど妊婦さんたちが選んだブラジャー、妊娠中にブラジャーがきついと感じたときの対応についてお伝えします。

妊娠中のブラジャーについて気になること

妊娠中の女性のなかには、体形の変化などからブラジャーがきついと感じるようになった方もいるのではないでしょうか。妊婦さんたちに、妊娠中のブラジャーについてどのようなことが気になるのか聞いてみました。

20代女性
私の場合、妊娠前からつけているブラジャーだと脇側のワイヤーがきついと感じるようになりました。新しい下着を用意したいのですが、妊娠中はどのようにブラジャーを選ぶとよいのでしょう。
30代女性
妊娠中はマタニティブラをつけているのですが、妊娠8カ月になりアンダーが苦しいと感じるときがあります。マタニティブラが苦しいときはどうするとよいのか気になりました。
妊婦さんたちは、妊娠中につけるブラジャーの選び方や、マタニティブラが苦しいと感じたときの対応などが気になっているようです。

そこで今回は、妊娠中のブラジャーについてご紹介します。

妊娠中につけるブラジャーの選び方

妊娠中につけるブラジャーをどのように選ぶとよいのか気になる方もいるようです。妊婦さんたちに、妊娠中につけるブラジャーの選び方について聞きました。

素材

マタニティブラの素材
Africa Studio/Shutterstock.com
20代女性
妊娠中につけるブラジャーは素材を意識して選んでいます。私は妊娠してから肌がかゆくなることが続いているので、汗を吸いやすいタイプがよいと考えて綿素材のブラジャーを用意しました。
妊娠中のブラジャーを用意するとき、素材に注目して選んだ方がいるようです。妊娠中はつけ心地のよい下着をつけたいと考え、伸縮性のある素材のブラジャーを選んだという妊婦さんの声もありました。

サイズ

30代女性
私はサイズを考えて妊娠中のブラジャーを選びました。妊娠中はお腹とともに胸も少しずつ大きくなっていくようですが、つけ心地を考えるとちょうどよいサイズのブラジャーがよいと思います。
サイズを意識して選ぶことも、妊娠中のブラジャーを選ぶポイントかもしれません。長時間つけていても苦しいと感じにくい下着を選べるよう、マタニティブラジャーをお店で試着してみるのもよさそうです。

機能

30代女性
私は産前から産後まで使う仕様になっているブラジャーを選びました。授乳機能つきのタイプは、片手でブラジャーのカップをめくりやすいので産後に授乳するときにも使おうと思います。
授乳しやすいタイプなど、機能を重視して選んだ方もいるようです。妊娠中のアンダーバストの変化に対応できるものを用意しようと考え、ホックが何段階か調整できるブラジャーを選んだという方もいました。

妊婦さんたちが選んだ妊娠中のブラジャー

実際に、妊婦さんたちはどのようなブラジャーを使っているのでしょう。妊婦さんたちが使っているブラジャーをご紹介します。

ワイヤー入りのブラジャー

ワイヤー入りのブラジャー
Richard Semik/Shutterstock.com
20代女性
私は妊娠中、ワイヤー入りのブラジャーをつけています。マタニティ用品のお店で試着したところ、つけ心地もよかったので気に入りました。
妊娠中にワイヤー入りのブラジャーを使っている妊婦さんがいるようです。ワイヤー入りのブラジャーは着用したときの胸のシルエットがきれいに見えやすいことから、おでかけ時のみ使っているという声もありました。

ノンワイヤーのブラジャー

30代女性
妊娠中はノンワイヤーのブラジャーを使っています。妊娠してからつわりなどで体調が優れない日も多く、ノンワイヤーのタイプは締めつけも少ないように感じました。
妊娠中にノンワイヤーのブラジャーをつけている妊婦さんもいるようです。他にも、家ですごすときや寝るときなど、楽な姿勢ですごしたいときにノンワイヤーブラジャーをつけているという妊婦さんの声も聞かれました。

ハーフトップ

20代女性
私は妊娠してからハーフトップの下着をつけるようになりました。ハーフトップをつけていると身体が楽に感じるので、家ですごすときはよくつけています。
ハーフトップとは、スポーツブラのような後ろにホックがないブラジャーのようです。妊娠中体調が優れなかったり家にいる時間が長かったりする場合は、ハーフトップをつけるのもよいかもしれません。

妊娠中に大きくなってきた胸を支えられるよう、肩紐の幅が広めのハーフトップをつけているという声もありました。

妊娠中にブラジャーがきつくなったときは?

妊娠中につけているブラジャーがきつくなってしまったとき、どのようにするとよいのか気になる方もいるようです。妊婦さんたちに、妊娠中にブラジャーがきついと感じたときの対応を聞きました。

ブラジャーのサイズを変える

20代女性
妊娠中にお腹と胸が大きくなってくるにつれて、今のブラジャーのサイズではアンダーがきついと感じるようになりました。妊娠中も快適にすごせるように、1つ上のサイズのブラジャーを用意しようと思います。
妊娠中にブラジャーがきついと感じたとき、1つ上のサイズを用意した妊婦さんがいました。妊娠中の胸の変化にあわせてブラジャーのサイズを変えることで、苦しいなどの不快感が少なくなることもあるかもしれません。

下着の種類を変えてみる

20代女性
今つけているマタニティブラではアンダーや脇の部分が苦しいと感じたので、思いきって下着の種類を変えてみることにしました。実際にお店で試着してみて、つけ心地を確かめてから気に入った下着を購入しようと思います。
妊娠中にブラジャーがきついと感じたときは、下着の種類を変えてみるのもよいかもしれません。下着の種類を変えるときにどのようなタイプがよいのか気になる場合は、お店の店員さんなどに相談してみるのもよいかもしれませんね。

妊娠中はつけ心地のよいブラジャーを

妊娠中も気持ちのよい下着を着てすごそう
Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠中につけるブラジャーを用意するとき、ママたちは肌ざわりのよい素材やすごしやすいデザインなどを意識して選んでいるようです。胸のアンダー部分が苦しいと感じないように、ブラジャーをお店で試着をしてから選ぶのもよいかもしれません。

妊娠中にブラジャーがきついと感じた場合は、サイズを変えたり下着の種類を変えてみたりと工夫しながら、妊娠期間を快適にすごせるとよいですね。

2019年12月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧