妊娠線の予防はいつから?予防クリームの選び方や保湿ケアのポイント

妊娠線の予防はいつから?予防クリームの選び方や保湿ケアのポイント

ママたちにきく、妊娠線予防クリームの使い心地

妊娠中のママにとって、妊娠線の予防は気になるポイントのひとつかもしれません。いつから予防クリームなどでケアをはじめればよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ママたちは妊娠線の予防をいつから始めたのか、予防クリームの選び方や、ケアのポイントなどを体験談を交えてご紹介します。

妊娠線の予防はいつからはじめる?

妊娠したことがわかったときや、妊娠してお腹が大きくなってくると妊娠線の予防をいつからはじめたらよいか気になることもありますよね。

ママたちに妊娠線の予防をいつからはじめたのか聞いてみました。

30代ママ
妊娠したことを姉に伝えると妊娠線の予防クリームをプレゼントしてくれました。お腹が大きくなる前からクリームを塗っていたほうがいいよ、と言われていたので妊娠3カ月目くらいから塗っていました。
20代ママ
早いほうがよいのかなと思い、妊娠初期から専用クリームを塗り始めました。出産後も妊娠線ができなかったので早めにケアを始められてよかったかもしれません。
30代ママ
妊娠6カ月頃の中期からお腹が少しずつ大きくなってきたので妊娠線対策をはじめました。妊娠7、8カ月頃からお腹がぐっと大きくなったときに、妊娠線予防の習慣がついていてよかったです。

いつから妊娠線予防のケアをはじめたかはママによって異なるようですが、妊娠初期や中期頃から、妊娠線ができないように予防クリームなどで対策をしているママが多いようです。

妊娠線は、お腹が大きくなり始めるおよそ6カ月頃からできやすいといわれているようです。早めの予防を心がけるとよいかもしれませんね。

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防のクリームにはさまざまな種類があります。ママたちは妊娠線予防クリームを選ぶとき、どのようなことをポイントにしたのでしょうか。

素材にこだわったもの

妊娠線クリーム
iStock.com/GreenArtPhotography
30代ママ
オーガニック素材で無香料のクリームを使っていました。つわりでにおいに敏感になっていたのでにおいが気にならずに使えてよかったです。
30代ママ
妊娠中に使うものなので、素材に注目して選びました。たくさん種類があるなかで、天然由来でできている妊娠予防クリームを愛用していました。

素材にこだわった予防クリームは妊娠中のママにとっては嬉しいポイントかもしれません。素材の他にも、使用期限を確認し早めに使い切るようにしたというママの声もありました。

使い心地のよいもの

30代ママ
たくさん種類があるので迷いましたが、成分や容量、価格とのバランスなどを店員さんに相談しながら選びました。いくつか手に塗ってテストさせてもらったなかで、匂いとテクスチャーが気に入った予防クリームに決めました。

妊娠線予防クリームを選ぶときは、使い心地のよさをポイントにしたというママもいました。香りや使い心地を気に入ったクリームなら、妊娠線を予防している間にも癒しの時間になるかもしれませんよね。

肌にやさしいもの

20代ママ
妊娠中は以前よりも肌が敏感になったので、低刺激の予防クリームを探しました。成分表を確認しながらなるべく肌にやさしいものを選びました。

妊娠線予防クリームは、妊娠中のママにやさしいものを選ぶのもポイントの1つのようです。また、肌に馴染みやすいクリームは、さっとケアができて使いやすいかもしれませんね。

妊娠線の保湿ケアのポイント

妊婦のお腹
iStock.com/PonyWang

妊娠線を予防するための保湿ケアは、どのようなことをポイントにするとよいのでしょう。妊娠線ケアのポイントについてママたちに聞いてみました。

回数

30代ママ
忘れっぽい性格なので毎日忘れずに塗ることを心がけました。妊娠初期や中期はお風呂のあとのケアだけでしたが、後期になってお腹が大きくなってきたときには、回数を増やしてケアをしていました。

妊娠線の予防のためにケアの回数を大切にしたというママの声がありました。妊娠線の予防は、毎日続けて行なうことが大切でしょう。早めのうちから保湿ケアの習慣作りをしておくとよいかもしれません。

塗る場所

30代ママ
先に出産した友人から、お腹以外にも妊娠線ができるという話を聞きました。おしり、太もも、バストなども忘れずに予防クリームを塗っていました。

妊娠中のママの身体は、お腹を中心におしりやバストも大きくなることがあるでしょう。お腹以外に、妊娠線ができやすい場所を忘れずにケアをするのがポイントのようです。身体全体にしっかりと妊娠線予防クリームを塗っていたというママの声もありました。

塗り方

20代ママ
お腹にクリームを塗るときは、赤ちゃんのことを考えながら時間をかけ、丁寧にケアをしていました。後期になるとクリームを塗るときにお腹を蹴ってくれることがあって嬉しかったです。

塗り方に気をつけ、丁寧さを意識して保湿ケアをしたというママもいるようです。妊娠中のママの身体をいたわりながらやさしく丁寧に塗ってケアするとよいかもしれません。

妊娠線の予防は早めにはじめよう

iStock.com/RyanKing

妊娠線予防のためのケアは、初期や中期頃などいつからはじめるかはママによって個人差があるようです。

お腹が大きくなりはじめる前から早めにケアの習慣を作っておくと、安心かもしれません。

自分の肌に合う使い心地のよい妊娠線予防クリームを選び、回数や塗る場所、塗り方をポイントにして妊娠線を予防しましょう。赤ちゃんの誕生を楽しみにしながら、妊娠線のケアができるとよいですね。

2019年11月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ケアの関連記事

カテゴリ一覧