子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2016年12月16日

冬こそ元気に外遊び。「冬ならでは」の遊びを思いっきり楽しもう

冬こそ元気に外遊び。「冬ならでは」の遊びを思いっきり楽しもう

子どもは外遊びが大好き。子どもは寒い日でも外へ出て遊びたがるけれど、大人は寒いと外出したくない……。そんなときは考え方を少し変えて、冬にしかできない遊びを子どもと楽しむのはいかがでしょうか?

楽しいけど、やっぱり寒い

2歳になったばかりの我が家の娘の、最近お気に入りの外遊びはどんぐり集め。落ち葉やどんぐりを集めたり、並べたりして遊ぶのが楽しいようです。冬の外遊びが大好きなようだけど、でも、じっとしていたらいくら子どもだってやっぱり寒い。なので、まずは防寒対策から考えてみました。

防寒対策をしっかりと

冬の外遊びで最大のネックとなるのは「寒さ」です。寒さ対策はしっかりとして外出しましょう。気温や遊ぶ場所、遊び方などに応じた服装を考えることが大切です。

大人と子どもの防寒対策の違い

防寒対策というと着込むことをイメージしてしまいがちですが、それは大人の場合。子どもは体温が高いので、すぐに暑がって脱ぎたがることもあります。そのため、子どもの防寒対策は動きやすさと脱ぎ着の簡単さを重視します。

厚手のコートよりもウィンドブレーカーの方をチョイスしたり、すぐに暑くなってしまうセーターは避けたほうがいいかもしれません。

基本的な防寒対策

手袋、マフラー、帽子、アウターなどの基本的な防寒対策に加え、特に寒い日であれば足元は靴下二枚履きなどで対応していきましょう。寒がりなママにはヒートテックなどのインナーはとても便利。子どもサイズもあるのでお子さんにも使えます。

下の子がまだ赤ちゃんなら、ベビーカー用のフットマフなども便利ですね。

雪遊びの場合

雪遊びをするときには、スノーウェアやスノーブーツ、手袋などが必須となります。寒さを防ぐだけでなく、防水効果があるかなど、機能性を重視して選びましょう。耳当ては嫌がって取ってしまう子もいるので、耳まで隠せる帽子の方が便利です。

また、スノーウェアの中は熱がこもりやすく汗をかいている場合もあるので、外遊びから帰ったらすぐに着替えをさせましょう。

冬にしかできない遊びを楽しもう

体が温まるような遊びや季節感のある自然を利用した遊びなど、冬にしかできない遊びを楽しみたいですね。

家のまわりをお散歩

寒いので遠出をするのはちょっと……という日は、家のまわりをお散歩しましょう。寒い日に外で息を吐くと白くなりますが、2歳ぐらいなら、それだけでも楽しめます。

他にも落ち葉を踏んでカサカサという音を楽しんだり、いつもは通らない道を歩く「まわり道散歩」で、新しい発見をするのも子どもが喜んでくれそうです。

公園で

公園では、ブランコや滑り台などの遊具を使って遊ぶのが定番。冬はそんな遊具もキンキンに冷えているので、遊具を触ってみてその温度を肌で体感するのも、子どもにとっては新鮮かもしれません。

落ち葉や木の枝、木の実などが落ちている公園なら、拾って集めてみるのもおもしろいですね。

氷や雪で

氷や雪遊びは、冬にしかできない特別な遊び。地域によっては降雪量が少なく雪遊びができない場合には、霜を踏んでみたり、家の外に水を入れたバケツやカップなどを置いて氷を作ったりすることならできそうです。

日中だと溶けてしまうこともあるので、早起きをして朝早くに外に出るようにすると、霜や氷などを発見できて楽しめます。

楽しかった冬の思い出

うちの2歳の娘は、先日テレビで見た雪合戦にハマっていて、ここ数日は娘に催促されて私もエアー雪合戦に付き合っています。

私も、大人になった今も雪が降るとうれしくなってしまうくらい冬が大好きなのですが、それは母の影響だと思います。母がスキー学校の先生だったので、小さい頃から雪に触れる機会は多かったからです。

子どものころに自分がしてもらったように、娘にも冬ならではの遊びをたくさん経験させてあげたいと思っています。

外遊びの関連記事
カテゴリ一覧