【年齢別】子どもが楽しめる雪遊びのアイディア!遊ぶときに気をつけること

【年齢別】子どもが楽しめる雪遊びのアイディア!遊ぶときに気をつけること

ママやパパもいっしょに雪遊びを楽しもう

雪遊びを楽しめる遊園地やスキー場に行って子どもと遊びたいというママやパパもいるでしょう。子どもが楽しめる雪遊びにはどのようなものがあるのか気になることもあるかもしれません。子どもと雪遊びをするときに気をつけることや、子どもが楽しめる雪遊びを年齢別にご紹介します。

子どもが楽しめる雪遊びを考えよう

雪で遊ぶ男の子
Yaoinlove/Shutterstock.com
子どもと楽しめる雪遊びを考えて、いっしょに楽しみたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

滑り台などの大型遊具があるスキー場や、雪遊びを楽しめる遊園地など子どもが楽しめる遊び場所はさまざまあるようです。

初めて雪にふれるという子どももいるかもしれません。雪遊びは、普段の遊びとは一味違った面白さを体験できるのではないでしょうか。

子どもが思う存分楽しめる雪遊びを考えてみましょう。

【年齢別】子どもが楽しむ雪遊びのアイディア

子どもが楽しめる雪遊びのアイディアを年齢別にご紹介します。

1歳~2歳児の雪遊び

1歳~2歳頃になると、ごっこ遊びを楽しむようになる子どももいるようです。

砂場遊びに使うスコップやバケツなどのおもちゃや、プリンの容器などを使って雪遊びならではのごっこ遊びを楽しんでみましょう。

雪のケーキを作ったり、山を作ったりなどアイディア次第でさまざまなものを作ることができます。

雪の上に手形や足跡をつけたり、指先を使って絵を描いて楽しむのもよいでしょう。子どもといっしょに雪の感触を楽しんでみましょう。

3歳~4歳児の雪遊び

3歳~4歳頃は、ルールのある遊びを楽しむようになったり「こんな遊びがしたい」というこだわりが出てくる子どももいるようです。

子どもといっしょに雪玉を作ってキャッチボールを楽しんでみてはいかがでしょうか。雪玉が壊れないように投げるなどのルールを考えるのもよいでしょう。

積み木のように雪玉をバランスよく積む遊びを楽しんだというママの声がありました。

5歳~6歳児の雪遊び

ソリで遊ぶ女の子
Decha Laoharuengrongkun/Shutterstock.com
5歳~6歳頃になると、友だちとコミュニケーションを取りながらオリジナルの遊びを考えて楽しむようになる子どももいるようです。

雪のなかにおもちゃを隠して宝探しを楽しむことができます。プラスチックなどの水に濡れても安心な素材のボールや、大きなブロックのピースなどを雪の中に隠して探しましょう。

隠すおもちゃが濡れないようにフリーザーバッグに入れるという方法もあります。白い雪と同化しないようにカラフルなおもちゃを使いましょう。

雪遊びを楽しめる遊園地やスキー場には、子どもが楽しめるそりがあるようです。

ママやパパといっしょに乗って楽しめるものもあるため、子どもも安心してそり遊びを楽しめるのではないでしょうか。

スキー場で子どもと雪遊びをしたシーン

スキー場で子どもと雪遊びを楽しみたいというママやパパもいるでしょう。子どもとスキー場で遊んだシーンをママたちに聞いてみました。
30代ママ
一般のゲレンデと分かれている子ども向けのキッズスペースがあるスキー場に、子どもとよく行っていました。大型遊具があるスペースで遊んだり、砂場遊びのおもちゃを他の友だちと貸し借りをしながら雪遊びを楽しんでいました。
30代ママ
子どもが3歳~4歳頃にファミリーゲレンデのあるスキー場でいっしょにスキーの練習をしました。スキー靴を履いて遊んだり、子どもを抱っこして滑ったりなど楽しみながら練習していました。
滑り台などの遊具があるキッズスペースのあるスキー場や、家族でスキーを楽しむことができるファミリーゲレンデがあるスキー場など、子どもが楽しめるスキー場はさまざまあります。

子どもにスキーを教えたいと考えるママやパパもいるかもしれません。子ども向けのスキースクールがあるスキー場もあるため、探してみてはいかがでしょうか。

子どもと雪遊びをするときに気をつけること

子どもと雪遊びをするとき、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。

子どもを見守る

雪の上は滑って転びやすいため注意が必要です。公園にある遊具は雪で塗れると滑ってけがをしてしまうかもしれません。

硬い雪や氷のように凍っている雪の上では、子どもが滑らないように注意しながら見守りましょう。

他の友だちと仲よく遊ぶ

スキー場や雪遊びを楽しめる遊園地など、子どもがたくさんいる場所で遊ぶときは、子どもが他の友だちと仲よく遊べるようにママやパパがサポートをしましょう。

雪玉を作って雪合戦を楽しむ子どももいるでしょう。

硬い雪玉が体に当たるとけがをしてしまうかもしれないため、「やわらかい雪玉を作ろうね」とママやパパが教えながら、子どもたちが安全に雪遊びを楽しめるようにいっしょに遊びましょう。

遊ぶ時間の長さや時間帯を調整する

雪遊びに夢中になってずっと遊んでいたいという子どももいるかもしれません。

雪遊び中も汗をかいたり疲れたりすることがあるため、水分をしっかり取り、休憩しながら遊びましょう。

冬は日が短いため、暖かい時間帯に子どもと雪遊びをしているというママの声がありました。

冷たい雪のなかで長時間遊ぶと子どもも疲れてしまうため、体調管理に気をつけながら遊びましょう。

子どもといっしょに雪遊びを楽しもう

ソリで遊ぶ子供たち
ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com
冬になると、子どもといっしょに雪遊びを楽しみたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

雪遊びを楽しめる遊園地や子どもが遊べるキッズスペースがあるスキー場など、いろいろな遊び場所があります。

雪の上は滑りやすいため、子どもが安全に遊べるように見守りましましょう。休憩をしっかり取ることも大切です。

初めて雪にふれるという子どももいるでしょう。子どもの年齢に合った遊びを考えて、ママやパパもいっしょに雪遊びを楽しめるとよいですね。

2019年12月17日

専門家のコメント
56
    ぽんた先生 保育士
    ゲレンデのキッズエリアで遊ばせたことがあります。子どもたちは、大はしゃぎで寒さも気にならな
    かよう先生 保育士
    雪が降ると子どもは喜びますが、あまり降らない地域だと、遊びたいけどどうやって遊んだら良いか
    りか先生 保育士
    雪が降らない地域にお住まいのご家庭は雪が珍しくテンションがあがりますね。
    フカフカの雪で鬼
    まあ先生 保育士
    雪が降るだけで子どもたちにとっては楽しいですよね。雪に埋めた絵の具をかけてかき氷屋さんごっ
    なこ先生 保育士
    雪遊びは寒いので防寒はマスト。手袋やきゃはんも必要です。そり遊びや雪だるま作りが定番でしょ
    ゆか先生 保育士
    雪で遊べる事って色々ありますね😃  ☆雪だるまを作る  ☆雪合戦  ☆かまくら  ☆宝探
    くじら先生 保育士
    雪遊び、楽しいですよね。
    普段なかなか触れられない雪を目の前にすると興奮して「手袋いらない
    でぶいも先生 保育士
    雪が積もった坂で尻すべりをするのがとってもスリルがあって、4.5才くらいになるととても盛り
    こいまま先生 保育士
    こちらは雪国なので、雪が降ればかまくらを作ってその中にテーブルを置いてみかんやお菓子を持ち
    ろろ先生 保育士
    ちょっと小高い雪山があるとそりすべりができて楽しいですね‼
    お子さんが小さくても大人が抱っ
    のの先生 保育士
    雪、寒いですが子どもにとっては楽しいことですよね。小さい子どもはとにかく防寒とあまり長い時
    ひよこ先生 保育士
    雪の量にもよりますが、小さな雪だるまを作ったり、プリンカップなどでケーキを作ったり、雪合戦
    あーちん先生 保育士
    雪遊び楽しいですよね!
    砂場のような感覚でいろいろ作ってごっこ遊びをしたり、雪だるまや雪合
    ぽん先生 保育士
    雪があまり降らない場所で降ると嬉しいですよね!
    雪合戦やかまくら、ゆきだるまづくり、そり遊
    ぷん先生 保育士
    あまり雪が降らない地域に住んでいたので、雪が降ると子どもたちは大興奮!その日の保育内容を変
    ゆきな先生 保育士
    ソリやお砂場道具でもあそべますよね!ただ子どもは夢中になるので手がかじかまない程度に時間を
    ぬーぴー先生 保育士
    九州は雪が降らない年もあるため、寒さを感じて遊べるように氷遊びをします!雪遊びのアイデア、
    りお先生 保育士
    雪が多く降る地域に住んだことはないので、いつも雪が舞う程度ですが、舞っている雪を傘を反対に
    やし先生 保育士
    雪はあまり降らず、積もることもないので、せいぜい朝氷が張った時の薄い氷を投げたりして割って
    なー先生 保育士
    どのくらい積もるかにもよりますが、かまくら作りは楽しいです。少しの雪でもロウソクなどが入る
    すみっこ先生 保育士
    あまり雪が降る地域ではないのですが、二歳のときに思いの外、積もった日がありました。
    雪を触
    ゆきんこ先生 保育士
    こどもたちは夢中になるとなかなか寒い、冷たいなど言わずに楽しんでしまうこともあるので体調管
    いちぽ先生 保育士
    地域にもよるますが、薄らと積もるくらいだと、雪だるまやそり滑りなどができないですよね。
    まあ先生 保育士
    雪の降らない場所では、雪が積もるだけで子どもたちは大喜びで雪にダイブしたりと楽しんでいます
    ぺち先生 保育士
    幼稚園では、雪合戦をやる子が多くいましたが、雪だるまをつくったり、寝転んだり、ただ雪を集め
    きいちゃん先生 保育士
    乳児さんは雪に触れるだけでも貴重な体験になりますね。長い時間は難しいですが、大きいお友だち
    あー先生 保育士
    スキーにあきたら、雪だるまを親子やお友だちと一緒に作るのも楽しいかもしれませんね。
    あとは
    せおみ先生 保育士
    近年は毎年雪が減っています。私の地域では雪が降り積もった雪で遊べる事は本当に貴重な時間にな
コメントをもっと見る

外遊びの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ