【年齢別】子どもが楽しめる雪遊びのアイディア!遊ぶときに気をつけること

【年齢別】子どもが楽しめる雪遊びのアイディア!遊ぶときに気をつけること

ママやパパもいっしょに雪遊びを楽しもう

雪遊びを楽しめる遊園地やスキー場に行って子どもと遊びたいというママやパパもいるでしょう。子どもが楽しめる雪遊びにはどのようなものがあるのか気になることもあるかもしれません。子どもと雪遊びをするときに気をつけることや、子どもが楽しめる雪遊びを年齢別にご紹介します。

子どもが楽しめる雪遊びを考えよう

雪で遊ぶ男の子
Yaoinlove/Shutterstock.com
子どもと楽しめる雪遊びを考えて、いっしょに楽しみたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

滑り台などの大型遊具があるスキー場や、雪遊びを楽しめる遊園地など子どもが楽しめる遊び場所はさまざまあるようです。

初めて雪にふれるという子どももいるかもしれません。雪遊びは、普段の遊びとは一味違った面白さを体験できるのではないでしょうか。

子どもが思う存分楽しめる雪遊びを考えてみましょう。

【年齢別】子どもが楽しむ雪遊びのアイディア

子どもが楽しめる雪遊びのアイディアを年齢別にご紹介します。

1歳~2歳児の雪遊び

1歳~2歳頃になると、ごっこ遊びを楽しむようになる子どももいるようです。

砂場遊びに使うスコップやバケツなどのおもちゃや、プリンの容器などを使って雪遊びならではのごっこ遊びを楽しんでみましょう。

雪のケーキを作ったり、山を作ったりなどアイディア次第でさまざまなものを作ることができます。

雪の上に手形や足跡をつけたり、指先を使って絵を描いて楽しむのもよいでしょう。子どもといっしょに雪の感触を楽しんでみましょう。

3歳~4歳児の雪遊び

3歳~4歳頃は、ルールのある遊びを楽しむようになったり「こんな遊びがしたい」というこだわりが出てくる子どももいるようです。

子どもといっしょに雪玉を作ってキャッチボールを楽しんでみてはいかがでしょうか。雪玉が壊れないように投げるなどのルールを考えるのもよいでしょう。

積み木のように雪玉をバランスよく積む遊びを楽しんだというママの声がありました。

5歳~6歳児の雪遊び

ソリで遊ぶ女の子
Decha Laoharuengrongkun/Shutterstock.com
5歳~6歳頃になると、友だちとコミュニケーションを取りながらオリジナルの遊びを考えて楽しむようになる子どももいるようです。

雪のなかにおもちゃを隠して宝探しを楽しむことができます。プラスチックなどの水に濡れても安心な素材のボールや、大きなブロックのピースなどを雪の中に隠して探しましょう。

隠すおもちゃが濡れないようにフリーザーバッグに入れるという方法もあります。白い雪と同化しないようにカラフルなおもちゃを使いましょう。

雪遊びを楽しめる遊園地やスキー場には、子どもが楽しめるそりがあるようです。

ママやパパといっしょに乗って楽しめるものもあるため、子どもも安心してそり遊びを楽しめるのではないでしょうか。

スキー場で子どもと雪遊びをしたシーン

スキー場で子どもと雪遊びを楽しみたいというママやパパもいるでしょう。子どもとスキー場で遊んだシーンをママたちに聞いてみました。
30代ママ
一般のゲレンデと分かれている子ども向けのキッズスペースがあるスキー場に、子どもとよく行っていました。大型遊具があるスペースで遊んだり、砂場遊びのおもちゃを他の友だちと貸し借りをしながら雪遊びを楽しんでいました。
30代ママ
子どもが3歳~4歳頃にファミリーゲレンデのあるスキー場でいっしょにスキーの練習をしました。スキー靴を履いて遊んだり、子どもを抱っこして滑ったりなど楽しみながら練習していました。
滑り台などの遊具があるキッズスペースのあるスキー場や、家族でスキーを楽しむことができるファミリーゲレンデがあるスキー場など、子どもが楽しめるスキー場はさまざまあります。

子どもにスキーを教えたいと考えるママやパパもいるかもしれません。子ども向けのスキースクールがあるスキー場もあるため、探してみてはいかがでしょうか。

子どもと雪遊びをするときに気をつけること

子どもと雪遊びをするとき、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。

子どもを見守る

雪の上は滑って転びやすいため注意が必要です。公園にある遊具は雪で塗れると滑ってけがをしてしまうかもしれません。

硬い雪や氷のように凍っている雪の上では、子どもが滑らないように注意しながら見守りましょう。

他の友だちと仲よく遊ぶ

スキー場や雪遊びを楽しめる遊園地など、子どもがたくさんいる場所で遊ぶときは、子どもが他の友だちと仲よく遊べるようにママやパパがサポートをしましょう。

雪玉を作って雪合戦を楽しむ子どももいるでしょう。

硬い雪玉が体に当たるとけがをしてしまうかもしれないため、「やわらかい雪玉を作ろうね」とママやパパが教えながら、子どもたちが安全に雪遊びを楽しめるようにいっしょに遊びましょう。

遊ぶ時間の長さや時間帯を調整する

雪遊びに夢中になってずっと遊んでいたいという子どももいるかもしれません。

雪遊び中も汗をかいたり疲れたりすることがあるため、水分をしっかり取り、休憩しながら遊びましょう。

冬は日が短いため、暖かい時間帯に子どもと雪遊びをしているというママの声がありました。

冷たい雪のなかで長時間遊ぶと子どもも疲れてしまうため、体調管理に気をつけながら遊びましょう。

子どもといっしょに雪遊びを楽しもう

ソリで遊ぶ子供たち
ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com
冬になると、子どもといっしょに雪遊びを楽しみたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

雪遊びを楽しめる遊園地や子どもが遊べるキッズスペースがあるスキー場など、いろいろな遊び場所があります。

雪の上は滑りやすいため、子どもが安全に遊べるように見守りましましょう。休憩をしっかり取ることも大切です。

初めて雪にふれるという子どももいるでしょう。子どもの年齢に合った遊びを考えて、ママやパパもいっしょに雪遊びを楽しめるとよいですね。

2019年12月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

外遊びの関連記事

カテゴリ一覧