子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

冬に子どもと行きたい横浜の動物園。ママ目線で選んだスポットとは

冬に子どもと行きたい横浜の動物園。ママ目線で選んだスポットとは

冬の家族のお出かけ先として動物園を考えているママやパパもいるのではないでしょうか。寒い冬でも元気な動物たちに会えれば、あたたかい気持ちになるかもしれませんね。今回の記事では、横浜にある冬のお出かけにおすすめの動物園をご紹介します。

冬に子どもと行きたい横浜の動物園

外で遊ぶことが少なくなる冬の季節でも、休日には子どもをどこかへ連れて行ってあげたい!というパパやママも多いのではないでしょうか。
 
普段見られない生き物の様子が観察できたり、エサやりやふれあい体験ができたりする動物園は、冬のお出かけスポットとしても人気が高いようです。
 
今回は横浜にある、冬のお出かけにおすすめの動物園について調べてみました。ママ目線で選んだ5つをご紹介します。

よこはま動物園ズーラシア

インドゾウや、オカピなど世界中の野生生物を展示しており、さまざまなエリアを楽しむことができます。
 
広い園内をぐるっとまわれる周遊バスがあるので、子どもとの冬のお出かけにおすすめの動物園。

モルモットとのふれあいや、ポニーへのエサやりが楽しめる「ぱかぱか広場」など、ファミリーに人気のスポットが満載です。

掲載写真に関するお問い合わせ

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/

住所・電話番号

〒241-0001 神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
 
045-959-1000

料金

大人:800円
子ども:300円(高校生・中人)、200円(中・小学生)、無料(小学生未満)
年間パスポートがあります。

※毎週土曜日は、小・中・高校生は入園が無料になります。(要学生証等)

アクセス

【電車・バス】
相鉄線「鶴ヶ峰」駅北口、相鉄線「三ツ境」駅北口、JR横浜線・横浜市営地下鉄「中山」駅南口下車、各駅から「よこはま動物園行き」のバスで約15分
 
【車】
首都高速「葛西JCT」から約50分(52km)
 
東名高速「横浜町田IC」から約15分(6km)
 
保土ヶ谷バイパス「下川井IC」から約5分(2km)
 
第三京浜「港北IC」から約20分(7km)

営業日・営業時間

毎週火曜日休み(祝日の場合は開園し、翌日休園)
12/29~1/1休園
 
開園時間9:30、閉園時間16:30

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)ベビーカーの貸出があります。(有料:500円)
 
(2)授乳スペース・おむつ交換台があります。

そのほか

【生き物情報】
(1)「アフリカのサバンナ」エリアでピグミーゴート、ぱかぱか広場でモルモット・パンダマウスとふれあうことができます。
  
(2)ぱかぱか広場で馬にエサをあげることができます。(有料:1回100円)
  
【クーポン情報】
新江ノ島水族館の入園とセットになったお得な前売り券があります。
  
【入場制限】
(1)盲導犬などの補助犬を除き、ペット同伴での入場はできません。
  
(2)べビーカーと車いす以外の乗り物(自転車、ローラーシューズなども含む)の使用はできません。

駐車場

有料:1回1000円 / 2200台

※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

金沢動物園

世界中の草食動物を中心に飼育しており、ゾウやキリンなどの大型動物や、子どもたちに人気のカピバラやレッサーパンダに会うことができます。
 
冬も開催している「ヤギさんのおやつタイム」は、エサやりを通して動物と親しむことができる人気のイベントです。

掲載写真に関するお問い合わせ

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/

住所・電話番号

〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
  
045-783-9100

料金

大人:500円
子ども:300円(高校生・中人)、200円(中・小学生)、無料(小学生未満)
年間パスポートがあります。

※毎週土曜日は、小・中・高校は入園が無料になります。(要学生証等)

アクセス

【電車・バス】
京浜急行「金沢文庫駅」西口1番乗り場より、京急バス「野村住宅センター」行きで乗車し「夏山坂上」下車、徒歩6分
  
《土日祝日のみ運行》
京浜急行「金沢文庫駅」西口1番乗り場より、京急バス「金沢動物園」で乗車し約10分
  
【車】
《一般道から正面口駐車場》
笹下釜利谷道路を利用
     
《高速道路から高速側駐車場》
横浜横須賀道路釜利谷JCTより金沢支線へ進み、釜利谷料金所左端専用ゲートより直結

営業日・営業時間

毎週月曜日休み(5、10月は無休)、12月29日~1月1日休園
  
開園時間9:30、閉園時間16:30

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)無料でベビーカー貸出があります。
    
(2)授乳スペース・おむつ交換台があります。

そのほか

【生き物情報】
(1)ほのぼの広場で、ヤギやヒツジと柵越しにふれあうことができます。
    
(2)ほのぼの広場で、「ヤギさんにおやつをあげよう」を開催しています。
    
【入場制限】
(1)動物園エリアは補助犬を除き、ペット同伴での入場はできません。(植物区エリアはリード着用でペット同伴可)
    
(2)べビーカーと車いす以外の乗り物(自転車、ローラーシューズなども含む)の使用はできません。

※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

駐車場

有料:1回600円 / 1200台 

※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

雪印こどもの国牧場 こどもどうぶつえん

ウサギやモルモットを抱っこできる「ふれあいひろば」は、かわいい動物たちのぬくもりを感じられる冬のお出かけに人気のスポットです。
 
ほかにもアライグマやミニブタなどの生き物たちに会える動物園で、併設している牧場でも動物へのエサやりや乗馬体験が楽しめます。

掲載写真に関するお問い合わせ

http://www.kodomonokuni-bokujyo.co.jp

住所・電話番号

〒227-0036 神奈川県横浜市青葉区奈良町700
  
045-962-0511

料金

大人:250円(高校生以上)
子ども:200円(3歳から中学生)

※上記の料金の他に、別途こどもの国の入園料(高校生以上の大人:600円、小中学生:200円、3歳以上幼児:100円)がかかります。

アクセス

【電車】
「長津田駅」よりこどもの国線「こどもの国駅」下車、徒歩3分
  
【バス】
小田急線「鶴川駅」より、小田急バス「奈良北団地」行き(鶴07系統)で約15分
  
【車】
国道246線を利用   

営業日・営業時間

毎週水曜日休み(水曜が祝日の場合開園)、12/31・1/1休み
  
開園時間9:30、閉園時間16:30(7~8月は17:00閉園)

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)こどもの国内に、オムツ替えベッド、授乳室があります。
  
(2)ベビーカーの貸出があります。(1回300円)
  
(3)粉ミルク用給湯器があります。

そのほか

【生き物情報】
(1)園内のどの動物にもあげられる「どうぶつのおやつ」を販売しています。(1カップ50円、他のエサの持ち込みはできません)
  
(2)うさぎやモルモットとふれあい体験ができます。
  
【クーポン情報】
子ども1名の動物園入場券とポニー乗馬がお得に利用できるセット券があります。

駐車場

無料:900台 

※混雑状況により開場される臨時駐車場(750台)があります。
※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

野毛山動物園

みなとみらい21地区を見下ろす高台にあり、ライオンやトラといった迫力満点の肉食動物や、愛らしいルックスのレッサーパンダなどさまざまな生き物に会える動物園。
 
ふわふわのモルモットを抱っこできる「なかよし広場」は、子どもとの冬のお出かけにもおすすめです。

掲載写真に関するお問い合わせ

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/

住所・電話番号

〒220-0032 神奈川県横浜市西区老松町63-10
  
045-231-1307

料金

無料

アクセス

【電車・バス】
JR京浜東北線・横浜市営地下鉄「桜木町駅」下車徒歩15分
  
京浜急行線「日ノ出町駅」下車徒歩10分
  
市営バス89系統「一本松小学校」行き「野毛山動物園前」下車すぐ
  
【車】
首都高速・横羽線「みなとみらい」出口より「みなとみらい大通り」を利用

営業日・営業時間

毎週月曜日休み(5、10月は無休)
12月29日~1月1日休み
  
開園時間9:30、閉園時間16:30

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)無料でベビーカー貸出があります。(台数に限りあり)
  
(2)授乳スペース・おむつ交換台があります。

そのほか

【生き物情報】
なかよし広場でモルモットやハツカネズミなどとふれあうことができます。
  
【入場制限】
(1)盲導犬などの補助犬を除き、ペット同伴での入場はできません。
  
(2)べビーカーと車いす以外の乗り物(自転車、ローラーシューズなども含む)の使用はできません。

駐車場

周辺の有料駐車場をご利用ください。

※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

万騎が原ちびっこ動物園

無料で入園できる動物園で、子どもとの冬のお出かけにもおすすめです。
 
生き物とふれあいながら学習できるコンタクトコーナーを設けており、モルモットやハツカネズミなどの小動物と身近に親しむことができます。

掲載写真に関するお問い合わせ

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/makigahara/

住所・電話番号

〒241-0834 神奈川県横浜市旭区大池町65-1
  
045-351-5442

料金

無料

アクセス

【電車】
相鉄線「二俣川駅」南口から大池公園入口まで徒歩20分
  
【バス】
相鉄バス1番ホールから左近山第5・6行き / 東戸塚行き「万騎が原中央」下車、徒歩10分(こども自然公園内)

営業日・営業時間

毎週月曜日休み(祝日の場合は開園し、翌日休園)
12月29日~1月1日休園
5、10月は無休
  
開園時間9:30、閉園時間16:30

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

そのほか

【生き物情報】
コンタクトコーナーでモルモットやハツカネズミなどとふれあうことができます。

駐車場

こども自然公園内に有料駐車場があります。
2時間 / 300円(20分ごとに50円増) 

※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

横浜の動物園で冬のお出かけを楽しもう

今回は横浜にある、冬のお出かけにおすすめの動物園をご紹介しました。

迫力満点の動物たちを間近で見られる動物園や、日本では珍しい生き物を飼育している動物園なら親子で楽しい休日が過ごせそうですね。

動物のぬくもりを感じられるふれあい体験や、室内でゆっくり楽しめる展示がある動物園も含めて、子どもとの冬のお出かけの参考にしてみてはいかがでしょうか。

※今回の記事でご紹介している情報は、2018年2月22日時点で作成した記事になります。

2018年02月22日

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事