子どもを保育園に預けているママの悩み。悩んだときに行なったこと

子どもを保育園に預けているママの悩み。悩んだときに行なったこと

ママたちに聞いた時間を作るための工夫

保育園や幼稚園を利用するとき、専業主婦の頃より子どもと家ですごす時間が少ないことや、子育てを保育園任せにしているのではないかと悩みをもつ方もいるかもしれません。今回は、子どもをいつから保育園に預けているのかや悩んだときに行なったことの他、保育園へ預けながらの子育てで意識したことについてお伝えします。

子どもを保育園に預けたのはいつから?

仕事を始めようと考えているママのなかには、子どもを保育園へ預け始める時期について気になる方もいるのではないでしょうか。実際に保育園に子どもをいつから預けるようになったのかママたちに聞いてみました。

30代ママ
息子は1歳児クラスのときに保育園へ入園しました。ちょうど職場復帰をするタイミングで保育園に預け始めました。
30代ママ
長女は年少クラスから保育園に入りました。入園まで幼稚園の体験教室にも通っていたのですが、長女が年少にあがる年から私もパートの仕事を始めたので、2歳の次女と同時に保育園に入園しています。
子どもが保育園にいつから入園しているのかは、家庭によってさまざまなようです。2歳になって幼稚園にプレ入園してみたけれど、ママが仕事に就くタイミングで保育園に入園することにしたという方もいました。

今回は、子どもを保育園に預けているママの悩みや意識していることについてお伝えします。

子どもを保育園に預けているママの悩み

仕事をもちながら保育園を利用しているママたちは、どのような悩みをもっているのでしょう。専業主婦から働くママになった方の悩みについて聞きました。

子どもとゆっくりすごす時間をつくりにくい

30代ママ
私は専業主婦の頃より子どもとすごす時間が減ったことが悩みです。幼稚園に通っている子は帰宅も早く、いっしょにすごす時間が多いように見えるので、娘が寂しい思いしているのではないかと不安になるときがあります。
外へ出て働くようになり、専業主婦だった頃より子どもとすごす時間が減ったことに悩んでいるママがいるようです。幼稚園と違い帰宅後の時間が短いので、夕飯の準備や洗濯物を畳むことなどで忙しく、子どもとゆっくり遊べないというママの声もありました。

保育園任せにしている気持ちになる

30代ママ
私の仕事が忙しく、子育てを保育園任せにしてしまっているような気持ちになるときがあります。担任の先生がトイレトレーニングをしてくださり助かっているのですが、保育園任せにしているような気がして自分を責めてしまいました。
仕事が忙しいとき、子育てを保育園任せにしているような気持ちになってしまうというママもいました。会社員や母親などさまざまな肩書をもつママたちは、仕事と子育ての両立に悩むこともあるかもしれません。

家事をする時間が限られている

家事をするママ
leungchopan/Shutterstock.com
30代ママ
私の悩みは教育費用を貯めるために働き始めてから、限られた時間のなかで家事をしなければならなくなったことです。専業主婦の頃は日中に行なっていた家事を朝と夜に集中してやらなければならなくなったので、スムーズにこなすのが難しく感じます。
保育園に子どもを預けて仕事をもつようになると、家事をこなす時間が限られてくることもあるかもしれません。他にも、平日は夕飯やお風呂の時間が遅くなってしまい、子どもの生活リズムを整えるのが難しく感じるというママの声も聞かれました。

ママたちが悩んだときに行なったこと

仕事と子育てを両立するために行なっていることを、ママたちに聞いてみました。

休日のすごし方を工夫する

30代ママ
子どもとの時間を大切にしたいと考えて、休日のすごし方を工夫するようになりました。毎回特別な遊びをしなくても、絵本を読んだりいっしょに料理をしたりと子どもが喜ぶことをしています。
子どもとすごす時間を増やせるよう、休日のすごし方を工夫しているママがいました。休日にやらなければならない家事が溜まっているときは、遊びの一環として子どもといっしょに雑巾がけや洗濯物を畳む作業などを行なうのもよいかもしれません。

パパと子育てや家事を分担する

夫婦で掃除をしているところ
Rawpixel.com/Shutterstock.com
30代ママ
私が働き始めて共働きになってから、子育てや家事を夫婦で分担するようになりました。夫には寝る前の歯磨きや保育園への送迎などをできる範囲でお願いして、夫婦で助けあいながら子育てをしています。
パパと子育てや家事を分担して行なうことで、忙しい毎日でも生活しやすくなるかもしれません。他にも、お互いにどのような家事を行なって欲しいのかや育児の悩みなどを、定期的に夫婦で共有しているというママの声も聞かれました。

家事を時短で行う工夫をする

30代ママ
限られた時間内で家事を時短で行えるように、新しくロボット掃除機を使い始めました。掃除機をかける手間が少なくなり、その分他の家事をする時間ができたので助かっています。
家事を時短で行なえるよう、ロボット掃除機などの家電を取り入れているママもいるようです。ママのなかには、夕飯の準備を時短で行なえるよう、圧力鍋や保温調理器を使っているという声もありました。

保育園へ預けながらの子育てで意識したこと

仕事をもつママたちは、普段からどのようなことを考えて子育てをしているのでしょう。ママたちに、保育園へ預けながらの子育てで意識したことを聞きました。

保育園の先生や家族に相談する

30代ママ
以前子育てと仕事の両立で悩み、気持ちが滅入ってしまったことがありました。今は1人で悩みを抱え込まずに、困ったことがあったら夫や担任の先生に相談するようにしています。
子育ての悩みをパパや先生などの信頼できる人に話すことで、ママの気持ちが楽になることもあるかもしれません。育児をするなかで気になることがあったため、担任の先生に保育園での子どもの様子を聞いてみたというママもいました。

完璧を求めない

30代ママ
私は自分の気持ちに余裕がもてるように、全てをうまくこなそうと考えないことにしました。時間がない日の夕飯は費用を気にせず、お惣菜を買ったり外食をしたりして息抜きをしています。
仕事も子育ても完璧を求めず、無理をしないことを意識しているママもいるようです。その日にできなかったことよりもできたことや助けてもらったことに目を向けることで、前向きな気持ちで子育てや仕事に向きあって行けそうですね。

夫婦で協力して子育てをしていこう

家族の写真
Rawpixel.com/Shutterstock.com

いつから保育園を利用するようになったかは、専業主婦から就職したタイミングなど家庭によってさまざまなようです。教育費用を貯めるために働き始めたけれども、幼稚園児より子どもとすごす時間が少ないと感じて、子育てを保育園任せにしているような気持ちになるという悩みをもつママもいました。

忙しい日々のなかでも家族が笑顔で暮らしていけるように、ママも息抜きをしながら毎日の生活に向きあっていけるとよいですね。

2020年03月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

仕事の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ