【体験談】赤ちゃんが抱っこを嫌がる理由。嫌がるときにしたこと

【体験談】赤ちゃんが抱っこを嫌がる理由。嫌がるときにしたこと

ママたちに聞いた抱っこを嫌がるときの対応

新生児や生後1ヶ月、生後2ヶ月などの赤ちゃんや1歳の子どもを寝かしつけるときやあやしているとき、抱っこを嫌がることが続いて悩んでいるママもいるかもしれません。今回は、抱っこを嫌がる理由やママたちが行なったことの他に、抱っこを嫌がるときに意識したいことについて体験談を交えてお伝えします。

赤ちゃんや子どもが抱っこを嫌がるとき

子育て中のママのなかには、寝かしつけるときやお世話をするときに、赤ちゃんや1歳児が抱っこを嫌がることに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

0歳児と1歳児のママやパパたちに話を聞いてみると、赤ちゃんや子どもが抱っこを嫌がる理由が気になるという声や、抱っこを嫌がったときにどのように対応するとよいのか気になるといった声がありました。

そこで今回は、赤ちゃんや1歳児が抱っこを嫌がったときの対応について体験談を元にご紹介します。

ママたちが考える抱っこを嫌がる理由

赤ちゃんや1歳児はなぜ抱っこを嫌がるのでしょう。ママやパパたちが考える抱っこを嫌がる理由をご紹介します。

抱っこに慣れていないから

新生児のママ
私は、赤ちゃんが抱っこに慣れていないから嫌がるのだと感じています。新生児の頃は赤ちゃんも抱き上げられた感触や姿勢にまだ慣れておらず、びっくりして泣いてしまうのではないかと思いました。
赤ちゃんが新生児や生後1ヶ月頃の場合は生まれて間もないため、大人に抱っこをしてもらうことに慣れておらず戸惑ってしまうこともあるかもしれません。

1歳児のパパからは、子どもがママ以外の人が抱っこをしようとすると、慣れていないためか嫌がるという声も聞かれました。

他の抱き方をして欲しいから

1歳児のママ
うちの娘が抱っこを嫌がるのは、他の抱き方をして欲しいからかもしれません。抱っこをしたときに不快な姿勢になっていると、娘も気持ち悪いのか泣き出してしまうときがあります。
赤ちゃんや1歳児が他の抱き方をして欲しいときに、泣いて嫌がっているのではないかと感じたママもいるようです。

ママやパパが抱っこをしたときに赤ちゃんや子どもにとって気持ちのよい抱き方でない場合は、不安を感じてしまい泣いて伝えることもあるかもしれません。

抱っこの他に理由があるから

泣いている1歳児
leungchopan/Shutterstock.com
生後1ヶ月の赤ちゃんのママ
抱っこをして息子が泣くときは、他に嫌がる理由があるかもしれないと思いました。眠くてぐずっているのか、オムツを変えて欲しいのかなどをよく考えて、どのように対応しようかと考えています。
赤ちゃんや1歳児が抱っこを嫌がるのは、他に理由があって泣いている場合もあるかもしれません。

ママのなかには、夏場や天気のよい日に屋外などで抱っこをする場合は、赤ちゃんや子どもがすごしやすい服装かどうかを確認しているという声もありました。

抱っこを嫌がるときのママたちの対応

赤ちゃんや1歳児が抱っこを嫌がるとき、どのような対応をするとよいのか知りたいママもいるようです。実際にママたちが行なった、赤ちゃんや1歳児が抱っこを嫌がるときの対応についてご紹介します。

抱き方を変えてみる

生後4ヶ月の赤ちゃんのママ
それまで横抱きをしていたので、娘の首がすわったタイミングで縦抱きに抱き方を変えてみました。親の体温が伝わって落ち着いてもらえるように、娘の頭を私の体に寄りかからせて縦方向に体を密着させるように抱いています。
赤ちゃんや1歳児が抱っこを嫌がるとき、抱き方を変えてみることでどのような体勢が楽に感じるのかわかりやすいかもしれません。

縦抱きを試しているママからは、できるだけ赤ちゃんのひざが開いた状態にして抱っこをすると身体が密着しやすいという声も聞かれました。

抱っこをしながら歩いてみる

生後2ヶ月の赤ちゃんのパパ
生後2ヶ月の息子が抱っこを嫌がるときは、抱いたまま家の中を歩いています。私の歩く動きにあわせて揺れることで息子がリラックスできるように、落ち着くまで家の中を移動しました。
赤ちゃんが大人の動きにあわせて揺れることでリラックスできるよう、抱っこをしながら家の中を歩いたパパもいるようです。

時間帯が日中であれば屋外へ散歩に出かけ、赤ちゃんの気持ちが落ち着くように外の景色を見るようにしているというママの声もありました。

育児アイテムを使う

パパがCDを出しているところ
nito/Shutterstock.com
生後10ヶ月の赤ちゃんのママ
抱っこをして娘が嫌がったときはさまざまな育児アイテムを使っています。先日は、娘が普段から好きな音楽を部屋の中で流しながら、抱っこ紐を使ってあやしてみました。
赤ちゃんや1歳児が抱っこを嫌がるとき、音楽や抱っこ紐などのアイテムを使ってあやしているママもいました。

音楽の他にもラトルを鳴らしてみるなど、赤ちゃんの様子や月齢にあわせてどのようなアイテムを使おうか考えるとよいかもしれません。

抱っこを嫌がるときに意識したこと

赤ちゃんが抱っこを嫌がることが続くと、前向きな気持ちになれずに悩んでしまうママもいるかもしれません。

実際に、ママたちは赤ちゃんや1歳児が抱っこを嫌がるときにどのようなことを意識したのでしょう。

育児をがんばっている自分を認める

生後2ヶ月の赤ちゃんのママ
娘が新生児の頃は抱っこ嫌がる理由がわからずに落ち込むこともありましたが、今は育児をがんばる自分を認めるようにしています。新生児の頃をすぎると娘も抱っこに慣れてきたようで、最近は気持ちよさそうな表情になりました。
毎日育児をがんばっているママ自身が自分を認めることで、前向きな気持ちで赤ちゃんや子どもに向きあっていけそうですね。

ママのなかには、赤ちゃんが時折見せてくれる笑顔が何よりのご褒美に感じるという声もありました。

パパと協力する

新生児のママ
息子が抱っこを嫌がることが続いたので、夫にも協力してもらうようにしました。抱っこを代わってもらったり話を聞いてもらったりすると、自分の気持ちも楽になるように感じます。
育児の悩みをママが1人で抱え込まず、パパと協力しながら子育てをしていくことも大切かもしれません。

他にも、パパの仕事が休みの日に赤ちゃんのお世話をお願いして、息抜きをする時間を作ってもらうようにしたというママの声も聞かれました。

抱っこを嫌がるときはさまざまに工夫して

赤ちゃんを抱っこしているママ
Take A Pix Media/Shutterstock.com

0歳児や1歳児のママやパパたちに話を聞いてみると、新生児や生後1ヶ月、生後2ヶ月頃の赤ちゃんが抱っこに慣れていない場合や、寝かしつけ時に他の抱き方をして欲しいときに抱っこを嫌がるという声がありました。

抱っこを嫌がるときは、抱きながら歩いたり育児アイテムを上手に使うのもよいかもしれません。

ママが自分を認めながら育児をすることも意識しながら、パパと協力して子育てをしていけるとよいですね。

2020年02月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧