ママとしてのライフスタイルや生き方。専業主婦やワーママが思うこと

ママとしてのライフスタイルや生き方。専業主婦やワーママが思うこと

悩んだときに意識していることとは?

子育てをしていると、今後の生き方について考えるママもいるのではないでしょうか。仕事と家庭のバランスについて悩むママもいるかもしれません。今回は、専業主婦やワーママがそれぞれ感じる生き方の悩みと、パパに相談するなど生き方に悩んだときにママが意識していることを体験談を交えてご紹介します。

ママとしての生き方を考える

子育て中のママのなかには、これからどのような生き方をするとよいのか考えるママもいるようです。専業主婦を続けるのかや仕事を始めるかによっても、生き方にまつわる悩みは違ってくるかもしれません。今回は、ママとしての生き方についてご紹介します。

専業主婦が感じる生き方の悩み

結婚してから専業主婦として暮らしている方の他にも、妊娠や出産をきっかけに専業主婦になった方もいるのではないでしょうか。ママたちに、専業主婦が感じる生き方の悩みを聞いてみました。

同じことのくり返し

3カ月の赤ちゃんのママ
赤ちゃんと暮らしていると、毎日が同じことのくり返しに思えてくることありました。赤ちゃんとの生活は楽しいのですが、お世話と家事をするだけの毎日がつらいと感じることもあります。
赤ちゃんのお世話を中心とした生活をしていると、毎日が同じことのくり返しのように感じることもあるようです。ママのなかからは、妊娠や出産前に経験したメリハリのある生活が懐かしいと感じるという声も聞かれました。

社会の役に立ちたい

オフィス
iStock.com/alvarez
5歳児のママ
子どもが成長していくと、以前よりも少しずつ手が離れてきたように感じました。これからの生き方を考えたときに、社会の役に立てるようなことをしてみたいのですが、どのように動きだすとよいのかわからなくて悩んでしまいます。
家庭のなかだけでなく、社会の役に立てるようなことができないか考えるママもいました。他にも、これまでのキャリアや子育ての経験を活かした仕事に就きたいと感じるママもいるようです。

1人の女性としても輝きたい

1歳児と3歳児と6歳児のママ
これからの暮らしを考えたとき、母親という立場だけでなく1人の女性としてどう生きるかイメージしました。しかし、3人の子育てで社会から離れた期間が長かったため、どのようなやり方があるのかわかりません。
専業主婦をしていると、1人の女性としても輝きたいと感じることもあるようです。子どもが生まれてからは名前で呼ばれることが少なくなり「◯◯ちゃんのママ」と呼ばれる事が増えたママもいるのではないでしょうか。

母親としてだけではなく、1人の女性としての一面をもてる生活に憧れを抱くママもいるかもしれませんね。

ワーママが感じる生き方の悩み

仕事をしながら子育てをしているワーママだからこその悩みもあるようです。ママたちに聞いた、ワーママが感じる生き方の悩みをご紹介します。

仕事と家庭の両立について

1歳児のママ
私は子どもが1歳になったときに仕事復帰しました。仕事と家庭のバランスがうまくとれないとき『保育園からの呼び出しがあるかもしれないので仕事に集中しにくい』や『最近掃除ができていない』と悩むことがあります。
子どもを保育園に預けて仕事をしていると、思いがけない発熱のため早退することや仕事を連日休むこともあるかもしれません。ママのなかからは、仕事と家庭の両立を考えて会社と時短勤務に変更する相談をしたという声も聞かれました。

子どもとすごす時間が少ない

1歳児のママ
息子が10カ月の頃から保育園に預けて共働きをしています。両親が仕事をしていることで子どもとすごす時間が少なくなり、子どもが寂しい思いをしていないかと心配になります。
子どもとすごす時間が少ないことを気にかけるママがいるようです。仕事で外回りをしているとき、手をつないで歩いている親子を見かけると、子どもといっしょにすごす時間を増やしたいと感じることもあるかもしれません。

2人目以降のタイミング

4歳児のママ
子どもを3人計画していますが、担当している業務の責任者になったことで2人目以降を計画するタイミングに悩みました。産休や育休から復帰したとき、同じ仕事ができる環境かわからないので、いつ2人目を計画したらよいのか迷っています。
2人目以降のタイミングに悩むワーママも少なくないようです。自分が産休に入ることを考えたとき、同僚の仕事量が増えないか気になって2人目のタイミングを決めかねているというママの声もありました。

生き方に悩んだときにママが意識していること

母親としての生き方に悩んだとき、前向きな気持ちになるためにママたちはどのようなことを意識しているのでしょうか。ママたちに聞いた、生き方に悩んだときにママが意識していることをご紹介します。

人に相談する

カフェで相談
leungchopan/Shutterstock.com
2歳児と5歳児のママ
頭のなかにあるモヤモヤとした考えを、自分だけで抱えこむのは大変だと思いました。仲のよい友だちに来てもらい、悩みなどの素直な気持ちを相談すると、それだけでも心が軽くなりました。
言葉にすることで自分の悩みを整理しやすくなったり、相手に共感してもらえることで重く受け止めていた悩みが軽くなったりすることもあるかもしれません。

一番身近な存在のパパにこれからの生き方を相談し、背中を押してもらったことが嬉しかったというママの声もありました。

とにかくチャレンジしてみる

5歳児のママ
これからの生き方を考え、自分に何ができるのか悩みましたがとにかくやってみることにしました。新しいことに踏み出さずに後悔するよりも、チャレンジしてから振り返ることも大切だと感じています。
自分らしい生き方を考え、とにかくチャレンジしたママがいるようです。趣味の手芸作品を展示や販売したり、目標に向けて資格の勉強をしたりと新しいことへ挑戦するのもよいかもしれません。

息抜きの時間を作る

3歳児のママ
ママとしての生き方に悩んだときは、息抜きの時間を作るようにしています。私の場合はお気に入りのカフェに行ってハーブティーを飲むことで、悩みでいっぱいになった頭のなかが少しずつ落ち着いていくように感じます。
生き方に悩んだときは、自分にあった息抜きの時間を作るママもいるようです。子どもをパパに任せ、買い物や読書など気持ちのリフレッシュにつながる1人の時間を作ったというママの声もありました。

ママの生き方の可能性はさまざま

ママの笑顔
zhu difeng/Shutterstock.com

ママとしての生き方の悩みは、仕事をしているかなど環境によっても変わってくるようです。専業主婦の場合、母親という立場だけでなく1人の女性としても輝きたいと考えるママもいました。

ワーママの場合、仕事と家庭の両立について悩みを抱えているという声も聞かれました。生き方に悩んだときはパパや友だちに相談したり息抜きの時間作ったりと工夫し、自分らしい生き方を見つけられるとよいですね。

2019年09月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧