新築の家づくり。土地探しににかかる期間や探すときのポイントなど

新築の家づくり。土地探しににかかる期間や探すときのポイントなど

ママたちによる理想の土地探しの仕方

住宅を建築する土地探しをするとき、どのくらいの期間がかかるのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、家を新築するための土地探しの仕方や一戸建て用の土地探しにかかった期間、期間内で土地探しをするポイントを体験談を交えてご紹介します。

家づくりで土地探しをするとき

子どもと暮らす家を新築するとき、土地探しから計画するママやパパもいるようです。どのような土地に住宅を建てると家族がすごしやすいのか気になることもあるかもしれません。土地探しにはどのくらいの期間がかかるのか知りたいママやパパもいるのではないしょうか。

今回は、家づくりでの土地探しについてママたちに聞いてみました。

家を新築するための土地探しの仕方

新築の家づくりを計画しているとき、どのように土地探しをするとよいのか知りたいママもいるのではないでしょうか。ママたちに聞いた、家を新築するための土地探しの仕方をご紹介します。

不動産屋で探す

「土地を探していたときは都心に住んでいましたが、自然が多い地域に移住を考えて地方で土地探しをしました。住みたいエリアにある地域の不動産屋を訪ね、予算と希望を伝えて探してもらうと、自宅にいても不動産屋さんが情報を提供してくれ助かりました」(30代ママ)

土地探しをしている地域の不動産屋に土地を探してもらったママがいるようです。不動産屋によって取り扱っている土地物件に違いがあるようなので、いくつかの不動産屋に依頼しておくとよいかもしれませんね。

建築業者に依頼する

iStock.com/psisa

「うちの場合、土地探しの前に住宅の建築業者を決めました。建築業者がおさえている土地もあるようなので、市場に出回らない物件を見せてもらうことができました」(20代ママ)

新築を依頼する予定の建設業者に土地探しを依頼することもあるようです。どのような家づくりをしたいかを建築業者に話していたので、イメージに添った土地探しをしてくれたというママの声もありました。

インターネットで探す

「我が家は共働きで夫婦の帰宅時間にズレがあるので、インターネットを使って土地探しをしました。チェックするホームページを夫と分担し、情報が更新されたときに夫婦で共有して検討を重ねました」(40代ママ)

インターネットで見つけた情報を夫婦で共有するとより多くの情報が検討しやすくなるかもしれませんね。ママのなかには、インターネットで土地探しをすると、希望するエリアの相場となる価格もわかりやすかったという声も聞かれました。

土地探しにかかった期間

土地探しにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。実際に、ママたちに土地探しにかかった期間を聞いてみました。

半年以内

「子どもの入学に間にあうように新築の一戸建てを計画していたので、土地探しにかけられる期間が半年程度でした。住宅会社と不動産屋に土地探しを依頼し、土地探しにかかった期間は5カ月でした」(40代ママ)

「土地探しを開始して3カ月の頃、希望する条件の土地が売りに出されたのを見つけました。人気のエリアだったので時間をかけて検討すると売り切れてしまうと思い、夫婦で一晩相談して購入を決めました」(30代ママ)

半年以内で土地探しの期間を終えたママがいるようです。他にも、夫婦の意見をまとめるのに1カ月ほどかかり、実際の土地探しに3カ月ほど、絞った候補から実際に見に行くために1カ月とあわせて5カ月ほどかかって決めたというママの声もありました。

1年以内

iStock.com/frentusha

「我が家の場合、土地探しにかかった期間は11カ月程度でした。候補となる地域が季節によってどのような住環境になるのか確認し、エリアを絞り込んで検討することができました」(20代ママ)

土地探しの期間は1年以内だったというママの声がありました。雪が降る地域への移住を検討する場合、積雪や除雪の状況を確認してから土地を決めるのもよいかもしれませんね。

1年以上

「土地探しをしている期間に2人目を妊娠したので、土地探しを一旦お休みして産後落ち着いた頃に再開しました。最初に土地を探し始めてから全体で2年かかりましたが、子どもが2人に増えたことで、新築した家での生活スタイルをよりリアルにイメージしながら土地探しができよかったです」(40代ママ)

1年以上かけて土地探しをしたママがいるようです。土地探しの期間を設けていない場合、希望にあわせて納得できる条件の土地が見つかるまで時間をかけて物件を見て回ったというママの声もありました。

期間内で土地探しをするポイント

土地探しに期間を設けている場合、どのように土地探しを進めるとよいのでしょうか。ママたちに聞いた、期間内で土地探しをするポイントをご紹介します。

土地が出やすい期間にチェックする

「私が相談していた不動産屋に聞くと、土地が売りに出されやすい時期があると教えてもらいました。お正月明けから春先にかけての期間と初秋には出やすいと聞いたので、その期間は特に土地情報をチェックしました」(30代ママ)

土地が売りに出やすい期間にこまめに情報をチェックしたママがいるようです。お正月やお盆などの親戚が集まる機会では、使っていない土地を売却する相談が行われることもあるようなので、これまでにはなかった土地情報が出ることがあるかもしれませんね。

優先順位を決める

「電車通勤の夫が利用する駅へのアクセスや子どもが通う予定の小学校への距離など、重視する条件をリストアップしました。そのなかから優先順位を決め、候補となる土地に家を新築するイメージを膨らませると検討しやすくなりました」(40代ママ)

土地探しの期間が決まっている場合、土地に求める条件のなかで優先順位を決めると検討しやすくなるかもしれませんね。土地探しの途中で家族が増えたり、仕事の状況が変わったりとライフスタイルに変化があると優先順位が変わることもあるようなので、柔軟に見直しができるとよいかもしれませんね。

土地探しにかかる期間はそれぞれ

iStock.com/PonyWang

家づくりのための土地探しにかかる期間は、地域や条件によってもそれぞれ違ってくるようです。土地探しの仕方には、不動産屋や、一戸建ての建設を依頼する予定の業者に依頼したりインターネットを利用して自分で探したりしたというママの声もありました。

家族の生活スタイルを考え、新築の住宅の条件にあうような土地が見つけられるとよいですね。

2019年04月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ