保育園の子どもたちが選ぶ!“やさいパン”総選挙。No.1に輝いたメニューとは…?

保育園の子どもたちが選ぶ!“やさいパン”総選挙。No.1に輝いたメニューとは…?

食パンでおなじみ「Pasco超熟」。シンプルな素材で作られていて、もっちりしっとり、小麦本来の味わいが楽しめます。今回KIDSNAでは、Pasco超熟でパンメニューコンテストを開催!保育園の子どもたちが選ぶPasco超熟No.1パンメニューとは…!?献立のレパートリーに悩むママ必見です!

[PR] 敷島製パン株式会社
敷島超熟

子どもたちはどんなパンが好き?

今回企画に参加してくれたのは、株式会社キッズコーポレーション 大空と大地のなーさりぃ茗荷谷園」4歳児クラスの子どもたち。

みんなパンが「だいすき」だそう。

先生が好きなパンを聞くと「あんぱん!カレーパン!しょくぱん!トースト!クロワッサン!」などの声があがりました。
子供たち
「今日のおやつは特別。3つの味のパンを用意しました」と聞いて身を乗り出す子どもたち。みんな興味津々。
先生と子供
吉元先生
まず、3つのパンを食べてもらいます。

どのパンから食べてもいいよ。

食べ終わったら『いちばんすきなパン』を聞くからね。
子どもたち
はーい!
子どもたち
どんなパンだろう?

パンメニュー3選手入場…!!

3つのパンメニュー、いざ入場です!

エントリNo.1 ミートソースのロールケーキ風くるくるサンド

ロールパン
野菜たっぷりのミートソースとスライスチーズをPascoの「超熟」でくるくる…!一口サイズの大きさで、子どもたちもきっと食べやすいはず。

エントリNo.2 お野菜ごろごろ三角カレーパン

カレーパン
たまねぎ・にんじん・ピーマンなど野菜たっぷりのカレーが、ぎゅぎゅっと詰まったカレーパン。“さんかく”の形もかわいいですよね。子どもたちの反応はいかに…!

エントリNo.3 お好み焼き風オムレツdeバーガー風サンド

オムレツバーガー
キャベツ・にんじん・ベーコン入りオムレツをPascoの「超熟」でサンド!お好み焼き風の味付けもおもしろい。ちょっと変わり種なこのメニュー。果たして子どもたちの評価は…?

いざ、実食!子どもたちの反応は…?

3つのPasco超熟パンメニューが揃ったところで、いざ実食です!

悩む子供
うーん…。どれから食べようかなぁ。
食べている子供
「まずはこれ(くるくるサンド)から!」さっそく、ぱくっ…!
子どもたち
ちょっとあまくて、ピザみたいなあじ(くるくるサンド)
子どもたち
なにがはいっているんだろう?
「さんかくのパンは、カレーが入ってる!」
子どもたち
まわりのところ(衣)がサクサク!
子どもたち
おいしい!
食べる子供
「このパン(バーガー風サンド)ふわふわ」「ハンバーガーみたい」

「おやつにパン3つはちょっと多いかな…?」食べきれるか少し心配でしたが、あっという間にペロリと完食!

子どもたち
ぜんぜんへっちゃら!
子どもたち
もっとたべれそう!

果たして子どもたちが選ぶNo.1のパンはどれになるでしょうか…!

人気No.1に輝いたパンメニューはこれだ…!!

北浦先生
みんなたくさん食べたね!さーて、それでは最後に1番のパンを決めるよ!

どのパンが『いちばんすき!』『いちばんおいしい!』と思った?

1番のパンだと思うものに手をあげてください。

まずは『くるくるサンド』が1番おいしいと思った人!
子どもたち
はいはい!わたしくるくる(くるくるサンド)!
吉元先生
じゃあ、つぎは『カレーパン』が1番おいしいと思った人!
子どもたち
はーい!だってカレーすきだもん!
北浦先生
それでは最後に、『バーガー風サンド』が1番おいしいと思った人!
子どもたち
ハンバーガーみたいでおいしかった!
手を挙げる子供

投票の結果…

人気No.1を獲得したパンは「お野菜ごろごろ三角カレーパン」でした!!

惜しくも2位だったのは「ミートソースのロールケーキ風くるくるサンド」3位は「お好み焼き風オムレツdeバーガー風サンド」。

ちなみに…保育士の先生はじめ「おとな」の一番人気は、3位の「お好み焼き風オムレツdeバーガー風サンド」でした。

人気No.1「お野菜ごろごろ三角カレーパン」のレシピ

1位に輝いた「お野菜ごろごろ三角カレーパン」のレシピを、特別にご紹介します

カレーパン

材料(4個分)

・Pasco「超熟」 食パン8枚スライス 1枚
・マーガリン 適量
・水溶き片栗粉 適量
・卵 1個
・パン粉 適量
・揚げ油 適量(フライパンや鍋の深さ3cmくらいの油の量が目安)

 (キーマカレー)
・豚ひき肉 50g
・玉ねぎ 1/2個(50g)
・にんじん 1/4本(50g)
・ピーマン 1個(35g)
・油 適量
・カレールウ甘口 100g
・水 100〜120ml(使用するカレールウのメーカーの作り方によっては要調整)
・塩、こしょう 適量

作り方

1.キーマカレーを作る。
野菜はすべてみじん切りにしておく。
油を熱したフライパンにひき肉を入れてほぐしながら炒め、火が通ってきたら玉ねぎを加えて透き通るまで炒める。
その後、にんじん・ピーマンを加えてさらに炒め、油が回ったら塩・こしょうで味を整え水を加えて煮込む。
沸騰して具材に火が通ったら弱火にしてカレールウを加え、ダマがなくなるまで混ぜたら火を止めて冷ましておく。

2.食パンはミミを落として麺棒で平らになるよう伸ばし、縦半分にカットする。
(このとき断面をキレイにするのと、キレイな長方形にするために、4辺すべてを少しだけ包丁で切り落として微調整する。)

3.食パン4辺のふちを5mmほど残してマーガリンを薄く塗り、下半分の中央にキーマカレーをのせる。
4辺すべてのふちに水溶き片栗粉をつけて、正方形になるよう食パンを折りたたみ、キーマカレーが飛び出ないように指でしっかり押しながら食パン同士をくっつけて閉じる。

4.溶きほぐした卵・パン粉の順に3.をくぐらせ、180℃の油でキツネ色になるまで揚げ、油をよく切ったら完成。

「くるくるサンド」のパンレシピはこちら
「お好み焼き風オムレツdeバーガー風サンド」のパンレシピはこちら

シンプルでアレンジ自在!子どもと楽しむパンライフ

3つのパンを食べる順番は、手でつかみやすい「くるくるサンド」から食べはじめる子が多かったのですが、勝利したのは「三角カレーパン」。

最後に、ご協力いただいた大空と大地のなーさりぃ茗荷谷園の先生方に感想を伺いました。
先生たち
左から栄養士の江村先生、北浦先生、担任の吉元先生
吉元先生
なにより印象的だったのが、子どもたちが純粋に食事を楽しむ姿。楽しい食事が食育の一番の基本ですから。それだけでわたしたち保育士としては、企画大成功です。
江村先生
味覚の形成には乳幼児期の食事が大切。できるだけ素材のおいしさを感じてほしいと思います。

Pascoの「超熟」は、小麦粉・米粉・パン酵母・バター入りマーガリン・砂糖・食塩・醸造酢といった、シンプルな原材料だけで作られていて、小麦本来の味を感じられるのがいいですよね。
北浦先生
子どもたちの味覚の幅は、いろんな食材や料理を経験することで広がります。

「超熟」は、余計な味がしないので、今回の『ミートソース(くるくるサンド)』『カレー(三角カレーパン)』『お好み焼き風オムレツ(バーガー風サンド)』のように、いろんな食材や料理と相性がよいのも魅力に感じました。

なかには「パンのすきまからいいにおいがする…!」と、Pascoの「超熟」の香りを味わいながら食べる子どもの姿もあり、その繊細な感覚に驚かされた今回の企画。

ご紹介した3レシピは、おやつはもちろん、朝ごはんやお外ごはんにもぴったりです。

ぜひいろんなシーンで楽しんでくださいね。

Pascoの超熟
シンプルな味わいでどんな食材とも相性抜群!Pasco超熟
栄養士プロフィール

2020年02月07日

アンケート

Pascoの「超熟」について

Q1. 記事の中で紹介したPascoの「超熟」を知っていましたか?
Q2. Pascoの「超熟」を、何で知りましたか?あてはまるものすべてにチェックをお付けください。 (複数回答可)
Q3. Pascoの「超熟」シリーズのうち、お子様と一緒によく食べる商品があれば、お教えください。 (複数回答可)
Q4. 記事をご覧になったあとのあなた自身の感情の変化や行動について、あてはまるもの すべてにチェックをお付けください。 (複数回答可)
Q5. お子様の年齢をお教えください。(お二人以上いらっしゃる場合は、記事を参考にしたお子さまの年齢をお教えください。)
ご回答いただきありがとうございます!

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ