子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年01月15日

寒い日にぴったり。体あたたまる「トマト餃子鍋」を家族で囲もう

寒い日が続き、あたたかい鍋がおいしい季節になりました。今回はちょっと変わった「トマト餃子鍋」のレシピをご紹介します。定番の鍋料理に飽きたらぜひ参考にしてくださいね。

渡部アキ

鍋料理の定番レパートリーとは

体の中からポカポカあたたまる鍋料理は、この季節、どのご家庭でも頻繁に食卓に上るものだと思います。

でも、同じ鍋だと飽きてしまいますよね。そこで、キムチ鍋、カレー鍋、寄せ鍋、豆乳鍋など定番鍋のレパートリーたちが順繰り担当を変えて出てくるのではないでしょうか。

新しい鍋料理のレシピ

そこで、こんな鍋はいかがでしょう?

餃子は自家製でもいいですし、それを冷凍保存しておいたものでも、市販のものでもOKです。

トマト餃子鍋

<2人分>
カットトマト缶・・・・1缶(400g)
餃子・・・・・・10個くらい(お好みで)
キャベツ・・・・・・・葉2枚
ブロッコリー・・・・・1/4株
しめじ・・・・・・・・1袋
オイスターソース・・・大さじ1
コンソメ・・・・・・・小さじ2
みりん・・・・・・・・大さじ3
水・・・・・・・・・・300cc
ピザ用チーズ・・・・・適量

(1)キャベツはざく切り、ブロッコリーとしめじは小房にカットしておく。

(2)カットトマト缶を鍋に入れ、水と餃子、具材をすべて入れて火にかける。

(3)オイスターソース、コンソメ、みりんを加え調味し、具材に火が通ったらチーズを散らして出来上がり!

※完成写真は半分の一人分量です。

トマト餃子鍋のイイところ

お野菜もたくさんとれて、餃子の皮の炭水化物、餃子のお肉のタンパク質もまるごととれる栄養満点なトマト餃子鍋。

定番トマト鍋も子どもに人気の鍋料理なので、餃子も加わるとさらにお子さまもパクパク食べてくれそう!

焼く前の餃子を使うことで、油も使わずヘルシーに仕上がりますし、冷凍でも冷蔵でも煮込み時間を変えるだけで失敗なく作れちゃうのもいいですね。

トマト餃子鍋アレンジいろいろ

トマトチーズリゾット

このレシピでは、キャベツとブロッコリー、しめじを使用していますが、その他お好みのお野菜や具材を入れてもいいので、じゃがいもや玉ねぎ、マロニーなんかも合うでしょうし、色んなアレンジで楽しめそうですね。

餃子を食べ終わったシメには、ご飯を入れて、トマトチーズリゾット風なんかもおいしそう!

シメにパスタ

普段、あまり鍋のシメでは使わないパスタも、トマト餃子鍋なら加えて煮込めばトマトソースパスタになっておいしいんです。

その際あらかじめパスタを茹でる必要はなく、鍋に入るように半分に麺を折って入れて少し煮込むと簡単においしく仕上がります。

冬は家族みんなで鍋料理を

鍋がおいしいこの時期、家族みんなで食卓を囲むのもいいですよね。このトマト餃子鍋もぜひ作ってみてください。

ライター:渡部アキ

記事一覧

料理タレント。野菜ソムリエ・フードコーディネーター・料理検定2級保持。

インターネット番組「Akitchen☆(アキッチン)」を6年間自ら配信・出演しUstream大賞を連続受賞する。

渡部アキ オフィシャルHP★AKIDOKI★
渡部アキ オフィシャルブログ
お料理トークバラエティAkitchen☆(アキッチン)Ustream
お料理トークバラエティAkitchen☆(アキッチン) AbemaTV
関連記事
カテゴリ一覧