子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食はいつから?プリンの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食はいつから?プリンの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食のプリンはいつから始めればよいのか、離乳食初期・中期・後期・完了期別に解説していきます。

離乳食を始めるときに食材別のスタート時期や形状・硬さ、さらに進め方の目安などどう進めていくのか悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省や自治体の資料を参考にしながら、ママたちによる、いつから離乳食に取り入れたのか、メニュー例や保存方法などの体験談について紹介します。今回はプリンです。

プリンを離乳食で始める前に

離乳食に取り入れるときは、子どもの体調や様子を見ながら少しずつ与えるようにしましょう。プリンは卵を使った料理なので、卵黄から卵白に進めていき、全卵が食べられるようになった頃から与えるとよいようです。

いつから食べさせてよい?

プリンはいつから離乳食に使用できるのでしょう?

離乳食の開始時期の目安としては、

・授乳の間隔があき、タイミングも一定になってきた
・食物に興味を持つようになってきた
・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

などがあげられるようです。

進め方の目安

離乳食初期(5~6カ月)

食事のタイミングは、体調やご機嫌が良いなど子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始めましょう。

離乳食中期(7~8カ月)

離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくようになるでしょう。

離乳食後期(9~11カ月)

生後9カ月頃から、授乳やミルクがメインではなくなる子が増えてくるかもしれません。1日3回食に進めていくなど、大人と同じ食生活が始まる時期といえるでしょう。

離乳食完了期(12~18カ月)

1日3回の食事のリズムを大切にすることが、生活リズムを整えるきっかけの一つと言えそうです。

出典:「Ⅱ離乳編」/厚生労働省

目安の量

プリンの離乳食
buriburi/Shutterstock.com

調理用計量スプーンの大さじは15ml、小さじは5mlです。1mlを約1gとして考えれば、量の目安にできそうです。

離乳食初期(5~6カ月)

調理形態の目安は、なめらかにすりつぶした状態
子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始める


離乳食中期(7~8カ月)

調理形態の目安は、舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)
1回当たりの目安量は卵黄1~全卵1/3個

離乳食後期(9~11カ月)

調理形態の目安は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)
1回当たりの目安量は全卵1/2個

離乳食完了期(12~18カ月)

調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める硬さ(肉団子や茹で卵の白身くらい)
1回当たりの目安量は全卵1/2~2/3個

プリンを使った離乳食のメニュー例

粉ミルクプリン

「9カ月の頃に作ったメニューです。卵黄と溶いた粉ミルクを混ぜ、鍋で加熱しました。作りおきしてあるにんじんやほうれん草などの茹でた野菜を、細かく切り加えて作ることもありました。よく食べてくれました」(20代ママ)

離乳食が進んで余っている粉ミルクを有効活用するとよいかもしれません。

かぼちゃプリン

「11カ月の頃から、やわらかく茹でてブレンダーにかけペースト状にしたかぼちゃに卵黄、加熱した牛乳を加えて、小さな容器に入れ湯煎して作っています。なめらかな食感のかぼちゃプリンは、子どものお気に入りです」(30代ママ)  
  
食材を変えて、さつまいもやバナナで作るママもいるようです。

保存方法

冷蔵保存

「プリンは臭いが移りしやすいと聞いたので、密閉できる耐熱容器で作り、しっかりと蓋をして冷蔵保存し、与えるときは小さな器に小分けにしていました」(30代ママ)

2、3日で食べきれる量を目安に、作っているママが多いようです。

気をつけていた点

下ごしらえ

「卵と牛乳を合わせた後、なめらかな食感になるように茶漉しなどでこすようにしています」(20代ママ)

口当たりを良くするだけでなく、卵の殻などが入らないように、下ごしらえのときから気をつけているママが多いようでした。

離乳食にプリンを上手に取り入れよう

離乳食
Africa Studio/Shutterstock.com

プリンはいつから離乳食として使ってよいか悩むママもいるようですが、多くのママたちは初期・中期には取り入れず、離乳食後期から完了期に取り入れているようです。初めのうちは子どもの様子を見ながら少量ずつ与えるとよいでしょう。調理も簡単なので、具材を変えながら食事やおやつに取り入れていけるとよさそうですね。離乳食の時期が進めば、家族と同じようなメニューをいっしょに食べることで食事の楽しさを伝えてあげられるとよいですね。


※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2017年12月7日時点で作成した記事になります。

2017年12月07日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧