ピクニックに持って行くおにぎりを作るときのコツや詰め方

ピクニックに持って行くおにぎりを作るときのコツや詰め方

おしゃれでかわいい詰め方や工夫

ピクニックに持って行くおにぎりを作るとき、どのような具を入れようか悩んだり、おしゃれでかわいい詰め方が気になったりするママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ラップを使うなどおにぎりを作るときのコツと、おにぎりレシピの他に、詰め方の工夫についてご紹介します。

ピクニック持って行くおにぎりを作るとき

ピクニックに持って行くお弁当を作るとき、片手で食べられるおにぎりを用意しようと考える方もいるかもしれません。ママやパパたちにピクニック用のおにぎりを作るときに気になることを聞いてみました。

20代パパ
暖かくなってきたので、今度お弁当を持って家族でピクニックに行こうと思っています。お弁当に入れるおにぎりはどのようなことを意識して作るとよいのか気になります。
30代ママ
ピクニックに持って行くおにぎりは、子どもたちが喜んでくれるようなものを作りたいと考えているのですが、いつも同じような具のおにぎりになってしまいます。ピクニックがより楽しくなるようなおにぎりレシピが知りたいです。
ママやパパたちに話を聞くと、ピクニックに持って行くおにぎりを作るときのコツやレシピについて気になる方がいるようです。ママのなかには、おにぎりのかわいい詰め方が知りたいという声もありました。

そこで今回は、ピクニックに持って行くおにぎりについて、ママやパパたちの体験談を交えてお伝えします。

ピクニック用のおにぎりを作るときのコツ

ピクニックに持って行くおにぎりを作るときは、どのようなことを意識して作るとよいのでしょう。ママやパパたちにピクニック用のおにぎり作りのコツを聞いてみました。

子どもが喜ぶ具を選ぶ

おにぎりを食べる女の子
ziggy - stock.adobe.com
30代パパ
わが家の子どもたちは、お弁当はピクニックの楽しみのひとつようなので、お弁当作りには力が入ります。おにぎりの具は、事前に子どもたちの希望を聞き準備するようにしました。
子どもたちに、おにぎりに入れてほしい具を聞いて用意しているパパがいるようです。ママのなかには、唐揚げなど子どもの好きなおかずをおにぎりの具にしたところ、好評だったという声もありました。

ラップを使って作る

20代ママ
おにぎりを作るときは素手で握らずラップを使うようにしています。手が汚れずにおにぎりが握れるので、お弁当作りの時間が短縮になるように感じます。
ラップを使っておにぎりを握ることを意識しているママがいるようです。衛生面を考えてラップを使うというママの声もありました。

食べやすいサイズ意識する

40代ママ
子どもが食べやすいように小さめサイズのおにぎりを作るようにしています。おにぎりのサイズが小さいと、いろいろな具のおにぎりをたくさん食べられると喜んでくれました。
子どもの食べやすい大きさを意識しておにぎりを作るのもポイントのようです。ママのなかには、大人と子どもでおにぎりのサイズを変えて作るという声もありました。

ピクニックが盛り上がるおにぎりレシピ

ピクニックに持って行くおにぎりは普段とはちょっと違った特別なおにぎりを作りたいと考える方もいるようです。ママたちに聞いた、ピクニック用のおにぎりレシピをご紹介します。

スティックおにぎり

30代ママ
巻きすの上にラップを敷きご飯を広げて乗せ、エビフライと長細く切った卵焼き、サニーレタスを乗せます。ソースとマヨネーズをかけてから、巻きすをくるっと巻いてしっかりと握ってできあがりです。

ツナやカニ風かまぼこ、きゅうりなど中に入れる具を変えていろいろな種類を作ります。
スティック状のおにぎりは、持ちやすくピクニックなど屋外でも食べやすいかもしれませんね。ママのなかには、ラップの上にご飯や具材を乗せた後、くるくると巻き両サイドをねじるという方法で、スティックおにぎりを作るという声もありました。

ドーナツおにぎり

20代ママ
おしゃれなおにぎりを作りたいと考え、ドーナツに見立てたおにぎりを作りました。刻んだ梅干しを混ぜ込んだご飯を、ドーナツの型に詰めてからラップに包み握った後、ドーナツ形に切った海苔を乗せて馴染ませたら完成です。
ドーナツのようなかわいい見た目のおにぎりは、ピクニックでのお弁当の時間が盛り上がりそうですね。ご飯に混ぜる具や乗せる具を工夫して、いろいろな種類のドーナツおにぎりを用意するのも楽しいかもしれません。

おにぎらず

20代ママ
ラップの上に海苔を1枚置き、中心にご飯を正方形になるように平たく乗せます。上に細切りにして炒めたにんじん、ピーマン、焼き肉、レタスを順に乗せたら、ご飯を乗せて海苔をラップごとギュッと包み海苔が馴染んだら、半分に切ってできあがりです。
ご飯にさまざまな具材を挟むおにぎらずはボリュームがあり、たくさん遊んだ後に食べるにはぴったりなメニューのひとつかもしれませんね。ママのなかには、さまざまな具材を用意して子どもの希望の具材を入れて作ったという声もありました。

おにぎりの詰め方のポイント

おにぎり弁当
iStock.com/yajimannbo

おにぎりをどのように詰めたらよいのか気になる方もいるのではないでしょうか。ママたちに、おにぎりの詰め方のポイントを聞いてみました。

見た目を意識する

30代ママ
お弁当箱を開けたときに、子どもたちが喜んでくれるようにおしゃれな詰め方をしたいと考えています。色の違うおにぎりを3種類用意して種類毎1列に並べるときれいな見た目で、おしゃれな雰囲気になったように感じます。
彩りのよいおにぎりを丁寧に詰めると華やかな雰囲気になりそうですね。ママのなかからは、かわいいおにぎりにしたいと考え、ゴマや海苔を使っておにぎりに顔を描いたという声も聞かれました。

取りやすくする

30代ママ
おにぎりはラップに包んだ状態でお弁当に詰めるようにしています。一つひとつラップに包まれていると、おにぎりが崩れにくく子どもでも取りやすそうと感じました。
子どもが、お弁当箱に入っているおにぎりを取りやすくなるような詰め方を意識しているママもいるようです。他にも、おにぎりを一つひとつお弁当用のシリコンカップに入れた詰め方をするというママもいました。

ピクニックにおにぎりを作ろう

公園でピクニックをする家族
iStock.com/monzenmachi

ピクニックに持って行くおにぎりを作るときは、子どもの好きな具を用意したりラップを使って作ったりするとよいようです。スティックおにぎりやドーナツおにぎりなどかわいいおにぎりを作っているというママの声もありました。

おしゃれな見た目や取りやすさなど詰め方も工夫して、ピクニックにおいしいおにぎりを用意できるとよいですね。

2020年03月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧