1歳の子どものランチ事情。おすすめレシピやメニュー

1歳の子どものランチ事情。おすすめレシピやメニュー

1歳の子どものランチメニューの選び方

1歳の子どものランチについて知りたいママやパパがいるかもしれません。子どもが食べやすいレシピや外食時のメニュー選びに迷うこともあるでしょう。今回は、1歳の子どものランチ事情、ランチメニューやレシピ、1歳の子どもにランチを食べさせるときのポイントをママたちの体験談を交えてご紹介します。

1歳の子どものランチ事情

ランチ
iStock.com/Asia-Pacific Images Studio

1歳の子どものランチについて知りたいママやパパがいるかもしれません。1歳の子どものランチ事情についてママたちに聞きました。

30代ママ
子どもが1歳のころは、納豆や海苔しか食べず、本当に困りました。ごはんにかけてもダメで、その食材のみを食べるので栄養面がとても心配でした。
20代ママ
外食するとき、味つけが濃そうで、うどん以外のレパートリーがありませんでした。
20代ママ
1歳の娘は、食の好みがかなりはっきりしています。エネルギー源のためにもしっかりと食べてほしいので、特にランチのメニューは何を作ればよいのかとても悩みます。
30代ママ
食べる時間が遅くなったときのことや、外食だと塩分が多すぎないかなどが心配になりました。
20代ママ
何を作ろうか毎日迷っています。
30代ママ
ランチメニューのレパートリーが少なく、いつも同じような食事になっているので、簡単に作れるレシピが知りたいです。
20代ママ
子どもが1歳のときは、食べない食材も多く、栄養のバランスが偏らないか心配でした。野菜を食べやすそうなレシピをよく検索していました。
20代ママ
息子が1歳のころ、野菜をあまり食べなかったので、野菜が苦手でも食べやすそうなレシピが知りたかったです。

濃い味つけや栄養バランスの偏りが気になるという声がありました。1歳の子どもは、好き嫌いすることがあるかもしれません。

他には、子どもに作るランチのレシピを知りたいというママがいました。ママたちは、子どもの体のことを考えたメニューをランチに食べさせたいと思っているようです。

1歳の子どもに作るランチメニュー

1歳の子どもに作るランチメニューやレシピをママたちに聞きました。

うどん

うどん
iStock.com/AG
20代ママ
子どもがよく食べ、簡単に作れるうどんはランチメニューにぴったりでした。

うどんは、簡単に作れて時短で作りたいときによいかもしれません。子どもが食べるうどんのつゆは、薄めにしましょう。

チャーハン

20代ママ
子どもの苦手な野菜は、こまかくみじん切りにしてチャーハンに入れると、よく食べます。

ごはんと食材を炒めて簡単に調理できるチャーハンを作るママがいました。子どもが苦手な食材は、こまかく刻んで入れると食べやすいかもしれません。チャーハンをおにぎりにして、お弁当に入れるのもよいでしょう。

オムライス

20代ママ
オムライスにケチャップで絵を描くと、子どもがよろこびました。ケチャップライスの中に野菜を入れるとよく食べてくれました。

オムライスを作るという声がありました。ケチャップライスの具は、野菜やお肉など栄養のバランスを考えて入れるとよいかもしれません。1歳の子どもに作るときは、ケチャップの量を調節して、薄味にするとよさそうです。

お好み焼き

20代ママ
野菜としらすやひき肉を入れたお好み焼きをよく作っています。

お好み焼きは、いろいろな食材を食べさせたいときにぴったりかもしれませんね。ソースの濃さが気になる場合は、量を少なくしたり、ソースなしでおいしく食べられるよう味つけを工夫しましょう。

また、卵の食べ進めは、子どもの成長や状況によって変わってくるかもしれません。卵なしで作れるレシピで調理するのもよいでしょう。

1歳の子どもにランチを食べさせるときのポイント

1歳の子どもにランチを食べさせるときのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか。ランチを食べさせるときに意識していたことをママたちに聞きました。

味つけが薄味のもの

30代ママ
味が濃くなりすぎないように気をつけていました。とにかく麺類が好きだったので、めんつゆを薄めたりシンプルな味つけで食べさせていました。
20代ママ
自炊するときは、大人用に味つけする前に子どものごはんを取り分け、薄めに味つけしていました。

薄味のものを食べさせるよう意識しているという声がありました。子どもの体のことを考えて、やさしい味つけにしましょう。

大人と子どもが同じメニューを食べる場合は、大人用と子ども用に取り分けて味つけするとよいかもしれません。

子どもが好きなメニュー

20代ママ
子どもの好みがだんだんわかってきたので、朝昼晩と子どもが好きなメニューを作ります。
30代ママ
しっかり量を食べられるよう、好きなおかずを多めにするように意識しています。
20代ママ
ワンプレートにして、必ず一品は子どもの好きなおかずを入れています。
20代ママ
子どもがハンバーグが好きなので、外食時はハンバーグが食べられるお子様ランチを選んでいます。

子どもの好きなものを作るママがいました。1歳の子どもは、好き嫌いすることもあるでしょう。子どもの好きなものをランチメニューに取り入れれば、たくさん食べてくれるかもしれませんね。

スプーンやフォークが使いやすい食事

20代ママ
フォークで刺しやすいような大きさと固さを意識して調理しています。
30代ママ
手づかみ食べをしなかったので、スプーンやフォークで食べやすいようにくずれにくい固さに調理していました。
30代ママ
手づかみで食べたり、スプーンやフォークを使いたがったりその時の気分があるようだったので、どちらでも食べやすそうなものを作っていました。

1歳の子どもは、スプーンやフォークを練習する時期かもしれません。食べ物の固さや形によっては、刺したり、すくったりするのが難しい場合もあるでしょう。

スプーンやフォークで食べやすいようにくずれにくく、適度な大きさにするなどさまざまな工夫があるようです。

子どもの好みに合わせて食べやすいメニューを選ぼう

ごはん
iStock.com/monzenmachi

1歳の子どものランチは、子どもの体のことを考えた薄味や野菜を取り入れたメニューを食べさせたいというママたちの声がありました。

栄養のバランスや子どもの好みを考えて、ランチレシピを工夫するとよいでしょう。子どもが食べやすいメニューを選び、ランチタイムを楽しくすごせたらよいですね。

2020年04月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧