フォローアップミルクを使った離乳食レシピ。冷凍保存できるメニュー

フォローアップミルクを使った離乳食レシピ。冷凍保存できるメニュー

フォローアップミルクを料理に使うポイント

フォローアップミルクを使って作る離乳食について気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、フォローアップミルクを活用した離乳食レシピや、冷凍保存できるメニュー、フォローアップミルクを料理に使うときのポイントなどについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

フォローアップミルクを離乳食に混ぜるとき

離乳期に入った子どもの栄養サポートに、フォローアップミルクを飲ませているママもいるのではないでしょうか。フォローアップミルクから牛乳に移行し始めたり、液体としてはフォローアップミルクを飲まなくなってきた場合などに、離乳食に活用したいと考えるママもいるかもしれません。

今回は、フォローアップミルクを使った離乳食レシピや、料理に使うときのポイントなどについてご紹介します。

フォローアップミルクを使った離乳食レシピ

フォローアップミルクを使った離乳食レシピについて、ママたちに作り方を聞いてみました。

ミルククリームパスタ

マカロニ
Igor Dutina/Shutterstock.com
30代ママ
溶かしたフォローアップミルク60mlにコンソメひとつまみを入れ、クリームスープを作ります。スープに短く折ってやわらかく茹でたパスタと、細かく切ったほうれん草を入れてひと煮立ちさせたら完成です。
フォローアップミルクとコンソメをあわせて、クリームパスタを作ったママがいました。茹で野菜や白身魚のほぐし身を入れて、食感も楽しめそうなレシピにアレンジすることもできそうです。

お麩のプディング

20代ママ
ボウルに卵1個、溶かしたフォローアップミルク100mlを入れよく混ぜあわせ、戻して水気を切ったお麩を卵液に浸します。小さめの耐熱皿に浸したお麩と卵液を流し込み、オーブントースターで15~20分程焼き粗熱が取れたら完成です。

途中でアルミ箔をかぶせると焦げにくくなります。
牛乳の代わりに、フォローアップミルクを使ったプディングを作ったママがいました。お麩はしっかり卵液に浸すと、ぷるぷるとした食感になるようです。

お好みで、いちごやバナナなどトッピングしてもよさそうですね。

鶏のハンバーグ

40代ママ
息子が生後11カ月の頃から託児所に預けるようになったので、お弁当には息子の大好きなハンバーグを作ってあげました。鶏ひき肉200gにみじん切りにした野菜、つなぎの代わりにフォローアップミルク大さじ2を入れ混ぜあわたら、成形してフランパンで焼いて完成です。
フォローアップミルクを、ハンバーグのつなぎとして利用したママがいました。手づかみサイズに成形すれば、自分で食べる練習にもなりそうですね。

フォローアップミルクを使った冷凍保存できるレシピ

フォローアップミルクを使った離乳食の冷凍保存レシピと活用法について、ママたちに聞いてみました。

ケークサレ

ケークサレ
margouillat photo/Shutterstock.com
30代ママ
ホットケーキミックス100gに、溶かしたフォローアップミルク100ml、角切りりんごや野菜などを入れて混ぜあわせます。生地をパウンドケーキ型に流し入れ、180度に予熱したオーブンで40分焼いて完成です。

冷めたら1食分ずつカットして、ラップで包み保存袋に入れて冷凍保存しています。
主食やおやつにもぴったりなおかずケーキのケークサレを作ったママがいました。食べるときは常温で1時間くらい自然解凍すると、食べやすい食感に戻るようです。

ホワイトシチュー

30代ママ
離乳食の作り置きに、フォローアップミルクを使ったホワイトシチューを作りました。みじん切りにした玉ねぎとにんじんを油で炒めたら、溶かしたフォローアップミルク200mlを注ぎ弱火で煮たら完成です。

冷めたら製氷容器に入れて、1週間以内には使い切るようにしています。グラタンやコロッケなどさまざまな離乳食レシピにアレンジできるので便利です。
冷凍保存できるホワイトシチューを作り置きしているママがいました。食パンをひたす、パスタにかける、ごはんを入れてリゾットにするなどのアレンジをしたママもいるようです。

おやき

30代ママ
茹でた野菜やしらすなどををみじん切りにし、フォローアップミルク大さじ2と片栗粉適量を混ぜて手づかみサイズに成形し、焦がさないように両面を焼いて完成です。具の違うおやきを2~3日分まとめて作り、ラップで個包装して冷凍保存しておくと便利です。
具だくさんのおやきにフォローアップミルクを入れ、栄養バランスを考慮したメニューを作ったママがいました。離乳食期にあわせて、具材の大きさや味つけを変えてみてもよいかもしれませんね。

フォローアップミルクを料理に使うときのポイント

フォローアップミルクを料理用に使うときは、どのようなことをポイントに作ればよいのでしょうか。ママたちに料理に使うときのポイントを聞いてみました。

よく溶かす

30代ママ
フォローアップミルクは、ダマにならないようお湯でよく溶かしてから料理に使うようにしています。蒸しパンなどの生地を作るときなどは、粗熱を取ってから混ぜるのがポイントです。
料理用としてフォローアップミルクを使うときは、お湯でよく溶かしてから使っているママがいるようです。焼き菓子などを作るときは、そのまま小麦粉と混ぜるなど、レシピにあわせて加え方を工夫すとよいかもしれませんね。

他の材料と混ぜて使う

30代ママ
ホワイトソースやシチューなどは、フォローアップミルクのみで作るのではなく牛乳や豆乳、チーズなど他の食材と混ぜて使うようにしています。他の食材とあわせることで、フォローアップミルクのみで作るよりも自然な味に仕上がるような気がしています。
他の食材と混ぜて使うことも、フォローアップミルクを料理に使うときのポイントのようです。離乳食期にあわせて、調味料などを加えたママもいるようです。

フォローアップミルクを使って離乳食を作ろう

離乳食
leungchopan/Shutterstock.com
フォローアップミルクを離乳食として使ったママたちは、クリームパスタやプディングなど牛乳の代用としてや、ハンバーグのつなぎとしてレシピに活用していました。フォローアップミルクで作った離乳食を冷凍保存する場合は、小分けにするなど保存の仕方を工夫するとよいかもしれません。

工夫したアレンジメニューで、残ったフォローアップミルクを活用できるとよいですね。

2020年03月21日

専門家のコメント
12
    かんな先生 保育士
    フォローアップミルクについて保育園でも質問されます。
    いつまで使うのか、必要なのか。
    余ったものをどうするかの話を保護者の方としたことがあります。

    一番先にあがったのがシチュー次にあがったのがパン、クッキー、プリンでした。
    すみっこ先生 保育士
    サンプルでもらったミルクを使うタイミングを逃してしまい、
    シチューに入れたことがあります。
    色々なアレンジができますね!✨
    無駄なく使えるので良いですね✨
    あーちん先生 保育士
    使いきれなかった粉のミルク缶の残りはシチューに入れて食べました!使えなくなってもアレンジレシピときて無駄なく食べていきたいですね!
    こと先生 保育士
    長女の時に卒乳の時にフォローアップミルクがあまってしまったままだったので、いろんなアレンジのレシピを試せばよかったと思いました😅💕
    わい先生 保育士
    フォローアップミルクは栄養が詰まってるし、表示には、年齢も記載されてますが、そこまで飲ませていいのか?悩みますね。飲ませてもいいと思います。でも、牛乳の方が美味しいと飲まなくなることが多いです。
    そのようなときは、料理に使ってきれいに消費してしまいたいですね。私もシチューがおすすめです。
    すー先生 保育士
    フォローアップミルクはシチューやほうれん草のミルク煮にしてあげていました。長男は2歳ぐらいまでは夜寝る前にミルクを飲んでいましたが、食べる量がだんだん増えてくるとミルクの量も減り、自分からミルクはいらないというようになってきました。私は本人がいらないというまでフォローアップミルクをあげても問題ないと思います。
    りお先生 保育士
    フォローアップミルクを使って、幼児用にシチューやグラタンは作りましたよ!
    牛乳代わりとして使っていました。
    大人には味が薄くてまずい、、となるかもですが、子どもにはフォローアップミルクの甘味もあって美味しいようでしたよ😁
    のの先生 保育士
    離乳食をきちんと食べれているのであれば、フォローアップは終了して良いと思います。残ったらシチューなど利用すると良いでしょう。
    こいまま先生 保育士
    うちは大きめの子だったのでフォローアップミルクは使いませんでした。
    ですが、知り合いはシチューに混ぜたり、ご飯に入れてミルクがゆを作ったりしていましたよ!
    ゆか先生 保育士
    うちは、二人とも食事がしっかりとれていたのでフォローアップミルクは飲ませませんでした。

    保育園では、ミルク粥にしたり、クリームシチューに混ぜたりして提供しています。
    ぽんた先生 保育士
    フォローアップ、おいしすぎてやめられなくなり、ミルク太りしたり、ご飯を食べなくなる子も結構いますので。。。
    あゆさ先生 保育士
    我が家は、離乳食を食べない時期、栄養が心配だったので、フォローアップミルクをシチューやグラタン、パンに浸すなどして食べさせていました。

    食べない時期は短い時期でしたが、子どもが食べやすいものにアレンジして、おいしく食べてくれるといいですね。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧