1歳児の手づかみ食べ。メニューや工夫していること

1歳児の手づかみ食べ。メニューや工夫していること

手づかみしないときはどのようにする?

子どもが1歳頃になると、手づかみ食べで遊ぶ子や手づかみできない子に悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、野菜やうどん、市販の冷凍食品などで簡単に作れる手づかみのおかずレシピや、手づかみ食べを嫌がるときの工夫、手づかみしない場合に、手づかみ食べをさせないといけないのかなどをご紹介します。

1歳児の手づかみ食べの悩み

離乳食後期や完了期の1歳頃になると、子どもの手づかみ食べで悩むママもいるのではないでしょうか。1歳児の手づかみ食べでどのようなことが気になるのか、ママたちに聞いてみました。

20代ママ
手づかみ食べは今だけなのはわかっているけど、汚したりこぼしたり食事のたびに散らかるので心が折れそうになります。手づかみ食べの時期を、どのように乗り切ればよいのか知りたいです。
30代ママ
周りの子は手づかみ食べをしているのに、娘は手づかみしないので不安になります。子どもが手づかみ食べを嫌がる場合でも、手づかみ食べをさせないといけないのでしょうか。
1歳の手づかみ食べでは、食事の時間を負担に感じているというママや、子どもが手づかみしないことに不安を感じるママもいるようです。他にも、簡単で作りやすい手づかみ食べのメニューが知りたいというママの声もありました。

今回は、1歳の手づかみ食べのメニューや手づかみ食べの時期にしていた工夫、手づかみしないときに意識したことなどを、ママたちの体験談を交えながらご紹介します。

1歳児の手づかみ食べのメニュー例

料理をしているところ
Monkey Business Images/Shutterstock.com

簡単に作れて冷凍保存もできる、手づかみ食べの時期の主食やおかずのレシピをご紹介します。

野菜たっぷりうどんお好み焼き

  1. ボールにすりおろした長芋と、卵、チーズ、鰹節、青のり、みじん切りにしたうどんと野菜を入れて混ぜあわせる。
  2. フライパンで蓋をして両面をじっくり焼いたら、一口大にカットしてできあがり。
材料を混ぜて焼くだけのお好み焼きは、簡単に作れる上に栄養バランスもよく、主食やおかずになる食材が1品にバランスよく入っているのも嬉しいですね。冷凍保存すれば食べたいときに温めて出せるので、重宝しているというママの声もありました。

お豆腐ハンバーグ

  1. ボールに豆腐と鰹節、片栗粉としょうゆ、青のりを加えて混ぜあわせる。
  2. フライパンに生地を一口大ずつ落として、弱火で両面をじっくり焼いて火が通ればできあがり。
豆腐が入ったハンバーグはなめらかでふわふわな食感で、子どもも喜んで手づかみ食べをしていたというママの声がありました。ひき肉や卵が入っていないシンプルなお豆腐ハンバーグは、体重が少し気になっているママやパパにもお気に入りのメニューになっているというママもいました。

バナナ豆乳パンケーキ

  1. ボールに市販のホットケーキミックスと、角切りにしたバナナと豆乳、ヨーグルトを入れて混ぜあわせる。
  2. フライパンに生地を一口大に流し入れる。
  3. 両面を焼いたら完成。
ほんのり甘くふんわりとした食感のパンケーキは、大人でも思わず手づかみ食べをしてしまいそうですね。バナナの代わりに野菜を入れたり、豆乳の代わりに牛乳や野菜ジュースを入れたりして、さまざまなアレンジを楽しんでいるというママもいました。

手づかみ食べの時期にしていた工夫

1歳児の手づかみ食べは、お世話をするママの負担を少しでも軽くできるとよいですね。汚れてしまうなど手づかみ食べのストレスを軽減する工夫について、ママたちに聞いてみました。

食べる環境に変化をつける

40代ママ
いつも部屋のなかで、子どもと二人きりの食事では息がつまるので、たびたび子どもと公園に出掛けてランチをしています。屋外でのピクニックは食べこぼしも気にならず、子どももリラックスした様子で手づかみ食べを楽しんでいるようです。
青空の下で自然を感じながらの食事は、子どもものびのびと手づかみ食べを楽しめるかもしれませんね。お弁当を持参できる育児支援センターに出かけ、お友だちとおしゃべりを楽しみながら食事をすると、息抜きになったというママの声もありました。

散らかさない工夫をする

30代ママ
手づかみ食べをしても、ぐちゃぐちゃになって汚れないメニューを出すようにしています。一口サイズのおにぎりやジャムサンド、さつまいもスティックはおやつにもよいですし、鶏ひき肉や豆腐で作ったチキンナゲットは、テーブル周りも汚れづらいので重宝しますよ。
1歳児の手づかみ食べでは、なるべく散らかりづらい食べ物を選ぶとママの負担も減らせるかもしれません。茹でた野菜やくだものを一口大に切ったものなら、汚れにくいだけでなく手軽に用意できるので、簡単に準備ができてよかったというママの声もありました。

手づかみしないとき意識したこと

戸外で遊ぶ子ども
Syda Productions/Shutterstock.com

1歳児が手づかみ用の食べもので遊ぶときや嫌がるときなど、手づかみしない場合、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

お腹を空かせる工夫をする

20代ママ
1歳になってから手づかみ食べ用のご飯で遊ぶようになり、母に相談しました。お腹が空いていないのではと言われ、食事とそうでない時間のメリハリをつけ、おやつを控えて飲み物は水やお茶を出すようにしたところ、遊ぶことなくしっかり食べることが増えました。
食事の時間とそうでない時間のメリハリをつけて、ダラダラと食べないようにすることも大切かもしれません。散歩など適度な運動をして、お腹を空かせるようにしていたというママの声もありました。

子どものペースで

40代ママ
1歳の息子は手づかみ食べを嫌がるので、お手本を見せたらよいかもしれないと思い、ママもパパもいっしょに手づかみで食べてみました。おいしそうと思ったようで、大人の真似をして手づかみするようになりましたよ。
1歳児が食事を手づかみしないときには、無理強いはせずに子どもが手づかみしたくなるような環境を整えることも大切なようです。手づかみ食べをさせないととむきにならず、子どもの個性やペースを見守って、おおらかな気持ちで食事を楽しめるとよいかもしれませんね。

1歳の手づかみ食べの時期を工夫してすごそう

手づかみ食べ
leungchopan/Shutterstock.com

1歳児の手づかみ食べは汚す、遊ぶ、嫌がるなど、毎日の食事のお世話を大変に感じたり、手づかみしないことを不安に感じたりすることもあるようです。手づかみ食べのメニューでは茹でた野菜のスティックやうどん、市販の食品やおかずを冷凍で作り置きするなどして食事の支度を楽にすると共に、散らかしにくい食べものを出し、ママの負担を軽くしているという声もありました。

手づかみしないときは、手づかみさせないといけないなどとあまり構えすぎずに、子どものペースを見守ることも大切かもしれません。ママやパパと子どもが手づかみ食べの時期を楽しくすごせるよう、さまざまに工夫できるとよいですね。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2020年02月05日

専門家のコメント
16
    りお先生 保育士
    野菜を茹でて、型抜きするだけで可愛いおかずができますよ♬
    例えば、にんじんやじゃがいも、さつまいもを柔らかく茹でて、星やハートなどの型にくり抜いて食卓に出してみるとか😁
    子どもは気になって、とりあえず手に取ってみるんじゃないでしょうか✨

    簡単なものからやってみてくださいねー!
    いきなり手をかけると長続きしません💦
    すみっこ先生 保育士
    娘二人は手掴み食べに抵抗はなく食べてくれていました。
    次女はめちゃくちゃ汚して食べていましたが、遊び食べではなくて、「食べたいが溢れている」。そんな感じでしたので止めることはしませんでした。

    姪っこは受け身!という感じで、自分から手を出すことはしていなくて、手掴み食べもあまり気が進まないような感じでした。
    汚さずにキレイにしていたいタイプ?なのかも。
    手に持たせてあげると仕方がなくそっと持っていましたが…💡

    今1歳8ヶ月ですが、手掴み食べに少しずつ慣れてきたようです。
    スプーンに乗せてあげたり、フォークに差したものを上手に食べています✨
    いちぽ先生 保育士
    手が汚れるのが嫌な子や、食べさせてもらいたくて手掴みしない子いますよね。
    可愛い形に型抜きしたり、好きな食べ物だったりすると興味をひいて手掴み食べしてくれると思います。
    かか先生 保育士
    自分で手掴みで食べるようになったら、野菜をスティック状にしたものを煮物にしたりして出してました。
    噛み切る事も覚えるし、自分で持って食べれるし、一石二鳥でした。笑
    なごみ先生 保育士
    園で手づかみ食べを嫌がる子がいました。そんな時は手づかみ食べが上手なお友だちを近くに座らせてみます。すると意外と真似して手づかみ食べをしてくれたりします。息子も嫌がっていたので私が手づかみ食べをして見せて食べさせるのもあえて手で食べさせていました^ ^
    おはぎ先生 保育士
    我が家も手づかみ食べをどんどんしてくれるタイプだったので、一口サイズのお焼きを作っていました。しかし、一口サイズだとどんどん口に入れてしまってリス状態に‥😨野菜スティックやスティックパンなど長さがあるものを、口が空っぽになってから一つずつ渡すようにしました
    こと先生 保育士
    我が子も手づかみ食べが好きで手伝おうとすると嫌がってました。
    麺類だとよく食べるのですが、ミートソースやナポリタンだと周りが大変なことになるので、たらこや和風のパスタを作ることが多かったです✨
    ゆう先生 保育士
    個人差はありますが、食への意欲や、成長にも繋がる大切な時期ですよね!何といっても手づかみにぴったりなのは、ゆでた野菜や果物、パンなどを「小さく切るだけ」のメニューです。調理も最小限で済み、気軽に用意できるところが嬉しいポイントです。
    みー先生 保育士
    娘は手が汚れる、ベタベタしたのが嫌!という感じだったのでパンから始めました!卵ボーロはつまんて食べていたので、かぼちゃを茹でてつぶして片栗粉を混ぜて焼く(北海道の郷土料理です)物を試したところパクパク食べてくれました😊
    そのうち細長く作ると噛みちぎりの練習にもなりよかったです!
    のの先生 保育士
    最初の頃は一口サイズにしてあげて、手で掴んで口まで運ぶことをメインで考えてあげるといいでしょう。それが上手になってきたら一口サイズではなく、普通に盛り付けてあげると良いでしょう。
    せおみ先生 保育士
    手づかみをするようになると、パンや野菜をつかみやすいサイズにカットして、トレイにおいて食べさせています。楽しそうにしますよね。ただ口のなかに詰め過ぎてしまわないように注意しています。
    あーちん先生 保育士
    保育園では手で食べやすいように、野菜はスティック形になっていました!おにぎりも一口サイズにしたり、おやきにしたり子どもが食べやすいようにしたいですね!

    好き嫌いもあると思いますが、自分で食べた!という喜びを感じて楽しく食べられるといいですね(^^)
    めるちゃん先生 保育士
    手づかみ食べをする意欲が出てきたら、一口サイズのおにぎりやハンバーグ、スティック状のお野菜などを作るようにしました。手づかみ食べをしてくれると、私も一緒に落ち着いて食べれるので助かります。
    のんの先生 保育士
    食べやすいような大きさや形にしてお皿に並べていました。
    それでもなかなか食べてくれない時は、人形持ってきて人形さんに食べさせよう!のながれから、〇〇ちゃんもアムっ!といって、食事を促すようにしていました。
    あー先生 保育士
    1歳児の手づかみはまだ初期なので手指の発達もまだまだですし、なるべく散らかりづらい食べ物を選ぶとママの負担も減らせます。工夫次第で片付けがうんと楽になりますよね。
    かな先生 保育士
    手づかみ食べ、毎回はできなくても、時間と気持ちに余裕がある時は是非させてあげたいですよね♡
    うちの場合は、見た目が大人と似ているとよく食べたので、できるだけ同じメニューで形を持ちやすい形にしてあげていました!
    オススメなのは、下に大きめの新聞紙やレジャーシートを敷くこと☆
    どんなに汚しても丸めてポイなので、汁物や飲み物、ヨーグルトやカレーなど、なんでも渡してました♪( ´▽`)
    そして、ご飯後は即シャワー(笑)
    ルーティンにしてしまうとそこまで面倒とは思わず、そのうちに段々と食べるのも上手になりシャワーなしでも大丈夫になっていきました!
    手づかみはさせたいけど片付けが嫌、、というママ、ぜひお試しあれ♡
おすすめユーザーのコメント
1
    SB
    おにぎりだと、手にご飯粒がくっつくので細めの海苔巻きをよく作ってました!

レシピの関連記事

カテゴリ一覧