保育園のお弁当について。お弁当箱選びのポイントや簡単なおかずなど

保育園のお弁当について。お弁当箱選びのポイントや簡単なおかずなど

1歳や2歳、3歳など年齢にあわせた工夫

保育園のお弁当箱選びに悩むことや、保育園のお弁当の日にどのようなおかずがよいかレシピに悩むママもいるのではないでしょうか。今回は、保育園のお弁当箱を選ぶときのポイントや1歳、2歳、3歳の年齢別でのお弁当作りについて、おにぎりの飾りや簡単なキャラ弁などママたちの体験談も交えてご紹介します。

保育園のお弁当に悩むとき

保育園で使うお弁当箱にどのようなものを選んだらよいか迷うママやパパもいるのではないでしょうか。保育園のお弁当作りでおかずに何がよいか悩む方もいるかもしれません。

今回は、保育園のお弁当箱を選ぶときのポイントと、ママやパパがお弁当に作ったものや工夫したことなどについてご紹介します。

保育園のお弁当箱を選ぶときのポイント

保育園で使うお弁当箱を選ぶときのポイントについてご紹介します。

サイズ

お弁当箱の写真
Evgeny Karandaev/Shutterstock.com
20代ママ
おかずなどを詰めたときにすき間ができにくいよう、子どもの食べる量にあったサイズのお弁当箱を選びました。保育園では食事の時間も決まっているようなので、時間内に食べきれる量のことも考えながら選ぶこともポイントだと思います。
保育園のお弁当箱を選ぶとき、子どもの食べる量にあったサイズを意識したというママの声がありました。保育園で決められた時間内にお弁当を食べきれることで、子どもも達成感を味わえそうですね。

使いやすさ

30代パパ
子どもが自分でふたを開けられるかどうかを事前に確認しました。保育園の生活ではできるだけ自分のことは自分でやれるよう、お弁当箱を選ぶときも子どもの使いやすさに配慮しました。
子どもの使いやすさを考えながら保育園のお弁当箱を選んだというパパの声もありました。食べるときにお弁当箱を片手で持てるかなど、子どもといっしょに選びながら確認したママもいるようです。

【年齢別】保育園のお弁当に作ったもの

保育園のお弁当でどのようなものを作ったのか、1歳、2歳、3歳の年齢別にご紹介します。

1歳

20代ママ
おにぎり3つと卵焼き、ミートボールなどを詰めました。おにぎりやおかずは小さめのサイズに作ったので、1歳の子どもにも食べやすかったと思います。
1歳の保育園のお弁当作りでは、子どもにあわせてひとくちサイズにしてあげると、口に入れるときもこぼしにくいかもしれません。手で取れる食べやすさを考えておにぎりを細長くスティック状にして作ったママもいるようです。

1歳頃は手づかみで食べたがる場面もあるようなので、スプーンと手づかみのどちらでも食べやすいように、サイズや形、詰め方などを工夫できるとよいかもしれませんね。

2歳

サンドウィッチの写真
Natalia Klenova/Shutterstock.com
30代ママ
2歳の娘はパンが好きなので、保育園のお弁当の日にロールサンドウィッチを詰めたお弁当を用意しました。おかずにアルミカップで作ったミニグラタンや、星型に抜いたニンジンのバター焼きを詰めたので見た目もかわいらしく仕上がったと思います。
保育園のお弁当に、子どもの好みにあわせてロールサンドウィッチのお弁当を作ったというママの声もありました。好きなものを入れることで子どもも楽しくお弁当が食べられそうですね。

子どもの好きなハンバーグに野菜を混ぜ込むなど、好みにあわせながらも栄養のバランスがとれるようレシピを工夫したパパもいるようです。野菜が足りないと感じたときに果物を持たせたというママの声もありました。

3歳

30代パパ
俵型に作ったおにぎりを使って簡単なキャラ弁を作りました。海苔とチーズ、ゴマなどを使って子どもの好きなキャラクター風のおにぎりを作ったところ、息子はとても喜び保育園でも自慢していたようです。
3歳の子どもに、おにぎりを使ってキャラ弁を作ったパパもいるようです。他にも、ねこやパンダなどの動物などに見えるおにぎりを作ったというママの声も聞かれました。

おにぎりの形を変えることでさまざまなキャラ弁にアレンジできそうですね。

保育園のお弁当作りで工夫したこと

保育園のお弁当作りで工夫したことについてママやパパに聞いてみました。

主食やおかずを考えるとき

おにぎりの写真
wizdata/Shutterstock.com
30代ママ
お弁当箱が小さめでおかずをたくさん詰められないので、主食にシラスや炒り卵、そぼろなどを混ぜて、栄養のバランスが取れるように意識しています。大根の葉っぱを細かく刻んで、甘辛く味つけした手作りふりかけで混ぜごはんを作ったら息子に好評でした。
保育園のお弁当作りで、お弁当箱のスペースも考えながら栄養バランスがよくなるよう工夫したママの声がありました。他にも梅雨の時期や夏場などは傷みにくさを考えて、梅干しやお酢などを使った主食やおかずを考えたママもいるようです。

お弁当を作るとき

30代パパ
ツナなどの缶詰や下処理済みの冷凍野菜などをよく使います。ツナの缶詰と冷凍のほうれん草を使った和え物や、サバ缶を使ったオムレツなどは手間がかからず時短になりました。
朝の忙しい時間でも用意しやすいよう、簡単にお弁当を作る方法を意識することも大切かもしれません。お弁当作りの時短アイデアとして、缶詰や冷凍野菜などを活用しているというパパの声もありました。

他にも、ハムやチーズは子どもが好きで簡単なおかずにアレンジしやすいので、お弁当によく使うというママの声も聞かれました。

お弁当箱に詰めるとき

20代ママ
お弁当にごはんやおかずを詰めるときは、しばらくふたをせずに冷ましておきます。息子がお弁当の入ったリュックを背負ったまま飛び跳ねている場面を見てからは、お弁当のすき間をブロッコリーやかぼちゃの煮物で埋めて、お弁当が傾いても中身が動かないようにしました。
お弁当箱のなかに湿気がこもらないよう、中身を冷ましてからふたをしたというママの声が聞かれました。他にも詰め方の工夫として、汁気のあるおかずはシリコン製のカップなどに入れて、味移りを防ぐようにしたというママの声も聞かれました。

保育園のお弁当作りでは、食べるときまでおいしい状態が保てるように考えながら詰め方も工夫できるとよいかもしれません。

手作りのお弁当で子どもに喜んでもらおう

お弁当の写真
bonchan/Shutterstock.com


保育園のお弁当箱は、1歳や2歳、3歳など子どもの年齢に応じた食べる量にあわせて選んでもよいかもしれません。お弁当作りでは簡単におかずを作る方法や、栄養バランスがよくなるようにレシピを工夫したママやパパもいるようです。

保育園のお弁当の日におにぎりを使ってキャラ弁を作ったというパパの声もありました。詰め方も意識しながら手作りのお弁当を用意して、子どもに喜んでもらえるとよいですね。

2019年12月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ