豚肉とじゃがいもを使った離乳食後期・完了期のレシピ。調理のポイント

豚肉とじゃがいもを使った離乳食後期・完了期のレシピ。調理のポイント

肉じゃがやコロッケなどのメニュー

主菜に取り入れやすい豚肉と、食物繊維が豊富と言われているじゃがいもを使った離乳食には、どのようなレシピがあるのでしょうか。豚肉やじゃがいもを取り入れるときのポイントや、離乳食後期・完了期に食べられる豚肉とじゃがいもを使ったアレンジレシピをご紹介します。

豚肉とじゃがいもを使った離乳食を用意しよう

タンパク質が豊富と言われている豚肉と、炭水化物を多く含むじゃがいもを使っておいしい離乳食を作りたいママやパパもいるのではないでしょうか。

豚肉は、鶏肉や牛肉に慣れてから離乳食後期以降に取り入れるとよいようです。豚肉は加熱をするとぱさつきやすいため、汁物に加えたり、水溶き片栗粉を加えると食べやすくなるでしょう。

じゃがいもは離乳食初期から取り入れることができます。米やパンのように主食メニューとして食べることができるようです。今回は、豚肉とじゃがいもを使った離乳食レシピをご紹介します。

離乳食に豚肉とじゃがいもを取り入れるときのポイント

離乳食に豚肉とじゃがいもを取り入れるときに気をつけるポイントをご紹介します。

じゃがいもの芽と皮を取り除いてあく抜きする

じゃがいもの皮むき
iStock.com/ArtisticCaptures
じゃがいもの芽と、変色した皮は必ず取り除きましょう。芽は包丁の刃元でくりぬき、変色した皮は厚めに剥きましょう。

皮を剥いたじゃがいもは、調理する前にあく抜きしましょう。ボウルに水を入れて、切ったじゃがいもを水にさらし、そのまま10分ほど置くとあく抜きできるようです。

豚肉のあく抜きをする

豚肉は、調理する前に下茹でしてあく抜きするとよいようです。豚ひき肉は茶こしやざるに入れ、熱湯をかけて脂を洗い流す方法もあります。

豚薄切り肉を茹でるときは、1枚ずつ広げて熱湯のなかに入れ、さっと火を通してざるに上げましょう。

豚肉を食べやすい大きさに調理する

豚ひき肉を使う場合は、細かく刻んだり、小さく丸めて肉団子にするとよいようです。豚薄切り肉を細切りにして肉団子を作っているママもいました。

豚薄切り肉は、繊維を断つように切ると赤ちゃんも噛みやすくなるでしょう。

豚肉とじゃがいもを使った離乳食のアレンジレシピ

コロッケ
iStock.com/Koarakko
豚肉とじゃがいもを使った離乳食レシピをご紹介します。

【離乳食後期】豚肉とじゃがいものお粥

1. じゃがいも15gの皮を剥いて、5mm角に切る
2. ピーマン15gを5mm角に切る
3. 豚ひき肉15gを茹でて、粗くすりつぶす
4. 鍋に1と2、具材が浸るほどの水を入れて、水気が少なくなるまで煮る
5. 4に3を加えて、火を通す
6. 5倍粥90gと5を混ぜ合わせる

お粥の他に、短く切ってやわらかく茹でたうどんを組み合わせてもおいしく食べられます。

豚肉と野菜を煮たものを多めに作って冷凍保存し、食べるときに加熱してお粥と混ぜ合わせると簡単に離乳食を用意できそうですね。

【離乳食後期】肉じゃが

1. じゃがいも20gの皮を剥いて、8mm角に切る
2. 皮を剥いたにんじん10gと玉ねぎ10gを、5mm角に切る
3. 茹でた豚ひき肉15gを粗く刻む
4. フライパンに油少々を熱して、1、2、3を炒める
5. 4にだし汁1/4カップを加えて、具材がやわらかくなるまで煮る
6. 5に水溶き片栗粉少々を加えて、とろみをつける

彩りとして、茹でて細く切ったいんげんを加えてもよいでしょう。肉じゃがを取り分けて味つけし、大人もいっしょに食事を楽しむのもよいですね。

【離乳食完了期】豚肉入り芋もち

1. 豚薄切り肉15gを細かく刻み、耐熱容器に入れてラップをかけ、電子レンジで1分ほど加熱する
2. じゃがいも150gの皮を剥いてすりおろす
3. フライパンに油を熱して、2をスプーンで落とし入れ、上に1をのせる
4. 3の両面をこんがりと焼く

すりおろしたじゃがいもと豚肉を合わせるだけでおいしい芋もちを作ることができます。もちもちとした芋もちは、赤ちゃんも食べやすいかもしれません。

【離乳食完了期】ヘルシーコロッケ

1. 玉ねぎ5gをみじん切りにして、茹でる
2. じゃがいも40gの皮を剥いて、茹でたあとにすりつぶす
3. ボウルに、1と2、茹でた豚ひき肉小さじ2を入れて混ぜ合わせて形成する
4. 3に小麦粉、溶き卵、パン粉を順番につけて、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼く

揚げずに作るヘルシーなコロッケは子どももおいしく食べられるでしょう。赤ちゃんが手づかみ食べしやすい大きさに成形しましょう。

【離乳食完了期】豚肉と野菜のあんかけ丼

1. じゃがいも15gとにんじん5gの皮を剥き、みじん切りにする
2. 鍋に1と、具材が浸るほどのだし汁を入れて、やわらかくなるまで煮る
3. 2に豚ひき肉10gを入れて、火が通ったら水溶き片栗粉少々を加える
4. 器に軟飯90gを盛りつけて、上に3をかける

離乳食の進みに合わせてご飯のやわらかさを調節します。ご飯の他に、うどんやそうめんの上にあんをかけてもよいでしょう。

離乳食に豚肉とじゃがいもを取り入れてさまざまな味を楽しもう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
polkadot - stock.adobe.com
離乳食に豚肉を取り入れる際には、脂身の少ない赤身を選び、あく抜きしてから調理しましょう。

豚薄切り肉は、繊維を断つように切るとよいようです。赤ちゃんが食べやすい大きさや食感になるよう工夫しましょう。

じゃがいもは、炭水化物が多く含まれているため主食としてもおいしく食べられます。

豚肉とじゃがいもを使った離乳食を用意して、赤ちゃんがいろいろな味を楽しめるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2019年10月31日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年10月08日

専門家のコメント
2
    いちぽ先生 保育士
    肉じゃがは定番ですね、あとはコロッケも作れますよね。
    離乳食作りに悩むと一周まわって定番料
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧