時短で夕飯を作るコツ。時短の夕飯レシピや時短調理の工夫

時短で夕飯を作るコツ。時短の夕飯レシピや時短調理の工夫

時短の夕飯レシピと時短調理の工夫

時短で夕飯を作るコツを知りたいママやパパがいるかもしれません。簡単に作れる夕飯レシピや時短で作る工夫を知りたい場合もあるでしょう。今回は、夕飯作りの悩みや時短で作れる夕食レシピ、調理の工夫をママたちの体験談を交えてご紹介します。

夕飯作りの悩み

ママたちに、どのような夕飯作りの悩みがあるか聞きました。

30代ママ
平日はゆっくり夕飯を作る時間がとれません。
30代ママ
夕飯のレパートリーが少ないのが悩みです。
20代ママ
最低限の品数や簡単なメニューが続くと栄養が偏らないか心配です。

夕飯作りに時間をかけられなかったり、夕飯のレパートリーや品数が少なかったりとママたちはさまざまな悩みがあるようです。

時短で夕飯を作る工夫

夕飯作りの時間を時短で作る工夫についてご紹介します。

食材をカットしておく

カットした食材
iStock.com/Candice Bell

あらかじめ食材をカットしておくことや、カット済みの食材を使うと時短に繋がるでしょう。食材を洗ったり、まな板や包丁を用意したりする時間を省けるだけでなく、洗いものが少なくなるかもしれません。時間があるときに食材を切って保存しておくとすぐに使えて便利そうですね。

カットしておいた食材を使うことで、調理前の下準備が効率よく進むでしょう。スーパーなどで手に入れやすいカット済み食材は、食材をカットしておく時間が作れないときに役立つかもしれません。

下味をつけておく

食材に下味をつけておくと味がしみ込み、短い調理時間でもしっかり味がついておいしく調理できるでしょう。また、調理中に調味料を計量する手間や洗いものを少なくできるかもしれません。

電子レンジで調理する

電子レンジを使って食材の下処理や加熱をすると、鍋やフライパンなどの調理器具で加熱するより、時短で調理できるでしょう。

電子レンジで調理している間に他の工程を効率的に進められるので、夕食を時短で作れるかもしれません。

献立を考えておく

あらかじめ献立を考えておくと、夕飯作りの際にメニューに悩んで手が止まることなく調理を進められるようです。メニューが決まっていれば、下準備や調理の順序などを効率よく進められるかもしれません。

メインとなる主菜などの一品だけでも決めておけば、調理を早く始められて時短に繋がるでしょう。

時短で作りたい夕飯レシピ

時短で作れる夕飯レシピが知りたいママやパパもいるでしょう。時短で作れる夕飯レシピをご紹介します。

ごはんが進むとん平焼き

とん平焼き
© photosomething - Fotolia
  1. キャベツを千切りして電子レンジで2分ほど加熱する。卵は2個分を割ってといておく
  2. 熱したフライパンで豚肉を炒め、塩やコショウで味を整える
  3. 電子レンジで加熱したキャベツとといた卵をフライパンに入れる
  4. 卵が固まってきたら、豚肉とキャベツを包み、お皿に盛りつける

フライパンひとつで作れるお手軽レシピです。お好み焼きソース、マヨネーズ、かつおぶしなどでお好みで味付けしましょう。カット済みのキャベツを使えばより時短に繋がり、まな板と包丁の洗いものを出さずに済むところがうれしいですね。

子どもがよろこぶ辛くない麻婆豆腐

  1. みじん切りにした玉ねぎを耐熱容器に入れて電子レンジで3分ほど加熱する
  2. 熱したフライパンに加熱した玉ねぎと豚ひき肉を入れて炒める
  3. 豚ひき肉の色が変わってきたら2㎝角に切った豆腐を入れる
  4. 味噌、砂糖、醤油各大さじ1、水200㏄をフライパンに入れる
  5. 調味料と食材を混ぜ合わせたら、水溶き片栗粉でとろみをつける

子どもが食べやすいよう豆板醤を入れない麻婆豆腐レシピです。玉ねぎの他に、にんじんや青ねぎなどの野菜を入れてもよいかもしれません。野菜は、電子レンジで加熱してから炒めると時短に繋がるでしょう。

レンジで簡単!ポテトサラダ

  1. じゃがいもの皮をむき、細かく切りラップをかけて電子レンジで8分ほど加熱する
  2. ハム、きゅうり、玉ねぎを切る。きゅうりは、塩をふる
  3. 加熱したじゃがいもが熱いうちにつぶす
  4. じゃがいもが熱いうちにハム、水気を絞ったきゅうり、玉ねぎを入れる
  5. マヨネーズ、塩、コショウで味付けする

子どもがよろこぶ副菜の定番のポテトサラダレシピです。じゃがいもは、電子レンジで加熱すると調理時間が短縮できるようです。マヨネーズ、塩、コショウの他に、レモン汁や砂糖など調味料をアレンジするのもおいしそうですね。

フライパンで作るキーマカレー

  1. 玉ねぎとにんじんをみじん切りにする
  2. 熱したフライパンに豚ひき肉を入れて炒める
  3. 豚ひき肉の色が変わってきたら、みじん切りした玉ねぎとにんじんを入れる
  4. 水200㏄、カレールー2個、ケチャップ、ウスターソースを入れ弱火で煮る

市販のルーを使った時短で作れる簡単なキーマカレーレシピです。フードプロセッサーがあれば、野菜のみじん切りの時間を短縮してさらに時短に繋がるでしょう。

工夫して時短で夕飯を作ろう

冷蔵庫を覗くママと男の子
iStock.com/monzenmachi

夕飯を作りたいとき、調理時間をかけられなかったり、レパートリーや品数が少なかったりとさまざまな悩みがあるママたちがいました。

時短で夕飯を作る工夫には、事前のさまざまな準備があるようです。夕食作りの時間がかけられないときは、カット済み食材やフードプロセッサーなどの調理器具を活用してみてはいかがでしょうか。

時短レシピで作って、毎日の夕飯作りが少しでも楽になったらうれしいですね。

2019年10月31日

専門家のコメント
3
    かか先生 保育士
    お肉は味付けして冷凍。 焼肉のたれ、めんつゆを時には駆使して同じ材料でも味を変え見た目を変えて作ってます。 その日作る料理の野菜を最初に全て切っておくと、後は炒める・煮る・茹でる・蒸すであっという間です。
    でぶいも先生 保育士
    余裕のある時に多めに作って、食器としても使える保存容器に保存。あと一品欲しいなぁ~という時に、レンジでチンしてそのまま出せるようにしています。
    わい先生 保育士
    共働きだから、帰ってきてご飯をつくるの大変です。これで子どもができたら…と考えてしまいます。今は、すぐご飯が作れるように勉強中です。 一週間のメニューを考え、食材をカットして冷凍してます。これだけで結構な時短になってます。
おすすめユーザーのコメント
3
    MK
    お休みの日に作りおきを5〜7品作るのですが、日持ちのするおかずを考えるのが大変です😢
    YSK
    常備菜を何品か週末に作ってメインは前日の夜に作って冷蔵庫か炒めソースを常備して帰ってからサクッと作るようにしています。 夏場は作り置きがあまりできないのでこれからの季節は助かります!
    MARU
    野菜はカットしておき、すぐに調理できるようにしています。 下味冷凍や作り置きをしようと心がけていますが、2〜3品作るのが大変です。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧