離乳食完了期に作るおいしいグラタン。野菜や麩を使った簡単レシピ

離乳食完了期に作るおいしいグラタン。野菜や麩を使った簡単レシピ

グラタンを取り分けして赤ちゃんといっしょに楽しもう

離乳食を用意するとき、どのようなレシピや献立にしたらよいか迷うママやパパもいるかもしれません。グラタンは取り分けをして大人もいっしょに食事を楽しめるようです。離乳食完了期に食べられる食材を取り入れた、簡単に作れるグラタンレシピをご紹介します。

離乳食完了期の進め方

離乳食完了期になると、離乳食を作ることや食べさせることに慣れてきたママもいるかもしれません。

離乳食を進めるなかで食べ物の好き嫌いが出てきたり、どのような献立にしたらよいのかなど、新たな悩みが出てくることもあるようです。

まずは基本的な離乳食完了期の進め方について、厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食完了期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後12カ月から18カ月ごろまでが離乳食完了期とされています。

食事リズムを意識しながら、1日3回食に進めていき、生活リズムを整えてきましょう。

離乳食完了期の調理形態は歯ぐきで噛める肉団子くらいの硬さとなります。

離乳食の量の目安

りんご
iStock.com/5second
離乳食完了期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀物:軟飯80g~ご飯80g
野菜・果物:40g~50g
魚:15g~20g
肉:15g~20g
豆腐:50g~55g
卵:全卵1/2個~2/3個
乳製品:100g

離乳食完了期になると食べられる食材の幅も広がるでしょう。目安の量を参考にしながら離乳食を用意できるとよいですね。
出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食完了期に作るグラタンのアレンジレシピ

グラタンに使うホワイトソースの作り方と、離乳食完了期に食べられる食材を使ったグラタンレシピをご紹介します。

グラタンに使うホワイトソース

1. 耐熱容器に小麦粉とバターを大さじ1ずつ入れて、ラップをかけて電子レンジで1分ほど加熱し、よく混ぜる
2. 鍋に1を入れて火にかけ、混ぜながら牛乳200mlを少しずつ加える

小麦粉を米粉に変えたり、牛乳を調乳した粉ミルクや豆乳に変えることもできるようです。

バターは塩分が含まれているものもあるため、離乳食に使う際には無塩タイプを選ぶとよいでしょう。

ホワイトソースは冷凍保存できるので、ストックしておくと簡単にグラタンを作れそうですね。

麩グラタン

お麩
iStock.com/5second
1. 麩3個を水に浸して戻し、水気を切って食べやすい大きさに切る
2. 耐熱容器にホワイトソース大さじ3と、1を入れて混ぜ、粉チーズをふりかけて
オーブントースターで焼く

麩を離乳食に使う際には、乾燥麩や焼き麩を選ぶとよいようです。小さいサイズの小町麩を使うと、赤ちゃんも食べやすいかもしれません。

ブロッコリーとじゃがいものグラタン

1. ブロッコリーをやわらかく茹で、食べやすい大きさに切る
2. じゃがいもを水にさらしてあく抜きをし、茹でて粗くすりつぶす
3. ボウルにホワイトソース大さじ3、ブロッコリー20gとじゃがいも10gを入れて混ぜる
4. 耐熱容器に3を入れて、粉チーズをふりかけてオーブントースターで焼く

離乳食完了期になると、ブロッコリーの茎部分も食べられるようになります。赤ちゃんが食べやすいようにやわらかく茹でましょう。

ほうれん草の米粉グラタン

1. ほうれん草を茹でて水にさらしてあくを抜き、1cm角に切る
2. 豆腐を茹でて水気を切り、1cm角に切る
3. 鍋に、米粉小さじ1、豆乳大さじ2と小さじ2を入れて、よく混ぜながら加熱する
4. とろみが出てきたら、3にほうれん草40gと豆腐20gを加えて混ぜる
5. 耐熱容器に4を入れて、粉チーズをふりかけてオーブントースターで焼く

牛乳と小麦粉の代わりに、豆乳と米粉を使っておいしいグラタンを作ることができます。使う食材をアレンジしながらグラタンを用意しましょう。

鮭とかぼちゃの取り分けグラタン

1. 鮭は茹でて骨と皮を取り除き、赤ちゃん用と大人用それぞれ食べやすい大きさにほぐす
2. かぼちゃは皮を剥き、種とワタを取り除いて、茹でる
3. 2のかぼちゃを取り分けて、赤ちゃん用は小さく切ってすりつぶし、大人用は皮を少し残して食べやすい大きさに切る
4. マカロニを茹でて、3cmほどの長さに切る
5. 赤ちゃん用の耐熱容器にかぼちゃ20g、鮭15g、マカロニ5gを重ねるように入れる
6. 5の赤ちゃん用の耐熱容器に、豆乳大さじ1と小さじ2を入れて混ぜ合わせ、パン粉小さじ1をふりかけて、粉チーズを乗せる
7. オーブントースターで焼く

赤ちゃん用と大人用に食材を取り分けて、切り方や量を変えながらグラタンを作りましょう。

大人用のグラタンは、赤ちゃん用の5と6の工程と同様に、取り分けた食材を耐熱容器に入れてオーブントースターで焼きましょう。

離乳食完了期はいろいろな食材を使ってグラタンメニューを楽しもう

離乳食を食べる赤ちゃん
© ucchie79 - Fotolia
離乳食完了期が始まり、食べられる食材が増えると献立に迷うこともあるかもしれません。

グラタンレシピはさまざまな食材を組み合わせて簡単に作ることができます。赤ちゃんがおいしく食べられるグラタンを用意しましょう。

食材を取り分けして、赤ちゃんといっしょにグラタンメニューを楽しめるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2019年9月19日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年08月12日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧