夏野菜を食べよう。レシピや子どもに食べてもらうためのコツ

夏野菜を食べよう。レシピや子どもに食べてもらうためのコツ

夏野菜を使った主食とおかずのレシピ

夏野菜を食べようと考えたとき、子どもが食べやすい料理や短時間でできるレシピが知りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、夏野菜を使った主食とおかずのレシピと、子どもに食べてもらうためのコツをご紹介します。

夏野菜を食べよう

夏になると、きゅうりやトマト、ナスなど彩り豊かでおいしそうな夏野菜が店頭に並び、食べる機会も多くなるのではないでしょうか。旬の夏野菜をたくさん食べたいと考えたとき、マンネリ化したレシピや、子どもの好き嫌いで食べてくれず悩むママもいるかもしれません。

今回は、短時間でできる夏野菜を使ったレシピや、子どもに食べてもらうために工夫していることなどをママたちに聞いてみました。

夏野菜を使った主食レシピ

ao nori/Shutterstock.com

夏休みの子どものために毎日お昼ごはんを作ったり、暑い日に長時間キッチンに立ったりと食事作りが大変と感じるママもいるかもしれません。短時間でできる、夏野菜の主食のレシピをご紹介します。

夏野菜カレー

40代ママ
適当な大きさに切ったベーコンと玉ねぎを鍋でしんなりするまで炒めます。

ピーマン、ナス、ズッキーニ、かぼちゃを適当な大きさに切って加え炒めたら、水を加えて5分ほど煮てから、一旦火を止めてカレールウを溶かし入れてひと煮立ちさせたら完成です。火が通りやすい野菜ばかりなので短時間でできます。

スパイスの効いたカレーに旬の夏野菜を入れるとおいしく食べられそうですね。ママのなかには、レトルトカレーに素揚げした夏野菜をトッピングして簡単に夏野菜カレーを作ったという声もありました。

夏野菜たっぷりピザ

30代ママ
市販のピザ生地にトマトソースを塗って、輪切りにしたナスやピーマン、トマトなどの夏野菜やきのこ、ベーコンとチーズを適量乗せます。

予熱したオーブンで焼いたらでき上がりです。子どもといっしょにトッピングするなど作る工程も楽しめるので、我が家の夏休みランチの定番です。

夏野菜を使ったピザを子どもといっしょに作るママもいるようです。ママのなかには、食パンにトッピングしてピザトーストを作ったという声もありました。

さっぱり夏野菜そうめん

40代ママ
砂糖とポン酢 ごま油を入れたボウルに、角切りにしたトマトときゅうりを入れてよく和えます。

茹でて冷やしたそうめんの上に和えた具を乗せたらでき上がりです。めんつゆで食べるそうめんとは違った味わいで、子どもたちも大好きなメニューです。

めんつゆで食べているだけだと飽きてしまいがちなそうめんは、夏野菜を加えたアレンジレシピにすると子どもの食欲を誘いそうですね。他にも、冷やしたナスの煮浸しでアレンジしたそうめんや、きゅうりと梅のそうめんなど、さまざまなアレンジレシピがあるようです。

夏野菜のおかずレシピ

funny face/Shutterstock.com

昼食や夕食で簡単に作れる夏野菜を使ったおかずレシピをご紹介します。

ネバネバサラダ

40代ママ
茹でて小口切りにしたオクラと、みじん切りにしたきゅうり、めかぶをめんつゆで味つけしてよく混ぜてでき上がりです。

そのまま食べるのはもちろんですが、ご飯の上にかけてもおいしく食べられます。

夏バテ気味のときなど食欲がないときも、ネバネバ食材を使ったサラダは、喉ごしがよく食べやすいかもしれませんね。ママのなかには、梅干しを加えたりポン酢を使って作ったりしてさっぱりと仕上げるという声もありました。

夏野菜とタコのマリネ

20代ママ
はちみつと酢、オリーブオイルを入れたボウルに、乱切りにしたきゅうりと茹でタコ、半分に切ったミニトマトを入れてよく混せてでき上がりです。

大人用には、粒マスタードを加えるとおいしさがアップします。

酢が効いたマリネはさっぱりしていて夏に食べやすいメニューかもしれませんね。ママのなかには、マリネ液がトマトにしっかり染み込むように、トマトの皮を湯剥きしてから作るという声もありました。

とうもろこしの冷製スープ

30代ママ
鍋で玉ねぎを炒め火が通ったらとうもろこしの実を加え、さらに炒めて水を加え煮ます。

火を止めて粗熱をとってからフードプロセッサーで滑らかに粉砕し、牛乳を加え塩こしょうで味を整えたら冷蔵庫で冷やして完成です。とうもろこしの甘みを活かしたおいしいスープです。

旬のとうもろこしを贅沢に使ったスープは、子どもが喜んで食べてくれるかもしれません。ママのなかからは、多めに作って牛乳を加える前の状態で冷凍保存しているという声も聞かれました。

子どもに夏野菜を食べてもらうためのコツ

夏野菜と子ども
Max Topchii/Shutterstock.com

子どもがなかなか夏野菜を食べてくれず悩むママもいるのではないでしょうか。ママたちに子どもに食べてもらうためのコツを聞いてみました。

好みの味つけにする

30代ママ
普段は、ナスを嫌がって食べないのですが、焼き肉のたれで調理した豚肉とナスの炒めものは食べてくれました。

ナスに味が染みていて子どもの好きな味になったようでした。

苦手な夏野菜も、子どもの好きな味つけにすることで食べやすくなるかもしれません。ママのなかには、ケチャップや甘酢など甘めの味つけをするようにしているという声もありました。

切り方を工夫する

20代ママ
子どもが苦手な野菜が多く困っていました。

野菜を星やハートなどの形にしたら、興味をもってくれるのではないかと考え、野菜を型抜きしたところ『ハートだ。かわいい!』と今まで避けていた野菜を口に運んでくれました。

子どもが興味をもつような野菜の切り方を工夫したママもいるようです。ママのなかには、野菜に目や口をつけて顔を作ったという声もありました。

いっしょに野菜を育てる

40代ママ
うちは家庭菜園をしているのですが、子どもにも苗を植えたり水を上げたりと手伝ってもらっています。

自分で収穫した野菜は、普段以上にたくさん食べてくれました。

いっしょに育てることが、野菜に興味をもつきっかけや、食べたいという気持ちに繋がることもあるかもしれません。ママのなかからは、「◯◯くんが育ててくれたからおいしいね」などと声をかけると野菜に手を伸ばしてくれるようになったという声も聞かれました。

夏野菜をおいしく食べよう

おいしい夏野菜
Wako Megumi/Shutterstock.com

夏野菜を使ったメニューには、カレーやそうめんなどの主食だけでなくサラダやスープなど、さまざまなレシピがあるようです。夏休みなど子どもが家にいるときは、短時間で調理したり、子どもといっしょに楽しみながら作ったりするとよいかもしれません。

野菜が苦手な子どもには、味つけや切り方などを工夫して、おいしく夏野菜が食べられるとよいですね。

2019年07月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧